ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2018年 4月 トップチーム

2018明治安田生命J2リーグ第9節 京都サンガF.C.戦 試合後選手コメント

トップチーム

No.39 中山仁斗選手

(Q.前節は復帰後今季初ゴール、そして今日はホーム初ゴールでチームを勝利に導きましたが今の気持ちを)

僕自身もホームでゴールがなかったので取れて良かったですが、取り敢えずチームのホーム初勝利がとても嬉しかったです。

(Q.試合後サポーターからたくさんの声援を受けていました。どう感じましたか?)

素直にもう嬉しかったです。


(Q.ゴールシーンは飛び込んでいった形ですが、あれは無我夢中に?それとも冷静に?)

クロスが上がって、クリ君(栗山直樹選手)がヘディングで勝つというのは信じて、そこに折り返しが来ると思って入ってました。

(Q.かなり捨て身な感じでしたが)

取り敢えず枠に飛ばさないとということは考えて、当てることだけに集中しました。

(Q.昨シーズン8月に怪我をして、そこから手術・リハビリをしてということでしたが、その期間はどの様な気持ちでいましたか?)

半年くらいサッカー出来なくて、今までサッカーをやってきた中で、あれだけ長い期間サッカーしなかったの初めてなのですが、取り敢えず怪我する前より良くなろうということしか考えてなかったです。

(Q.監督会見では怪我する前より体が動けるようになっているという話が出てましたが実感はありますか?)

ありますね。リハビリで柔軟性や体の根本的に、改革じゃないですが、怪我する前より全然変わっていると思うので、そこは自分でも動くようになっているなと、試合でも感じます。

(Q.それは生活習慣等も見直しをしている?)

そうですね、食事とかもそうですし、オフザピッチの部分でも、はい。

(Q.後半からの出場で監督からは何と言われてピッチに入りましたか?)

前線でタメが作れていないというのは一つあって、そこでまずボールを収めてくれと言われたのと、ゴールを狙ってくれというのを言われました。

(Q.後半の殆どのシュートで中山選手が絡んでいましたがそれは何かを意識して?)

ホームですし、0-0だったので、1点取らないと勝てないので、ゴールの意識は有って、試合をやりました。

(Q.次への意気込みを)

次アウェイ松本ですが、去年松本のアウェイで怪我したこともあるので、ゴールしてしっかり勝てるように頑張ります。



新しいニュース一覧古いニュース