ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2017年 8月 トップチーム

2017明治安田生命J2リーグ第29節 ジェフユナイテッド千葉戦 試合後選手コメント

トップチーム

No.6 山田拓巳選手

(Q.今シーズン初ゴールでした。決まった時の気持ちを)

珍しく力が抜けて良い形で打てたので、固い試合にはなるかなと思ったのですが、こういう試合で先制点、チームが勢いに乗れるような先制点が取れたっていう意味では嬉しかったですけど、逆転されて最後何とか追いつけましたけど勝ちきれなかったので、勝てればね、もっと嬉しかったですけど、はい。

(Q.ゴールシーンを具体的に)

自分はあまり背もない方なので、なかなかセットプレーで中に入るということは無いのですが、試合の中で何回か中に入れてもらったりもしてますし、貪欲にそういう時はゴール狙ってますし、今日はこぼれの位置だったのですが、とにかくシュートで終われればいいなという意識で、無我夢中で打ちました。もう一回跳ね返ってきて、タクさん(本田拓也選手)が良い形で落としてくれたので、今日はたまたまうまくいったかなという感じです。

(Q.今日はなぜ力が抜けていたのですか?)

それはよくわからないですけど、あの瞬間、珍しく、いつもならたぶん思いっきり振り抜いて力づくで打っていると思うのですが、珍しくコースを狙ってというか、力づくで打たないようにしようって思えたので、リラックスして蹴れたのがいい方向にいったのかなと思います。

(Q.試合全体を振り返って)

前半耐えられれば、後半、大体のチームバテてきますし、ウチの方が後半になったら強い、オープンになったらチャンスも増えてくると言うのは、今日に限らずそういう試合は多いと思うので、常に毎試合なんとか前半はしっかりゼロで抑えて後半勝負しようということも話してますし、前半のうちに点を取れればもちろんいいことなのですが、粘り強く戦えましたし、後半ああやってチャンスがある中で追加点どんどん取れるようになってくれば、勝ち切れるチームになるかなと思います。

(Q.次の徳島戦に向けて)

(徳島は)今年、J2で一番乗っているチームだと思いますし、ホームで不甲斐ない試合をしていしまった相手なので、一人一人、僕個人的にもそうですけど、みんな強い気持ちで、なんとかアウェイですがリベンジしたいと思っているので、ここ2試合勝てて無いですし、また勝ち切れるように、徳島に勝てばまたチームは乗っていけると思うので、アウェイですがしっかりみんなで戦って、何とか勝って帰ってきたいなと思います。

No.26 永藤歩選手

(Q.試合終了間際の同点ゴールでした。決まった瞬間の気持ちは?)

自分はメンバーに入ったり入らなかったり、そういうことを繰り返したので、ここで結果を出せて良かったかなと思います。

(Q.シュートシーンの振り返りを)

瀬沼さんが上手くボールをキーパーから外してくれたので、あとはゴールに流し込むだけでした。

(Q.監督からはどの様な指示を受けてピッチへ?)

点取って来るのと、裏が空いていたので、そこを、ジェフの裏を突いてこいという話で試合に入りました。

(Q.自分としてはどの様な気持ちで入りましたか?)

やっぱり前の選手なので、点取ってやろうという気持ちで、どんな時間でも、そういう気持ちでした。

(Q.どんなプレーを心掛けましたか?)

やっぱり僕の特徴は、裏に抜け出すプレーだったり、ゴールに泥臭くいくところだと思うので、そこはしっかり整理してやることが出来たんじゃないかと思います。

(Q.次に向けてどの様な準備を?)

J1昇格という目標があるので、一戦一戦集中して勝っていきたいと思います。

 

新しいニュース一覧古いニュース