ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2017年 1月 トップチーム

2017シーズン新加入選手記者会見 各選手・スタッフコメント

トップチーム

2017年1月10日山形県総合運動公園 総合体育館大会議室で行われた「2017シーズン新加入選手・スタッフ記者会見」の出席者、新加入選手・コーチのコメント、質疑応答を下記掲載いたします。

 

平日の会見にも関わず約100名のサポーターの皆様にご来場頂きました。年初よりモンテディオ山形に思いを寄せていただき、本当にありがとうございました。

 

 

株式会社モンテディオ山形 代表取締役社長 森谷俊雄 ご挨拶

新年明けましておめでとうございます。報道機関の皆様、そしてファン・サポーターの皆さん、早朝にもかかわらず、本日の記者会見にお集まり頂きまして、本当にありがとうございます。心より感謝申し上げます。

 

また、今日は新加入メンバーの紹介の記者会見と言うことでございますけども、改めまして当クラブ・当チームへの、温かい、熱いご支援、ご声援に対しまして心からお礼を申し上げたいと思います。この場をお借りしまして、改めてお礼申し上げます。


新チーム、いよいよ2017シーズン、新年を迎えて今日実質スタート致します。これからご紹介申し上げる12名の選手、そして2人のコーチ含めて、選手としては28名のメンバーでのスタートになります。明後日12日、開幕カードが発表になる予定です。そして1月15日、今度の日曜日に必勝祈願、そしてキックオフイベントを経て17日に静岡でのキャンプインになります。

 

1月、2月本当に新メンバーも含めて28名の選手一丸となって、スタートに向かう重要なキャンプになります。引き続き皆様には温かいご支援、そして叱咤も含めて、しっかりチームとして戦って参りますので、よろしくお願い致します。それでは本日、よろしくお願い致します。ありがとうございます。

株式会社モンテディオ山形 取締役 中井川 茂敏 2017シーズンの方針について

皆様おはようございます。お忙しいところお集まり頂きまして本当にありがとうございます。2017年シーズンの強化方針、補強ポイントを説明させて頂きますので、よろしくお願い致します。


4点ほどあります。1点目は競争原理が働くチーム編成と言う形で編成させて頂きました。やっぱりチームを活性化させる、そう言うことを促進させていくと言うことが非常に大事なポイントになってくるのかなと思っています。皆さんご存知の通り、補強した選手全てが各チームでの主力選手、またJ1での経験抱負な選手、そう言った選手を補強しています。ですからこれまでの、既存の選手との融合というものも有りますし、そこでのレギュラーポジションを取るという、厳しい戦いも始まる訳です。やはり競争というものがあって、そして、個々人もレベルアップしていくと言うところにつながってくるのかなということで、1点目、競争原理が働くチーム編成ということを考えてやっております。


2点目、バランスの取れたチーム編成です。バランスというのは、年齢も有ります。ポジションも有ります。選手の特徴も有ります。そういったバランスを考えたチーム編成をしてきたということです。選手も成長期、充実期、そういったところを迎える選手を中心に獲得してきた、そこに経験を持った選手を獲得するというようなバランスを考えた補強をしたことになります。


3点目、守備の安定とディフェンスラインからのビルドアップと言うところです。強さ、スピード、経験、そういったものを持った選手の補強をしています。またディフェンスから得点に結びつくようなビルドアップを可能にする選手を補強したということです。これはゴールキーパーも含めて得点に結びつくようなビルドアップと言うことが出来る選手を補強してきたということになります。


4点目は得点力アップです。攻撃バリエーションを増やすための、それぞれ違った特徴を持った選手を獲得したということです。またフォワードの選手4名獲得しましたが、この4名は昨年のJ2でも10点以上取った選手、そして一昨年のJ2で南選手は10点以上取っていると、殆どが10点以上取っていると、言うような経験をした選手たちを獲得してきたというところ、またボランチの選手も中村選手も風間選手も昨年度、昨季は4点づつ取っていますので、そういった意味では得点パターンが、色んなバリエーションが増えて来るというところを期待して獲得しています。以上の4点を考えながら補強してきたというところです。

