ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2015年 11月 その他

弊社前代表取締役社長 髙橋節からのご挨拶

その他

本日、株式会社モンテディオ山形代表取締役を退任いたしました。
これまでいただきました皆様からのご厚情、ご声援に対し、心よりお礼申し上げます。

丁度4年前、社団法人山形県スポーツ振興21世紀協会理事長代行を命じられたのが、私とモンテディオ山形との直接的な出会いでした。
これまでの間、「J1復帰、定着を目指して」という「理事会申し合わせ」の下で、当時累積していた赤字額の解消はもとより、拡大、安定した運営形態の在り方の検討に始まって、株式会社と公益法人の協働体制の構築に取り組んできました。

株式会社による運営を始めた2014年は、新たなパートナーを迎え、劇的な勝利などで4年ぶりの「J1昇格」をはじめ、財務の健全化、指定管理事業の獲得、組織の刷新など、さまざまな経営改革に取り組んでまいりました。


2015年においては「山形総力戦」のスローガンの下での皆さんからいただいた力強い声援に、改めて感謝します。
しかし、必死の努力にも拘らずJ1残留という目標を達成することができませんでした。心よりお詫びいたします。

私たちの様な地方の小規模クラブでは、改善、修正を繰り返し重ねながら、目標に向かうべきとする温かい励ましもたくさんいただきましたし、降格のたびに、こうした責任の取り方であっては、将来展望が開けないとする意見があることも十分承知しています。

こうした激励の意見に感謝するとともに、私の退任をもって、今季求められた「降格に対する責任」を全うしたいと思います。
しかしながら、クラブ及び会社は確実に変革しつつあります。この流れを更に継続発展させるために、次の世代にバトンを繋ぎたいと考えております。

既に、来季への取組みが始まっています。皆様においては、これまでと同様に、モンテディオ山形に対する温かく、力強い声援を心からお願いします。

平成27年11月26日

株式会社 モンテディオ山形
前代表取締役社長
髙橋 節

 

 

 

新しいニュース一覧古いニュース