ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2017年 5月 トップチーム

2017明治安田生命J2リーグ第12節 名古屋グランパス戦 試合後選手コメント

トップチーム

No.39 中山仁斗選手

(Q.今シーズン初先発でしたが?)

はじめて先発で使ってもらえると言うことで、取り敢えず結果を出してアピールしたいなと思ってましたけど、チャンスが何度か有ったのですが、ゴールできなくて悔しいです。

(Q.今日の試合を振り返って)

僕のところで今日は収めることが出来ていたので、僕にボールが入った時に前を向いて攻撃、勢いある攻撃が少し出来ていたかなと思うので、悪くは無かったかなと思いますけど、勝てなかったのは非常に悔しいです。

(Q.今後に向けて課題と意気込みを)

ここ最近点が取れていないので、次は金沢ですが、アウェイで、1週間有るので、また練習してチームとしても個人としてもレベルアップ出来るように努力していきます。

(Q.ゴールまであと一歩の様に見えましたが、点につながるあと一歩はどのへんだと思いますか?)

クロスもそうですし、中の入るタイミングも回していかないといけないなというところがあるのですが、そこは練習でもっと自分の欲しいタイミングをサイドの人と合わせていきたいと思います。

(Q.感覚は試合の中で分かりつつ有る?)

もうちょっとだったのですが、あと少しのところで後ろにそれたりとか、だったので、そこをもっと突き詰めて一週間やります。

No.8 風間宏希選手

(Q.今日は父親の風間八宏監督が率いるチームとの対戦でしたが?)

何回も聞かれていますけど、試合前は多少、やっぱり自分の成長した姿を見せたいとは思いましたし、本当に勝ちたいなと思ってましたけど、やっぱり試合になったら本当にそんなことは関係ないので、無我夢中でプレーできたかなと思います。

(Q.今日はチャンスが多かった印象が有りましたが?)

上手くカウンターがはまった時に、やっぱり最後の精度のところ、やっぱり通れば1点というチャンスが何回か有ったので、そこはチーム、個人個人が高めていかないと得点は生まれないと思うので、そこをもっと練習から突き詰めたいなと思います。

(Q.2戦連続スコアレスドローでしたが次節に向けて)

今日、モンテディオには結構勢いが出た試合だとは思うので、この勢いをすごく大事にして、次の試合からこのペースを落とさずにゴールにどんどん向かっていくサッカーを出来たら、得点は近いと思うので、それを練習からやって行きたいなと思います。

(Q.結果はドローでしたがやりたいサッカーが見えました。選手としての手応えは?)

相手があることなので、難しいですけど、今日はたくさん前にボールが入って追い越してという、山形、しっかり走って相手を圧倒すると言うところを出せたと思うので、そう言う部分をこれからもっと、意図的に増やしていきたいなと思います。

(Q.風間選手としてはどの様なプレーを意識して?)

僕は常にボールをたくさん触り続けて、パスを出してもう一回貰って攻撃のリズムを作っていきたいと思っているので、それプラス、ペナルティエリアの中に侵入していってゴールっていうところを、ボールが来なくても何回も何回も出来るようなスプリントと言うところを、もっとやりたいなと思います。

新しいニュース一覧古いニュース