 

選手個人の話は、かなり補強選手が多いですので、質問の中で色々聞いて頂きたいと思います。よろしくお願いします。以上です。

 

 

選手・スタッフ自己紹介

(児玉剛選手)
皆さんはじめまして、愛媛FCから来ましたゴールキーパーの児玉剛です。山形がJ1昇格、J1定着に向けて全力で努力します。よろしくお願いします。

 

 

(髙橋成樹選手)
こんにちは、ユースから昇格しました髙橋成樹です。チームに少しでも貢献出来るように、ピッチ内外で色んな事に頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。

 

 


(茂木力也選手)
はじめまして、愛媛FCから来ましたディフェンダーの茂木力也です。チームの勝利に貢献できるように身体を張って守備をしたいと思います。よろしくお願いします。

 

 


(菅沼駿哉選手)
皆さんはじめまして、京都サンガから来ました菅沼です。 山形に来れたことを嬉しく思っています。このチームがJ1昇格するために一生懸命頑張りますので、よろしくお願いします。

 

 


(加賀健一選手)
皆さんこんにちは、浦和レッズから来ました加賀健一です。チームのJ1昇格に向けて一生懸命頑張ります。よろしくお願いします。

 



(中村駿選手)
皆さんこんにちは、ザスパクサツ群馬から来ました中村駿です。J1昇格のために日々全力で頑張ります。よろしくお願いします。

 

(南秀仁選手)
皆さんこんにちは、東京ヴェルディから来た南秀仁です。山形がJ1に上がれるように日々努力して行きます。よろしくお願いします。

 

 



(風間宏希選手)
皆さんこんにちは、ギラヴァンツ北九州から来ました風間宏希です。チームの勝利に貢献できるように頑張っていきます。よろしくお願いします。

 

(本田拓也選手)
こんにちは、清水エスパルスから来ました本田です。山形が今年1年でしっかりJ1に上がれるように頑張っていきます。よろしくお願いします。

 



(阪野豊史選手)
こんにちは、愛媛FCから来たフォワードの阪野です。山形の勝利、J1昇格に貢献できるゴールをたくさん決めれるよう練習から頑張っていきたいたいと思います。お願いします。

 

(瀬沼優司選手)
はじめまして、愛媛FCから来ました瀬沼優司です。ポジションはフォワードです。チームのために自分が出来ることを考え、全力で取り組んでいきたいと思います。応援よろしくお願いします。

 

 


(中山仁斗選手)
明けましておめでとうございます。レノファ山口から来ました中山仁斗です。山形のJ1昇格のために毎日全力で努力したいと思いますので、応援よろしくお願いします。 

 


(青野慎也コーチ)
こんにちは、愛媛から来ました、コーチの青野です。山形のJ1昇格のために自分の持てる力を全て山形に注ぎたいと思います。一年間よろしくお願いします。

 

 


(大和田真史コーチ)
こんにちは、コーチングスタッフに就任しました大和田です。選手のみんなと、とにかくコミュニケーションを取って、監督、選手を全力でサポートしていきたいと思っています。よろしくお願いします。

 

木山隆之監督 2017シーズンの抱負

明けましておめでとうございます。木山です。よろしくお願いします。
就任の記者会見の時に一度ご挨拶をさせて頂きました。今日からまた新しいスタートが切れることを本当に嬉しく思っています。
嬉しく思っていると同時に、本当に身の引き締まる思いで今、皆さんの前でお話をさせて頂いています。
もうズバリ目標は、今年の目標はJ1に復帰するということです。もちろんクラブの方からはJ1定着に向けて力をしっかり蓄えて欲しいと言うタスクも任されています。ただそれと同時に、やはりまずそこに行くためには、必ずJ1に復帰しなければいけないと思っています。その為に、ここに居る選手たちも来て頂きましたし、また山形でずっと頑張っている選手たちと彼らをしっかり融合させて目標を達成して行きたいと思います。もちろん目標を達成するためには超えなければいけないハードルはたくさんあると思います。正直、今J2の14番目からのスタートです。今年、箱根駅伝を見てましたけども、10人近く抜いた走者も居ましたし、でもひょっとすれば昇格をする為にはそれ以上のスパートをしなければいけないと考えてます。一日一日を大事にしながら、全力で昇格に向けて選手たちと心を一つにして頑張っていきたいと思います。よろしくお願い致します。

