ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2018年 5月 レポート

【夢クラス】東根市立長瀞小学校

レポート

東根市立長瀞小学校の夢クラスにNo.3栗山直樹選手とNo.17中村駿選手が伺いました。


児童代表からの始めの挨拶として『栗山選手、中村選手と一緒に将来の夢を考えましょう、よろしくお願いします。』と開始の挨拶。


まずは両選手より自己紹介と挨拶。


夢についての話の前に、選手と児童の距離を縮めるために【ワンツーパスボールリレー】というリクリエーションゲームを行いました。両選手の前に1列に並んで児童から選手にパスを出します。
パスを出した人は後ろの人に代わるというパスを通じてコミュニケーションを取ります。

 


選手と距離が縮まったところで、本題の『夢』についての話をしました。両選手が選んだ各学年の児童代表から歌手・昆虫博士、ゲームクリエイター、サッカー選手など、様々な『自分の夢』を発表してくれました。


児童の夢を聞いた後、両選手から児童たちに夢を叶えるためにメッセージを贈りました。
栗山選手からは『夢を叶えるために努力をする必要があるのと、支えてくれる周りの人に感謝することを忘れないで欲しい。』
中村選手からは『好きなことに100%で向かっていってほしい。あと感謝の気持ちを忘れず、ありがとうと思うことはありがとうと言って欲しい』とメッセージを伝えました。

 


次は児童から選手に質問タイム。テーマである『夢』以外の素朴な質問に選手が答えます。
『何がきっかけでサッカー選手に?』『サッカーが上手になるコツは?』『今までで一番嬉しかったことは?』など様々な質問がありました。


最後の質問で『リフティングが上手になるにはどうすればいいですか?実際に見せて下さい!!』という質問には、もちろん実技披露で答えます。栗山選手は頭でリフティングを披露!!

 


楽しい時間はあっという間に過ぎ、児童代表から『夢が膨らむような言葉、ありがとうございました。』とお礼の言葉。


最後に本日のお礼として、両選手からサイン入り色紙とフラッグを児童代表へ贈呈しました。


そして今年度より夢クラスパートナー・日新製薬様ご協賛のオリジナル定規と今シーズン使用できる児童・保護者用バックスタンド自由席招待券を贈呈。


いよいよお別れの時間。花道を作って選手とハイタッチで両選手を見送ってくれました。

 


東根市立長瀞小学校4・5・6年生のみなさん、本日は楽しい時間を頂きましてありがとうございました!!

今度はスタジアムに来てNo.3栗山直樹選手とNo.17中村駿選手、そしてモンテディオ山形を応援してください!!

 

 

 




新しいニュース一覧古いニュース