ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2017年 2月 トップチーム

2017明治安田生命J2リーグ第1節 京都サンガF.C.戦 試合後選手コメント

トップチーム

No.9 瀬沼優司選手

(Q.ナイスゴールでした。ゴールシーンを振り返って)

ボールがすごく良かったです。(瀬川)和樹のクロスがすごい良かったので、僕は中で合わせるだけでしたけど、先制点より2点目の(南)秀仁が仕掛けてPKを取れた時間帯が、すごい今日の試合、勝ち点3をつかむことに大きかったんじゃないかなと思います。

(Q.瀬川選手との形はキャンプでもやっていた?)

そうですね、練習終わった後に、いつも和樹がクロスを上げてくれるので、練習でやっていましたし、今日のゲームに関しては監督からこの形、最初どんどん狙っていけとミーティングでそういう話が有って、その話していた形どおり結果に結び付けられたので、ひとつ良かったなと思います。

(Q.開幕戦はモンテディオは難しいチームのですが瀬沼選手の意気込みとしては?)

そうですね、ここ最近開幕戦勝てていないと言うことを試合前のミーティングで聞いていたので、その歴史をこのまま続けてはいけない、くつがえして行こうという話が監督から有ったので、選手みんなで最後その流れを切れるようにやろうと気持ちを込めて戦えたので、一つのモチベーションになったんじゃないかなと思います。

(Q.ゴールシーンのパフォーマンスは瀬川選手にしては軽めではありませんでしたか?)

久しぶり過ぎて、ゴールが久しぶりだったので、喜び方わすれちゃってたのと、それが大きいかもしれないです。喜び方ちょっと忘れちゃってて、あと前半だったので、ゲーム、いっぱい時間残っていたので、パフォーマンスしている場合じゃなかったので、集中して残りの時間も戦うぞっていう、ちょっと深いパフォーマンスかもしれないです。

(Q.飛び切りのパフォーマンスはホームにとっておく?)

飛び切りのパフォーマンスは、ゲームが拮抗した中でチームの勝利を決定づけられるようなゴールを取れた時に、ひとつ出せたら良いかなと思っています。

(Q.アウェイ2戦続きますが意気込みを)

アウェイ2戦と言うより、まず今日試合、目の前の試合に全力を尽くしてみんなで戦えた結果だと思うので、まず次の千葉戦、目の前の試合に全てを出せるように全力を尽くして戦っていきたいです。

NO.2 瀬川和樹選手

(Q.キャンプから結果を出してきて、去年と今年変わったことは)

自分自身変わったとことは無いんですけど、結果が付いてきていると言うのはやっぱり僕では分からないような何かが働いているのかなと。自分では全然わからないです。それでも結果がついてきたと言うのは自信になったりしています。 

(Q.先制点につながるクロスの場面について)

最初ミスが有って、そこで萎縮すること無く、良いところに上げるという練習している形なので、練習通り出来たと思います。

(Q.改めて試合に出る歓びを)

やっぱり2年間試合に出れなくて、悔しい気持ちと言うのがあるんですけど、やっぱり試合に出て勝利すると言うのは、一番サッカー選手にとって喜べる、こうやって試合に出れる、またコンスタントに出れるようにこれから、練習から頑張って行きたいと思います。

新しいニュース一覧古いニュース