ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2017年 7月 トップチーム

【フォトギャラリー】2017明治安田生命J2リーグ第24節vs.湘南ベルマーレ

トップチーム

この試合はユニフォームの胸スポンサーとしてお馴染みのアビームコンサルティング様による「ABeam Real Patrner Special Match」として開催されました。“食”“子供”“空”の3つのテーマを絆ぐイベントとして「東北グルメ大集合」「スタジアムグルメを先着で2,100食提供」「諦めない心を育むホワイトパズルプレゼント」「モンテディオ花火まつり」など楽しいイベントを実施。試合前から試合終了後まで、たくさんのサポーターの方が、一日たっぷりと楽しめるサポートをして頂きました。

 

 


試合前のピッチ上では「アイジー工業株式会社 協賛 モンテディオ山形サッカースクール」が行われ、摂津颯登選手やモンテディオ山形アカデミーのコーチと一緒に、子ども達がサッカーを楽しみました。


この試合は米沢市・天童市・新庄市・真室川町の市町村応援デーでした。米沢市からはチームへの贈呈品として、「米沢牛ビーフカレーを120個」を贈呈頂き、


天童市からは山本信治市長にご来場頂き、ラフランスゼリーの贈呈と激励の言葉も頂戴しました。県内各市町村の皆様には常日頃から本当に熱いサポートを頂き、改めて御礼申し上げます。


すっかり恒例となった将棋×サッカーコラボイベントでは、最近の将棋ブームもあってか、各イベントにたくさんの方が詰めかけます。プロ棋士指導対局や自由対局コーナーでの子ども達が真剣な眼差しはさすが将棋駒の街・天童。


ピッチ内ウォーミングアップ前、6月の山新月間MVP賞の表彰が行われました。選ばれたのは天皇杯も含めて6月に開催された全5試合に出場し、3ゴールを決めた瀬沼優司選手です。


エスコートキッズの子ども達と一緒に並ぶこの試合のスターティングイレブン。
GK 児玉剛選手
DF 茂木力也選手、加賀健一選手、菅沼駿哉選手、高木利弥選手
MF 本田拓也選手、安西海斗選手、鈴木雄斗選手、佐藤優平選手、汰木康也選手
FW 阪野豊史選手
サブ 富居大樹選手、栗山直樹選手、石川竜也選手、イジェスン選手、中村駿選手、永藤歩選手
スタメンは前節名古屋グランパス戦より1人を変更。風間宏希選手に代わって先日移籍加入後となった安西海斗選手が起用されています。

(※写真をクリックすると大きなサイズでご覧になれます)

 

 右サイドバックを務め、積極的な攻め上がりを見せた茂木力也選手。両サイドバックが高い位置を取ることで、相手を押し込み、相手陣内でプレーする時間を長くします。


フリーキックを蹴る佐藤優平選手。セットプレー以外の場面でも、フィールドを幅広く動き回りたくさんのチャンスを作ります。2点目の場面では、浮き玉のパスで阪野豊史選手のゴールをアシスト。


加賀健一選手はその持ち味のスピードを生かし、まずは守備面で勝利に貢献します。


その加賀選手とセンターバックでコンビを組んだ菅沼駿哉選手は、いつものようにタフなプレーでディフェンス陣を牽引し、湘南ベルマーレ攻撃陣を無得点に押さえ込みます。


7月13日に柏レイソルから移籍加入となった安西海斗選手はスタメンでモンテディオ山形デビュー。実はこれがJリーグデビューともなった安西選手ですが、そうとは思えない落ち着きから効果的なプレーを見せます。


もちろん攻撃陣もハードワークを90分間続けます。最前線では阪野豊史選手が相手ディフェンダーと激しいバトルを繰り返します。


両チーム得点がなく0-0でむかえたハーフタイムには、先日行われた第32回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)で全国大会出場を決めた、モンテディオ山形ジュニアユース村山の壮行会が行われます。若きモンテディオ山形の選手たちにスタンドからも頑張ってこいと大きな声援が掛けられます。


後半に入ってもモンテディオ山形イレブンはゴール、そして勝利を目指しハードに戦い続けます。鈴木雄斗選手も積極的な仕掛けでチャンスに絡んでいきます。


すると57分、阪野豊史選手のシュートが相手ディフェンダーに当たって跳ね返ったボールを拾った加賀健一選手が右足を一閃。強烈なミドルシュートをゴールに突き刺し、先制ゴールを決めます。


さらに74分、今度は佐藤優平選手のパスを受けた阪野豊史選手が、反転からのシュートという得意な形でゴールをゲットします。


ゴールを決めゴール裏向け走り出そうとする阪野豊史選手に対し、鈴木雄斗選手がベンチを指します。


すると阪野選手をはじめ選手がベンチ前に集まり、ゆりかごパフォーマンスで、先日第一子が誕生しパパになったばかりの風間宏希選手を祝福します。


さらに83分には、鈴木雄斗選手選手のシュートからダメ押しとなる3点目をゲット。鈴木雄斗選手のゴールかと思われましたが、阪野豊史選手がボールに触れコースを変えており、阪野選手のこの試合2点目のゴールで今季通算7点目、チーム内得点ランキングトップに立ちます。


そして試合はこのまま3-0で終了。J2リーグ戦5試合ぶりの勝利となります。キャプテン・本田拓也選手の笑顔に、この勝利の価値の大きさが表れています。


今季初となった試合終了後の円陣。ここ数試合、苦しい戦いが続きましたが、それを自分たちの力で打ち破りました。


この試合のヒーローに選ばれたのは、加賀健一選手と阪野豊史選手でした。

 


サポーターと歓びのを分かち合う加賀健一選手と阪野豊史選手。ようやくこの瞬間を持つことが出来た歓びが溢れます。


試合後打ち上げられた花火。3-0での快勝という結果もあり、より一層花火を皆さんに楽しんで頂けました。

 

さて次の試合は、7/29(土)18:00キックオフ 2017明治安田生命J2リーグ 第25節 vs.アビスパ福岡(会場/レベルファイブスタジアム)となります。遠方でのゲームとなりますが、今日の勝利をさらに価値あるものにするためにも、引続き熱いご声援よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

新しいニュース一覧古いニュース