ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2017年 8月 トップチーム

【フォトギャラリー】2017明治安田生命J2リーグ第29節vs.ジェフユナイテッド千葉

トップチーム

ジェフユナイテッド千葉をホームNDソフトスタジアム山形に迎え、夏休み期間中ラストとなるホームゲームが行われました。楽しい夏休みの思い出にしていただこうと、モンテ de トレジャーハンティングやスタジアムグルメグランプリなどの企画を準備して皆さんをお迎えしました。

 

 


この試合は、日頃様々な形でご支援を頂いている東北電力様による「東北電力 よりそうeねっとスペシャルマッチ」として開催されました。


この試合は山形市・中山町・高畠町の市町村応援デーとして開催されます。たくさんの方にご来場頂き特産品を活かしたブース展開やプレゼントのご提供を頂いた他、試合前には贈呈も頂戴します。山形市からは佐藤孝弘市長にご来場頂きリボンマグネット募金とデラウェアを

 

中山町からは佐藤俊晴町長にご来場頂きすももを贈呈頂きました。県内各市町の皆さま方には常日頃から大きなご支援を頂き、改めて御礼申しあげます。

 

本田拓也キャプテンを先頭に、エスコートキッズの子ども達とともに、選手たちが入場します。


エスコートキッズの子ども達と一緒に並ぶこの試合のスターティングイレブン。
GK 児玉剛選手
DF 山田拓巳選手、加賀健一選手、菅沼駿哉選手、高木利弥選手
MF 安西海斗選手、本田拓也選手、瀬沼優司選手、佐藤優平選手、汰木康也選手
FW 阪野豊史選手
サブ 富居大樹選手、栗山直樹選手、茂木力也選手、風間宏希選手、太田徹郎選手、鈴木雄斗選手、永藤歩選手
スタメンは前節松本山雅FC戦より4人変更。茂木力也選手、中村駿選手、鈴木雄斗選手、太田徹郎選手に代わって山田拓巳選手、安西海斗選手、佐藤優平選手、汰木康也選手が起用されています。

(※写真をクリックすると大きなサイズでご覧になれます)

前節は後半途中からの出場だった汰木康也選手はこの試合先発。


そして同じく前節松本山雅FC戦では後半途中からの出場だった佐藤優平選手。テクニックのある二人が攻撃を仕掛けます。



児玉剛選手と並んでJ2リーグ戦では全試合出場となっている阪野豊史選手は、いつもと同じように最前線で守備に攻撃に走り回ります。


プレーが止まったタイミングで佐藤優平選手に指示を送る木山隆之監督。


前半終了間際の40分、コーナーキックから山田拓巳選手のゴールで先制します。ゴールを決めた山田選手は手荒い祝福を受けます。


山田選手はこれが今季初ゴール。この得点で前半をリードして折り返します。


ハーフタイムには、先日行われた第41回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会でクラブ史上初の3位となったモンテディオ山形ユースの報告会が行われ、新たな歴史を作った選手たちにスタンドから大きく温かい拍手が送られました。


2試合振りのスタメンとなった安西海斗選手は本田拓也選手とボランチでコンビを組み、ハードなボール奪取やミドルシュートを見せます。


前節松本山雅FC戦で、J2リーグ戦初ゴールを決めた高木利弥選手。この試合でも何度も高い位置に進出し攻撃に参加します。


さて後半、ジェフユナイテッド千葉に2ゴールを奪われ逆転されてしまいます。しかし選手たちは諦める事無くプレーを続け、後半のアディショナルタイム、ロングボールに反応した瀬沼優司選手がらしいプレーで飛び出した相手ゴールキーパーより先にボールに触れると、


瀬沼選手からボールを受け取った永藤歩選手はゴールキーパーの居ないゴールへ。


連敗の危機からチームを救うゴールとなりました。


試合はこのままタイムアップとなり、2-2の引き分けとなりました。先制し十分に勝つチャンスが有っただけに、選手たちも悔しさがにじむ表情を見せます。


しかし最後まで諦めず走り抜き、勝ち点1をもぎ取ったのも事実です。最後の最後まで一つでも多くのゴール、そして一つでも多くの勝ち点を得ることが、これからの厳しい戦いを勝ち抜く為には何よりも大切なことになります。J1昇格を目指し、ともに戦い続けましょう!

 

さて次の試合はアウェイゲームとなり、8/26(土)19:00キックオフ 2017明治安田生命J2リーグ 第30節 vs.徳島ヴォルティス(会場/鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム)となります。そして次のホームゲームは9月2日(土)18:00キックオフ 2017明治安田生命J2リーグ 第31節 vs.ファジアーノ岡山(会場/NDソフトスタジアム山形)となります。
J1昇格をかけた戦いが続きます。引き続き熱いご声援、よろしくお願いします。

 

 

 

新しいニュース一覧古いニュース