メディアの皆様との質疑応答

「Q.自分はどう言う選手なのかについてと具体的に何で山形に貢献したいのかについて」

(児玉剛選手)
僕の強みである、しっかり繋げて、しっかり蹴れるというところはもちろんなんですけども、まずはゴールを守るというところを一番意識して、しっかり山形のゴールを守って貢献したいなと思います。

(髙橋成樹選手)
僕の強みはコーチングとか、どんな時も戦う姿勢を崩さないってところが一番強みにしているところなので、そういうところをしっかり持って早く試合に絡んで、ピッチの外でも色んな事でチームに貢献できる事があれば率先してやりたいと思います。

(茂木力也選手)
僕の強みはチームの方針にも有るように、後ろからしっかりボールをつなぐということが強みなので、チームの勝利に貢献できるよう力を出して行きたいと思います。

(菅沼駿哉選手)
1対1に自信を持っているので、少しでも失点を減らせるように頑張ります。

(加賀健一選手)
自分はスピードに自信が有るので、スピードを生かした守備でしっかりゴールを守りたいと思います。

(中山仁斗選手)
自分はフォワードなので、点を取ることが仕事なんですけど、それ以前にチームのためにハードワークをして前線から守備を出来るような選手に、山形でもなれるように頑張ります。

(瀬沼優司選手)
僕の強みはハードワークです。サポーターの皆さんが、あいつよく走っているなって、今日もよく走ってたなって、試合が終わった後に思うくらい走りたいです。あと得点を求められていると思うので、今年もチームに貢献できる得点が出来るよう頑張っていきたいと思います。

(阪野豊史選手)
僕の強みは身体の強さだと思うでので、前で時間を作って攻撃のバリエーション、増やせたらいいと思います。あとはフォワードなので、得点求められると思うので、より多くの得点を取れるように頑張ります。

(本田拓也選手)
しっかり中盤で潰すところと、その潰したところからサイドに長いボールを散らして、サイド攻撃を有効に出来るようにすることが僕の役割だと思っているので、そこを山形でしっかり出していきたいと思います。

(風間宏希選手)
僕はボールをたくさん触って攻撃のリズムを作るということが特徴ではあると思いますけど、ゴールやアシストの結果という部分を追い求めていきたいなと思います。

(南秀仁選手)
僕の強みはボールを奪われずにゴール前まで運んで行くことで、そこのゴール前で崩しの部分だったり得点の部分で自分の特徴を発揮したいと思っています。

(中村駿選手)
僕の強みはハードワークなので、このチームで誰よりも90分間走っているなと思われるようになりたいと思っています。

「Q.山形に来てみての感想、印象とどんなことを楽しみに?」

(児玉剛選手)
山形には試合で来た以外ないんですが、昨日初めて来てたくさん雪が積もっていたので、雪国に住んだ事が無いので、不安と同時に楽しみって言う部分が大きいです。これから楽しみを見つけていきたいなと思っています。

(茂木力也選手)
僕も雪国に住んだことが無いので、不安も有りますけど、これから楽しみをたくさん見つけていきたいと思います。

(菅沼駿哉選手)
昨日来たばかりなのであまり分かりませんが、温泉巡りをしてみたいなと思っています。

(加賀健一選手)
僕は秋田出身なので、山形も秋田も一緒かなと、はい。山形でもしっかり楽しみたいと思います。

(中山仁斗選手)
僕は食べることが好きなので、さくらんぼとお肉を食べたいです。

(瀬沼優司選手)
山形には試合で来た以外初めて一昨日来たんですけど、向かってくる途中に山形蔵王って有って、蔵王って何かかっこいいなって思ったので、ザ・王って事で、王様、今年のJ2リーグのチャンピオンになれるように頑張りたいです。

