ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2017年 5月 トップチーム

2017明治安田生命J2リーグ第11節 水戸ホーリーホック戦 試合後選手コメント

トップチーム

No.14 本田拓也選手

(Q.タフなゲームでしたが結果と内容について)

ホームという事もありましたし、内容も良くはなかったので、でも2連敗の後、そこはまた連敗しなかったということだけは良かったなと思いますけど、内容的にももっともっと自分たち出来るはずですし、もう少しやっていかなければ行けないと思います。

(Q.前半は長いボールが多かったようですがゲームプランとしては?)

最初相手のコートで押し込んでやろうと話してたのですが、セカンドボールがなかなか拾えなかったので、拾えたシーンというのは少し良いシーンもありましたが、90分間通しては相手の方がセカンドボールの反応だったり、と言うところは早かったし、セカンドボールも相手の方が取れていたかなと思います。

(Q.そのセカンドボールについては、後半の良い時間帯には本田選手が拾ってと言うのがありましたが?)

セカンドボールというのは拾う拾わないでだいぶ押し込む時間帯とか、ペースも変わってきますので、セカンドボールになった時の反応というのはチーム全体として早くしていきたいかなと思います。

(Q.引いた相手の崩す方については?)

引かれた時と言うのは、クロスを上げて、二次攻撃だったりと言うのを、すごい大事になりますけど、クロスもきわどい所に上げて相手のクリアしづらい所に上げていくと言うのも必要かなと思いますし、まあゴールに向かうボールで、すこし触ったりとか触らなくてもそのままゴールに入っちゃうようなボールと言うのも必要になってくるかなと思います。

(Q.なかなかシュートで終われませんが?)

シュートで終われないので、意識の問題も有りますし、相手の方が人数が多かったりしますし、シュートで終われなくてそのまま取られてカウンターと言うのもすごく多いので、やはりシュートで終わらないと厳しいですね。

(Q.名古屋戦に向けて)

僕たちはやり続けるしか無いので、次も幸いにもホームで出来ると言うことも有るので、サポーターのみなさんは今日も後押ししてくれましたが、また次の試合も後押ししてくれると思うので、しっかり勝利して期待に応えたいと思います。

No.1 児玉剛選手

(Q.気温も高くタフな試合となりましたが?)

いや、気候は関係ないですね。連敗していたので、何としてでも勝たないかん試合だったので、ホームやし、自分たちのサポーターの皆さんの前で勝ちたかったですが、すごく悔しいですね。

(Q.失点を断ち切った試合でもありました)

無失点のことは良かったと思いますが、僕たちは絶対今日勝ち点3を取りに行ってたので、J2優勝してJ1昇格する、J1でも戦っていけるチームを目指している中で、失点ゼロやから満足、もちろん出来ないし、もっともっと上のレベルで戦って行かなきゃいけないと思っているので、全然まだまだ満足するレベルじゃないと思います。

(Q.守備に関してはどう捉えていますか?)

僕たちはしっかりとボールを繋いで、アクションしていくサッカーをやろうとしているので、当然サッカーなのでミスも出ると思うし、そのミスで簡単に失点しないとか、そう言うところが大事になってくると思うので、ミスしても誰かがカバーしてあげる、それが大事だと思いますし、当然ミスをしないでやっていくのがベストなんでしょうけど、絶対ミスは出ちゃうので、そこで簡単に失点しなくて粘り強く戦うというところで、そういう部分で言ったら今日は、失点ゼロだったので、良かったかなとは思います。

(Q.勝つために必要なのは?)

点を取るところですよね。そこはもう質の、クオリティーの部分だと思います。一人一人の個の部分もあると思いますけど、もっともっと、何て言うのかな、コンビネーションでしっかりと剥がして、泥臭くても良いから、何とか点を取りたいですね。

(Q.次の名古屋戦に向けて)

本当に僕たちは勝ち点3しか今狙ってないので、3取れるように、その為に、準備する期間は短いですが、モチベーションも高いですし、まあ連敗も切れましたし、良い雰囲気の中トレーニングして、次こそ絶対勝ちたいです。

 

 

 

新しいニュース一覧古いニュース