ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2015年 5月 トップチーム

【フォトギャラリー】2015明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第9節vs.横浜F・マリノス

トップチーム

ゴールデンウィークとなり、5月最初のホームゲームは横浜F・マリノスをむかえての、2015明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第9節 となります。この試合は、荘内銀行・メットライフ生命プレゼンツマッチとして開催されます。

試合前のピッチでは東北電力株式会社山形支店様主催のモンテディオ山形ファミリーサッカースクール。本物のピッチの上で、親子でボールを蹴る楽しさを感じて頂きます。


ゴールデンウィークはJリーグファミリーJoinデイズとして家族連れで楽しめるイベントが各スタジアムで行われます。すっかりお馴染みとなったはたらく車が集合。こちらでも子供たちは大喜び。

 


さらに中央広場のふれあいステージでは山形県出身のLYUさんとYOUさんによるフリースタイルフットボールパフォーマンスが行われ、取り囲んだギャラリーから大きな歓声があがります。


またこの試合は天童市民応援デーとして開催。プレゼントの実施など天童市民の方がスタジアムに来たくなる企画を実施頂いた他、天童と言えば将棋駒、と言うことで将棋に関連したイベントも行われます。


(公社)日本将棋連盟のプロ棋士をはじめ、将棋親善大使でサッカー元日本代表でかつて横浜F・マリノスでも活躍された波戸康広さんも参加し、楽しいイベントが行われました。


今回新商品の応援グッズで人気だったのは、ガチャガチャ。2015シーズンのユニフォームクリップ全29種類が入っているだけでなく、【当たり】が出たら選手サイン入りユニフォームクッションプレゼントと言うことで、皆さん次々とチャレンジされていました。中央広場をはじめ小中高生受付やAゲート、Fゲートに設置されてます。


ピッチ内ウォーミングアップ前には、色々な贈呈を頂きました。まずは天童市市民応援デーだった天童市・山本信治市長様よりラ・フランスゼリーの贈呈と激励を頂きました。


次に天童市商店街連合会様・てんてんカード会様よりJ1昇格お祝いセール時の募金を頂きます。


(公社)日本将棋連盟様より感謝状を頂きます。


そして「荘内銀行・メットライフ生命プレゼンツマッチ」として、この試合のマッチスポンサーを務めて頂いた荘内銀行の國井英夫頭取様より激励金を頂戴しました。皆様からの厚いご支援、誠にありがとうございます。


さてこの試合のスタメンです。
GK山岸範宏選手
DFキムボムヨン選手、當間建文選手、西河翔吾選手、石川竜也選手
MF松岡亮輔選手、アルセウ選手、高木利弥選手
FWロメロフランク選手、林陵平選手、ディエゴ選手
SUB兼田亜季重選手、舩津徹也選手、中島裕希選手、宮阪政樹選手、山﨑雅人選手、川西翔太選手、萬代宏樹選手
スタメンは前節清水エスパルス戦から、川西翔太選手に代わって林陵平選手が起用された他は同じとなっています。


気温が30度近く上がる中、ピッチを幅広く動きまわり、中盤を支える松岡亮輔選手。危険なポイントにすかさず顔を出し、ピンチの芽を摘みます。


中盤の底で大きな存在感を見せるアルセウ選手。力強いディフェンスだけでなく攻撃につながるパスでも貢献します。


前節の清水エスパルス戦で、公式戦611日ぶりのゴールを決めた林陵平選手。チームにとっても、試合終了間際に同点に追いつく貴重なゴールでしたが、大怪我と長いリハビリから復活した林選手にとっても大きな意味を持つものでした。


90分間高い集中力を見せ勝利に貢献した當間建文選手。ゴール前で跳ね返すだけでなく積極的な出足からのインターセプトも光ります。


前の試合で今季初ゴールを決め、気分良くプレーし攻撃を牽引したディエゴ選手。


鋭い反応でゴールを守り無失点で勝利に貢献した山岸範宏選手。


コーナーキックからの西河翔吾選手選手のゴールをアシストした石川竜也選手。高さのある横浜F・マリノスディフェンダーに対して、ファーサイドで待つ西河選手にピタリと合わせます。


持ち味のキープ力で攻撃のアクセントを付けたロメロフランク選手。


さてこの試合唯一の得点となり、そして決勝点となったゴールは西河翔吾選手のヘディングから生まれました。石川竜也選手の蹴った左コーナーキックからのボールをループ気味に逆サイドに沈めます。


貴重なゴールに西河翔吾選手を中心に歓喜の輪が出来ます。


西河翔吾選手はこれが今季初ゴール。そして横浜F・マリノス戦でのゴールといえば、2009年7月11日、西河選手が初めてモンテディオ山形の選手としてプレーしたニッパツ三ツ沢球技場での試合を思い出された方も多いはずです。


今季J1リーグ戦ではホーム初登場となった宮阪政樹選手。リードし横浜F・マリノスが攻勢を強める難しい展開のなか、しっかりとゲームを終わす役割を果たします。


そしてタイムアップ。ホームの12,000人を超えるサポーターと共に今季J1リーグ戦勝利を喜びます。


この試合のMVPとして表彰されたのは、山岸範宏選手と西河翔吾選手。MVP賞としてセゾンファクトリー賞品セットと63cmスヌーピーぬいぐるみが贈呈されます。


表彰後、90分回力強い後押しを続けてくれたサポーターのところへ駆け寄る両選手。ホームのサポーターと喜びを分かち合うことが出来、最高の時間となりました。

 

さて次の試合は2015明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第10節 5月6日(水・休)14時00分キックオフ vs.アルビレックス新潟 (デンカビッグスワンスタジアム)となり、アウェイゲームとなります。そして次のホームゲームは2015明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第11節 5月10日(日)14時00分キックオフ vs.柏レイソル戦(NDソフトスタジアム山形)となります。
J1残留に向け連勝を実現できるように、力を合わせて戦い抜きましょう!引き続き、ご声援よろしくお願いします。

 

 

新しいニュース一覧古いニュース