(阪野豊史選手)
山形来て、雪国で、なれていないので、トークは滑っても車は滑らさないよう注意します。

(本田拓也選手)
本当に来たばかりで何もよく分からないので、これから色々と分かってきたら良いかな思います。さくらんぼは楽しみにしています。

(風間宏希選手)
山形はご飯がすごく美味しいと聞いているので、たくさん色んなお店に行きたいなと思っています。

(南秀仁選手)
関東から出たのが初めてなので、すごく不安と楽しみが有ります。お肉やお蕎麦など色々美味しいもの、食べれたらなと思います。

(中村駿選手)
前所属が群馬だったので、僕も温泉巡りをしてみたいなと思っています。

「Q.髙橋選手に今この場に立ってみての気持ち・意気込みを」

(髙橋成樹選手)
周りがテレビで見ていた人ばっかりで、まあちょっと緊張しているのですが、本当に素晴らしい選手ばかりなので、自分にとっては色んなことを学べるチャンスだと思うので、良いところを多く吸収して自分も成長して行けたら良いと思います。

「Q.性格を自己分析して紹介を」

(中村駿選手)
僕はとても人見知りなので、たくさんの方々に話しかけられたほうが楽なので、皆さん、話しかけて下さい。

(南秀仁選手)
結構、なんか無愛想と言われたりするんですが、話したら以外とそうでも無いので、気軽に話しかけて下さい。

(風間宏希選手)
初めて会う人には少し人見知りだとは思うのですが、仲良くなったら結構話すタイプなので、仲良くなって下さい。

(本田拓也選手)
僕もそうですね、あまり初めての人とはそんな喋れないかもしれないですけど、仲良くなったらすごいよく喋るので、話しかけて見て下さい。

(阪野豊史選手)
好きなものは好きで嫌いなものは嫌いってはっきりしているタイプだと思います。

(瀬沼優司選手)
僕はフランクだと思うので、サポーターの方は気軽に話しかけてほしいです。

(中山仁斗選手)
僕も話のが好きなので、気軽に声を掛けて貰ったら嬉しいです。

(加賀健一選手)
多分ですけどみんなと仲良く出来ると思うので、よろしくお願いします。

(菅沼駿哉選手)
気軽に話しかけて下さい。

(茂木力也選手)
僕も誰とでも仲良くなれると思うので、よろしくお願いします。

(髙橋成樹選手)
僕も話すのが好きなので、よろしくお願いします。

(児玉剛選手)
僕も話すのが好き、大阪人なので、あんまりグイグイ行き過ぎると引かれるので、ちょうど良いところでコントロールしてやります。よろしくお願いします。

「Q.過去の対戦経験からモンテディオ山形のクラブ・チームのイメージ、サポータに対するイメージを」

(中村駿選手)
チームのイメージとしては、僕は去年3回ほど対戦させて頂いたんですが、本当にハードワークしてきて、僕達もハードワークするチームだったんですけど、それを上回る程のハードワークだったので、それが一番の印象でした。サポーターのイメージとしては、僕のチームに前所属が山形の選手が居たんですけど、その方に聞いてもほんとに温かくしてもらえたと言っていたので、僕にもそうして頂けたら嬉しいです。

(南秀仁選手)
僕も去年と一昨年と対戦させてもらって、去年は外人と日本人が上手く融合してすごい良いチームだなって、思いました。僕も前所属、山形に所属していた先輩がヴェルディに去年居たので、色々話を聞いてみんなとても温かい人達と聞いていたので、僕達にも温かく、熱く応援して頂けたらなと思います。

