ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2015年 3月 トップチーム

【フォトギャラリー】2015明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第3節vs.川崎フロンターレ

トップチーム

3月18日(水)に開催された、2015Jリーグヤマザキナビスコカップ vs.清水エスパルス戦に続き、いよいよリーグ戦の開幕となる、2015明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第3節vs.川崎フロンターレが開催されました。

 

この試合は、クラブスポンサーである株式会社ベガスベガス様のご協賛により、「ベガスベガス創業50周年記念マッチ」として開催され、サッカーファンにはお馴染みの松木安太郎氏、山口素弘氏、前園真聖氏による少年サッカースクールやトークショー等が開催されました。


試合開始は19:00と寒くなる時間でしたが、イベントや売店等がスタートする時間帯はまだ暖かく、開幕戦ならでわの雰囲気となります。
まずこの長い列は2015レプリカユニフォームの一時予約の方のお渡し。今季ガラリとデザインがリニューアルしたユニフォームを皆さん待ち侘びていただけに、受け取ると早速笑顔で着る姿が印象的でした。

 

こちらはモンテス神社に奉納する必勝祈願の絵馬にサポーターが思いを載せる寄せ書き企画。たくさんのサポーターの方にご協力頂きました。


そしてこちらは選手によるお客様のお出迎え。でん六様にご提供頂いたチョコレートを配りながら、NDスタにお越し頂いた皆さんをお迎えします。


株式会社ベガスベガス様には、ユニフォーム型ビッグフラッグも贈呈頂きました。


ピッチに入場する選手を待ち受けるのは、スタンドを埋めたサポーターによるコレオグラフィー。ゴール裏スタンド一面の青に浮かぶのは「山形総力戦」。


さてこの試合のメンバーです
GK 山岸範宏選手
DF 舩津徹也選手、當間建文選手、西河翔吾選手、石川竜也選手
MF 松岡亮輔選手、アルセウ選手、キムボムヨン選手
FW 山﨑雅人選手、ディエゴ選手、川西翔太選手
SUB 兼田亜季重選手、高木利弥選手、中島裕希選手、伊東俊選手、宮阪政樹選手、林陵平選手、萬代宏樹選手
水曜日に行われたJリーグヤマザキナビスコカップvs.清水エスパルス戦では出場の無かった、石川竜也選手、松岡亮輔選手、アウセル選手、山﨑雅人選手、ディエゴ選手がスタメンに戻っています。

 

ディフェンスラインの中央で守備をリードする西河翔吾選手。今季4試合目にしてチームはクリーンシート達成。


この試合では右サイドで起用された舩津徹也選手。怪我のためディフェンス陣が手薄になるなか、ポリバレントな舩津選手は大きな存在です。


相手選手より僅かに速くボールにさわり、危機を防ぐ石川竜也選手。リーグ戦初勝利に向け、気迫のこもったプレーを見せます。


當間建文選手も持ち味のアグレッシブな守備で、強力な川崎フロンターレ攻撃陣に対します。


ディフェンス陣だけでなく、全選手の集中力の高さと出足の良さは試合を通して続き、決定的なチャンスを与えません。


周りとの連携もよくなり、松岡亮輔選手とのコンビネーションもよく、ディフェンスラインの前で存在感を見せたアルセウ選手。


そしてサイドで存在感を見せたのがキムボムヨン選手。前半から持ち味のダイナミックなプレーで攻守に絡むと、後半の74分、


右サイドから流れてきたボールを右足一閃。抑えの効いたシュートでゴールに突き刺します。


これが今シーズンのチームリーグ戦初ゴール、そして何より、リーグ戦初勝利を呼び寄せるゴールとなりました。


今季リーグ戦初先発となった川西翔太選手は高い技術を活かしたプレーで90分間攻撃をリードし続けます。


そしてタイムアップ!川西選手の笑顔がスタジアム全体の雰囲気を映します。


水曜日のヤマザキナビスコカップvs.清水エスパルス戦で今季初勝利を上げましたが、リーグ戦の勝利はまた別なもの。


その思いはサポータも同じ。4年前の2011年9月11日の浦和レッズ戦以来、1,288日ぶりのJ1での勝利の喜びを分かち合います。


Jリーグヤマザキナビスコカップ 清水エスパルス戦に続いてホームでは2連勝と、やはりホームのサポーターのみなさんの力を感じた試合でもありました。冷たい雨の降る中、90分間大きな声援を送り続けて頂き、本当にありがとうございました。

 

さて次の試合はアウェイゲームとなりノエビアスタジアム神戸にて、3月28日(土)17:00キックオフ 2015Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーググループB 第2節 ヴィッセル神戸となります。遠方でのゲームとなりますが、予選リーグ突破を目指し「山形総力戦」で戦いましょう!ご声援よろしくお願いします。

新しいニュース一覧古いニュース