ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2017年 10月 レポート

【夢クラス】大石田町立大石田小学校

レポート

2017シーズンの夢クラス、2017年10月3日山形県大石田町の大石田小学校に風間宏希選手、汰木康也選手が訪れました。

 


大石田小学校での夢クラスへの参加は4年生から6年生までの69名。選手の自己紹介の後にプロのサッカー選手といっしょにボールを使ったトラップの体験をし、初対面の緊張をほぐしていきます。


その後は児童代表の子供達5名と風間選手・汰木選手でボールゲームで対戦。


汰木選手、風間選手も選抜された5人に囲まれるとうまくボールをキープできませんでした。

リクリエーションの後、子供達6人が、自分の持つ夢の発表を行いました。
看護師、プロレスラー、ディズニーランドのキャスト、獣医やスノーボードのオリンピック選手、図書館で働くことなど色んな夢が出てきて選手は興味深く聞いていました。

風間選手・汰木選手からは夢を持つこと、諦めない大切さなどのメッセージが送られました。
汰木康也選手は子供達にこのようなことを伝えました。

汰木康也選手:

「小さい頃は家にボールがあり、気がついたらいつもボールを蹴っていました。サッカーが好きだから、これまで頑張ることができました。夢を追うのは大変ですが、楽しんで夢を叶えて欲しいです。」

風間宏希選手:

「お父さんがサッカー選手で、自分も小さい頃からサッカーが大好きでした。サッカーは好きだからがんばれました。嫌いなこともやらないといけないですが、頑張って夢を叶えてほしいと思います。」

質問のコーナーでは選手がびっくりするような質問も飛び出して大いに盛り上がりました。
選手はそれぞれにこれから目指したい夢を語りました。日本代表になりたい、海外でプレーしたいなど選手たちも、一度夢を叶えた後の今の夢をこどもたちに語りかけました。

最後は記念撮影、そしてハイタッチで退場。子どもたちから元気をもらいました。

 


モンテディオ山形の夢クラス、子供達の夢、そして夢の実現に向けて、これから道を切り開こうとする子供達の姿を選手たちも大きなモチベーションにして、明日に向かっていきます。この日の体験もひとつのきっかけとして、10年後、20年後ひとりでも多くの子供達が、自分の夢を叶えることを心より願っています。

 

 



 

新しいニュース一覧古いニュース