(風間宏希選手)
去年2試合やらせて頂いて、すごくみんなよく走るし、ハードワークするなっていうふうに印象を持っています。ギラヴァンツ北九州はあまりサポーターが多くなかったので、この前アウェイでやらせてもらった時にはすごくたくさんの人数の方が居て、そういう熱いサポーターの方たちだなというふうに感じました。

(本田拓也選手)
ハードワークする印象は有りますし、球際のところ、あと最後まで諦めないところが山形のサッカーだなと思います。あとサポーターの事に関しては小林伸二さん(清水エスパルス監督、元モンテディオ山形監督)が、みんなほんとにいい人だと言ってたので、僕もそれを信じてそういういい人たちとめぐり逢いたいなと思ってます。

(阪野豊史選手)
大学生の時の天皇杯(2009年の天皇杯モンテディオ山形vs明治大)だったり、プロになって初ゴールも山形で、去年の初ゴールも山形だったので、何か縁が有るのかなってずっと思ってました。サポーターの方は大学の時に練習生として来た時から、優しくして貰ったのでそう言うイメージが有ります。

(瀬沼優司選手)
山形に対してのイメージはとにかくハードワークをするというところと、あと最後まで諦めないという印象があります。サポーターの方々に対しての印象は、僕が一昨年栃木に在籍していた時に、4-1か5-1くらいで負けた試合が有ったんですけど、その時のゴールが入った瞬間のサポーターの方々の盛り上がりがすごい印象的で、スタジアムの雰囲気もすごく良い雰囲気を作ってくれますし、温かい方々がたくさん居ると思うので、そういう方々をみんなで喜ばせれるように頑張っていきたいです。

(中山仁斗選手)
クラブとしてのイメージは、元々J1にも上がっていたチームですし、ポテンシャルがとても有るチームだと思っています。サポーターの皆さんとはまだお話をしていないんですけど、温かい人達だなと信じてますので、よろしくお願いします。

(加賀健一選手)
ジュビロ時代に対戦した時に、山形がJ1昇格した最初の年の開幕戦に6-2に負けた試合が有ったんですけど、あの試合自分が出ていて、山形と対戦して6-2で負けた時の印象がすごく強く残っています。サポーターの人達は大変温かい人達なんだなと、顔を見ればすぐ分かったんで、はい、これからもよろしくお願いします。

(菅沼駿哉選手)
前線からハードワークして、去年、すごくやりづらかったという印象を受けています。サポーターの皆さんは、大黒さんからよく聞かせて貰って、温かく優しい人達だと聞いています。今年もよろしくお願いします。

(茂木力也選手)
去年、2試合とも山形戦には出場できなかったんですけど、外から見ていてたくさん走るチームだなという印象が有りました。サポーターの皆さんの印象は、皆さんの言ってたように温かいなと感じるので、これからもよろしくお願いします。

(髙橋成樹選手)
サポーターの方は、街で会った時も話しかけてくれて、自分のお爺ちゃんお婆ちゃんくらいの人はみんな、自分の孫のように話しかけてくれるので、ちょっと嬉しいです。これからも話しかけて下さい。よろしくお願いします。

(児玉剛選手)
チームの印象は、実際に去年、点も取られましたし、すごい頑張って来るなっていう印象が有ります。サポーターの方々の印象は、やっぱりあのスタジアムを青に染めてて、すごい大きな声で応援して下さっているなっていうイメージが有るので、あの応援を背にゴールを守りたいなっていうふうに思っています。よろしくお願いします。

「Q.児玉選手の昨年の愛媛FCでのキャッチフレーズをおっしゃって頂いていいですか」

(児玉剛選手)
「みかん一個通さない愛媛の守護神」、はい。(愛媛FCのホームページの選手紹介に掲載されていたキャッチフレーズ)

「Q.山形には果物たくさんありますがやっぱりさくらんぼと言うことで、みかんをさくらんぼに変えて大丈夫かどうかと改めてゴールを割らせない決意を」

(児玉剛選手)

はい、さくらんぼ一個通さない、あの、すごいそれを目指してますけど、そこら辺はちょっとまたしっかり考えます。あんま安易に言っちゃうとあれなので。えーと、何でしたっけ、ゴールを...

