ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2017年 10月 トップチーム

2017明治安田生命J2リーグ第37節 横浜FC戦 試合後選手コメント(スタジアムお仕事体験のこどもたちよるインタビューあり)

トップチーム

No.17 中村駿選手

(Q.ほぼ2ヶ月ぶりの勝利に関して率直に)

いい内容をしていても、なかなか勝ち切れない試合が続いていた中で、勝ち切るにはやっぱり最後にみんなで体を張ったりっていうのは今日は出来ていたと思うので、それが今日は実って、それで勝てたんじゃないかなと思います。本当に今日は嬉しく思います。

(Q.監督は今日は前に行くことを求められたそうですがそこは意識して?)

そうですね。いつ潰れてもいいぐらいで前半から飛ばしていこうと思っていたので、後半ちょっと運動量が落ちてしまったので、そこはもっと自分の中で高めて行かなきゃいけない場所かなっていうふうに感じました。

(Q.プレッシングも後ろに任せても自分が行くところはトレーニングしていましたか)

それは求めらた事だったので、それが上手くいって1点目が取れたので、それは良かったんじゃないかなというふうに思います。

(Q.得点への意識というのは有りましたか?)

今日は取りたいなというふうに思って、まあいつもですけど、まあ特に思って入ってました。

(Q.チームの1点目のところは?)

ショートカウンターだったので、とにかくシュートを打ちたいなと思ってたので、それがシュートを打ったらまあ良い感じでトヨくん(阪野選手)に当たって入ったので、まあ良かったと思います。

(Q.直接狙っていた?)

直接打ってそれが当たったので、良かったんじゃないかと思います。

(Q.2点目もいいカウンターからでした。来るかなという感覚はありましたか?)

そうですね、中に一人、トヨくんしか居なかったので、後ろに行けばチャンスになるんじゃないかなというふうに思ったので、まあそこで走った結果、あそこにこぼれて来たので良かったかなと思います。

(Q.ツイている?)

そうですねもう、キーパーがもう居ない状態に近かったので、ゴールに流し込むだけでした。

(Q.このシステムの手応えは?)

少ない時間の中で準備をしてきて、その中でもしっかりボールを自分たちで持ちながら攻めることも出来ましたし、守備から攻撃に移る速さも有ったので、本当に良かったんじゃないかなと思います。

(Q.これまではボールは持てても怖さがないという感じを受けていましたが、そうじゃないモンテディオも出せた?)

ペナルティエリア内にランニングして、そこにボールを引き出すと言う動きは今日は多かったと思うので、それが相手への怖さにつながったんじゃないかっていうふうに思います。

(Q.次に向けて)

 

全部勝つしか無いと思うので、ここから勢いに乗っていけたら良いかなと思います。

No.23 富居大樹選手

(Q.チームにとって久しぶりの勝利でした)

起用してもらった監督に、いつも毎試合たくさん来てくれているサポーター達に勝利という結果を残せたことは良かったと思うし、ほっとしています。

(Q.スタメンということで、どの様な思いで試合に臨みましたか?)

常に、いつ出てもいいように準備はしてきたつもりだったので、まあそこは、スタメンと言われて、特に気負いすぎないで、平常心で出来たらいいなと思ってたので、落ち着いてプレー出来たところはよかったと思いますし、次が本当に大事だと思うので、またしっかり準備していきたいと思います。

(Q.無失点という結果については)

後ろの人間なのでそこは一番目指しているところでもあるし、やっぱり、チームメイト達が体張って最後までボールに食らいついてくれていたっていうところもあるので、自分が止めたからというよりは、中の選手たちが体張ってくれてたのが大きかったかなと思います。

(Q.試合終盤、鋭いミドルシュートを止めるシーンもありました)

その部分もやっぱり ディフェンスの選手だったり、中盤の選手が体寄せて、コースを限定出来ているというのもあったので、そこは中の選手たちに感謝したいなと思います。

(Q.フィードについては?)

出せるところはやっぱり、今年はキーパーも足元求められていますし、今日、公式戦に出て、もっともっと自信持ってやらなければいけない部分でもありますし、そういうところに気付けたというのも、やっぱり出てみないと分からないこともあるので、そこもプラスになったかなと思います。

(Q.今日の試合で自分の中の手応えは?)

去年もそうだったのですが、リーグ戦出た時、キーパーは1試合目は大体出来ると思っているので、次が本当に大事かなと思っているので、また一週間良い準備したいと思います。

(Q.次に向けて)

一週間しっかり監督のサッカーをみんなで一緒に通して、後ろはまたゼロで終わって、結果を残せれば良いかなと思います。

(Q.後ろから見ていて今日のシステムは機能してた?)

(機能していた)と思いますし、みんながハードワークも出来ていたし、気持ちも凄くこもっていて、内面のところもすごい大きかったかなと思います。

 

No.14 本田拓也選手(スタジアムお仕事体験のこどもたちよるインタビュー)

小学2年生 大松 りみ さん

(Q.今日の勝因はなんですか?)


ゴールキーパー、ディフェンダーが0点に抑えたのが良かった。

小学3年生 ゆうき ようへい さん

(Q.試合に勝った今の気持ちを教えてください)


10試合ぶりの勝ちなので、勝利を忘れていた部分もあったので、とても嬉しい気持ちです。

小学2年生 工藤 悠生 さん

(Q.今日ぼくはモンテが勝って嬉しいです。ぼくはモンテが勝てるように応援をいっぱい頑張りました。本田選手は何を一番頑張りましたか? )


相手の40番の外国人の横浜の選手に触られないように頑張りました。

小学3年生 風間 唯 さん

(Q.今日勝ちましたけど、勝つためにどんな工夫をしましたか?)


山形というサッカーを全力でやって、今日の試合でも色々な場面がありましたけど、ゴールキーパーやディフェンダーみんなが一体になって戦いました。

小学3年生 石垣 香萌花 さん

(Q.今日の試合で一番印象に残っているシーンはどこですか?また、次節の抱負をお聞かせください。)


今日は久しぶりに点が取れたので得点のシーンです。一点目は、たまたま顔に当たって入ったけど、2点目はカウンターでチームとして点数を取りに行った。次節は今日は勝ったので、その波に乗って勝ちたい。

 

 

 

新しいニュース一覧古いニュース