ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2017年 1月 トップチーム

【山内智香子レポート】御前崎キャンプ第14日(1/30)

トップチーム

スタジアムDJの山内智香子さんによるキャンプリポート、第3回目です。

今回の山内さんの取材活動の模様や選手インタビューは、毎週金曜日AM11時30分から放送のYBC山形放送ラジオ「Cheer!!」でもご紹介頂く予定です。

リアルタイムに聞く事が出来ない方も、山形県外にお住みの方も、radiko.jpでタイムフリーやエリアフリーで聴取可能です。ぜひお聞き下さい。

 


 

みなさんこんにちは!
スタジアムDJの山内です。
昨日の御前崎の最高気温は13.7℃、午前中は雨模様、遠州のからっ風からの肌寒さはありましたが、午後は晴れ間もみられました。これまで様々なキャンプ地を巡ってきましたが環境の良さでは一番かも知れません。
もっと選手達の仕上がりを見ていたいところでしたが、雪国山形へ戻ってきました。

一昨日はオフでしたが、木山監督は念願の釣りにスタッフでいかれたとか、監督は釣りはせずまわりにレクチャーしていたそうですが、スタッフは小さい魚を釣って大喜びだったそうです。
リフレッシュ後、昨日の午前中は、フィジカル測定が行われました。これまで長い距離を走ったり、サーキットトレーニングを行ってきましたが、より複合したテストで今の現状はどのくらいかを知ります。
最初に行ったのは、30M×5本 決ったレスト(休息)があり、5本走ってのスピードの落ち方を見ます。

続いてはサッカー界では、よく取り入れられているYO―YOテスト。シグナル音に合わせて20mの往復走を繰り返す、持久力測定テストです。1往復ごとに休息を設けてより競技に近い持久力を測定します。「サッカーの中では、走る時間もあれば歩く時間もある、回復して早く走ればペースがあがる。回復時間の中でいかに次のスピードにもっていけるかのテスト」と石井孝典フィジカルコーチ。
その中で強い持久力を見せていたのは、FW瀬沼優司選手、DF高木利弥選手、DF山田拓巳選手、DF瀬川和樹選手でした。
キャプテンの本田拓也選手が「うちのチームは本当に走れる選手が多い。しかもみんな設定タイムもより早い」とチームの持久力の強さを話していました。ハードワークする為のベースをしっかり作ってほしいですね。
練習試合でもそうでしたがハートレーターを装着し、心拍数もチェックしています。トレーニングの進み具合が体力の部分でどのくらいあがっているのかなど、それぞれのデータも蓄積しながらキャンプが進められています。


午後には森谷敏雄社長が激励に駆けつけました。
2部練習は5対5。いい状態の時にアクションを起こし、背後に走る、取られた瞬間にプレスにいくことを意識付けながらトレーニングが進みます。切り替えも早く、ボールスピードもあがってきています。「週末の試合では90分出来るだろうというゲームを想定している。90分試合を出来るだけのフィットネスにしていきたい」と木山監督。

3部練習は夕方からプールでのトレーニング、残念ながら新幹線の時間で見ることは出来きませんでしたが、コーチを務めている元日本代表今井亮介さんにお話しを伺いました。今井さんは、べにばな国体に競泳で出場したことがあり、山形での思い出があるそうですよ。
「陸上で行う筋力トレーニングと水中で行うトレーニングでは、水の中でやっている方が、ポテンシャルがでやすいそうだ。また、競泳選手のターンなどをみてもわかるように決して壁をみてターンしている訳ではない。水中で空間認知をしている。水泳をやることで、空間認知能力が増す。サッカーにおいて、ボールと敵との認知に繋がる」と言う。その他にも、水中におけるトレーニングの効果というものは様々ある。アスリートであり、指導者である今井さんは、多くのことを選手達にもたらしてくれるだろう。
今井さんは「選手達は貪欲にいろんなことを聞いてくれる。多くのこと取り入れようとしている」と話し、選手達の意識の高さに関心していました」全力でサポートしてくれている今井さんの姿は本当に心強いです。

最後に山形の熱い男と松岡選手に名付けられた加賀健一選手「山形は、まじめな選手が多く、全力で取り組める姿勢がいいところ。結果に繋げられるよう全力で挑む」と話す。若手への話になると「若い時は、自分でも気付かなかったが、練習で1日1日100%で出しきることの大切さを感じている。若い時って手を抜いても自分の限界地を制限していた感じがある。今の限界域を拡げていってほしい。常に自分の限界を超えて、その自分に勝つことを日頃から若い選手にはやってほしい」と熱い思いが伝わります。
今季の選手達は、自分の思いを自分のことばで仲間に伝えている。色んな思いを共有し、より絆が深まるキャンプになることでしょう。
帰る前にもう1度立ち寄った高松神社。初日には気付かなかったが、神社の裏手に梅がきれいに咲き誇っていた。
開幕勝利へ後押しされている気がしました。


さて、まだまだお伝えしたことはあるのですがレポートもそろそろ終わりとなります。
YBCラジオ 「ラジぱん」今週木曜は木山監督の声を金曜「CHEER!!」では選手の声をお届けしますのでお楽しみに!!
ここまで、お付き合い頂きありがとうございました。

練習後の選手バスのひとこま


2017キャンプ・レポート

 

 

 

 

新しいニュース一覧古いニュース