ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2017年 9月 ホームゲーム

市町村応援デーイベント実施のお知らせ 大石田町・庄内町・遊佐町

ホームゲーム

2017明治安田生命J2リーグ第35節V・ファーレン長崎戦は、「大石田町・庄内町・遊佐町」の市町村応援デーです。対象市町村様より、次の通りチームへの贈呈や来場者へのマッチデープレゼントがありますのでお知らせいたします。

市町村応援デー実施概要

対象試合:
2017年9月30日(土)14:00キックオフ
2017明治安田生命J2リーグ第35節
モンテディオ山形vs. V・ファーレン長崎

対象市町村:
大石田町・庄内町・遊佐町

大石田町

●チームへの贈呈

贈呈品/「お菓子の郷うろこや総本店様のチーズ饅頭」 50個
贈呈者/教育長 布川元様

●マッチデープレゼント

大石田漬物セット 3名様分

ぺちょら漬は茄子の漬物でいろいろな説はありますが川運で栄えた山形県大石田町が発祥地とされ農家の保存食として生茄子を大量に漬け食べきれず漬けっぱなしにしていたところ茄子の色が脱色しており食べてみたところ非常に美味く 広まったとされています。名前の由来は食感がぺちょらっとしていたところからとされ 現在では何回も漬け替えるところから『まめ漬』とも言われます。


庄内町

●チームへの贈呈

贈呈品/「亀じいの玉手箱(クッキー)」「あまるめおこし」 各30個 
贈呈者/教育長 菅原正志様


●マッチデープレゼント

「亀じいの玉手箱(クッキー)」「あまるめおこし」「かりんと百米」セット 5名様分
「亀じいの玉手箱」
庄内町に新しいお土産品「亀じいの玉手箱」が誕生した。町内の食材を練り込んだクッキーの詰め合わせで、ササニシキやコシヒカリなどのルーツとなった米「亀ノ尾」を発見した同町出身の水稲育種家・阿部亀治にちなんだネーミング。その他のお菓子も全て庄内町の食材を使用しています。


余目製パン様のパン詰め合わせ 5名様
余目製パンは創業昭和40年の老舗。学校給食用のパン作りから始まり、高い技術で一つひとつ丁寧に焼き上げた“今朝焼いたパン詰め合わせ”はふっくらととてもおいしいパンです。試合当日の焼き立てをプレゼントいただきます。
※写真の中より数点を詰め合わせて差し上げます。


遊佐町

●遊佐町ブース

遊佐町のお菓子やカレー、ジャムなどの特産品を販売します。また、玉こんとピタパンも販売しますのでお楽しみに。
時間/10:30~14:00
場所/中央エリア

●チームへの贈呈

贈呈品/遊佐カレー 各90個 
贈呈者/教育長 那須栄一様

●マッチデープレゼント

遊佐カレー(キーマ)10名様
山形県の最北、秋田県との県境に位置する遊佐町(ゆざまち)。鳥海山の豊かな自然の中で暮らし、地元の素材をよく知る、主婦・料理人・生産者さん達が、遊佐の米と野菜をより美味しく、たくさん食べていただくためにと考えて考案したご当地カレーです。


芋焼酎「耕作くん」5名様
遊佐ブランド推進協議会は遊佐町農業委員会の耕作放棄地解消対策事業と共同の特産焼酎プロジェクトを立ち上げ、町内耕作放棄地に作付けされたサツマイモと遊佐産の米(麹)を使用した特産焼酎の開発を行いました。甘くまろやかな味で販売当初完売したお店が続出しました。



遊佐町の特産品詰め合わせ5名様
鳥海山の麓、遊佐町の美味しい水が育んだ野菜や加工品をぜひ召し上がってください。



チケットについて:
市町村応援デーでは、バックスタンドの応援デーチケットを半額で販売しております。各市町村の販売窓口でただいま好評発売中です。
http://www.montedioyamagata.jp/news/y-2017/n-00007548/

 

 

 

 

新しいニュース一覧古いニュース