「Q.割らせない決意を改めて」

ゴールキーパーには色々な要素有りますが、ゴールを守ると言うところがベースになってくると思うので、つなぐことであったり、しっかり蹴ることであったり色々有りますけども、ゴールを守る、失点をしないというところ、フィールドの選手と関係を築きながら達成したいなと思っています。

「Q.今季山形でプレーしようと思った理由を」

(児玉剛選手)
さっきも言いましたけども、あの熱い応援の中でやりたいという気ももちろん有りますし、対戦していて、すごい良いチームなのに去年もあまり結果出てなかったですし、山形はもっともっと上に行けるチームだと思いますし、もっといかなあかんチームやと思ったので、僕がこのチームに入って力になれれば良いなと思って、決断しました。

(髙橋成樹選手)
僕は小さい頃からほんとに大好きなクラブだったんで、トップチームに入れるように今まで努力してきましたし、これからは試合に出るために努力していきたいと思います。 

(茂木力也選手)
僕は自分が成長する場はここだと思ったので選びました。

(菅沼駿哉選手)
僕自身、J2からJ1昇格を果たした事がないので、短いサッカー人生の中で、その目標を自分の力で果たして見たいと思って、決断させてもらいました。

(加賀健一選手)
J1昇格を目指して、みんなと一緒に、監督、木山さんを初め、山形のみんなと一緒に戦いたくて、決断しました。

(中山仁斗選手)
こにチームでJ1に、一緒にみんなで行きたいと思ったので、このチームを選ばせてもらいました。

(瀬沼優司選手)
さっきも話したように、山形のチームの特徴がハードワークで、自分のプレースタイルと、まずハードワークというところでぴったりだなと感じたのが一つと、昨年の自身のパフォーマンスの、一番悪いプレーと二番目に駄目なプレーがホームの山形戦の時とアウェイの山形戦の時だったので、山形に移籍したら、他の試合全部いいパフォーマンスが出来ると思ったので決断しました。

(阪野豊史選手)
サッカー選手としてより成長、充実出来るクラブが山形だと思ったので、決断しました。

(本田拓也選手)
自分のプレースタイルと合ってたところと、自分もまだまだ成長できると思った中で、この山形だったら成長できると思ったので選びました。

(風間宏希選手)
元々山形に対してすごく魅力あるチームだなというふうに思ってましたし、ここならJ1昇格を本気で狙えるなと言うことを思って、あとは監督のもと自分自身もっと成長できるんじゃないかなと思って決断させて頂きました。

(南秀仁選手)
すごいポテンシャルのあるチームだと思ってましたし、ここで一緒にJ1昇格を目指せるならすごく嬉しいなと思って決断しました。

(中村駿選手)
J1昇格を掲げていたので、それに僕も力になりたいなと思ったので、選ばせて頂きました。

「Q.コーチから見た木山監督のサッカーのイメージを」

(青野慎也コーチ)
木山さんとは2年間一緒に仕事をさせて貰って、勝つことに対してすごく、それを目指したサッカーを、選手合わせて、相手の戦術を全て分析しながらやる監督だなと。他は、あと木山さんはすごく言葉の力を持っているので、メディアの方々も木山さんの言葉を聞いて、それを発信してもらって、山形をより良くしてもらえたらなと思います。

(大和田真史コーチ)
僕は現役時代に直接監督として指導をして頂いて、選手から監督を見た時の感じというのも良く分かりますし、それを選手たちに色々伝えていければ良いなと思っています。とにかく、今青野さんがおっしゃった通り、色んな言葉を使いながら選手を上手くコントロールして、とにかくやっぱりハートがすごく熱い監督だと思うので、その監督の思いに選手スタッフ会社が全部そこの思いについて行ければ必ず良い結果が出ると思っています。

 

 

 

 

新しいニュース一覧古いニュース