ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2015年 5月 トップチーム

【フォトギャラリー】2015明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第11節vs.柏レイソル

トップチーム

5月2試合目のホームゲームは、柏レイソルをむかえての一戦となります。試合前のピッチでは「モンテキッズマッチ」を開催。この試合でも、子供たちが選手がプレーする同じピッチでボールを追いかけます。


中央広場のふれあいステージとメインスタンド前で素晴らしい演奏を披露してくれたのは、鶴岡東高等学校吹奏楽部の皆さん。迫力ある演奏に大きな歓声が湧きました。


長い列が出来ていたのは、「大商金山牧場米の娘ちゃんマッチ」としてマッチスポンサーを務めて頂いた大商金山牧場様の特設ブース。


こちらでは、渡辺広大選手や山田拓巳選手も参加しての「米の娘じゃんけん大会」など楽しいイベントを開催して頂きました。


渡辺広大選手と山田拓巳選手はその後募金ブースへ移動。この試合から開始した「2015ネパール地震救援金募金」の呼びかけを行います。モンテディオ山形のサポーターの皆さんだけでなく柏レイソルのサポーターの皆さんからもたくさんのご協力を頂きました。ご協力頂いた皆様に改めて御礼申し上げます。


試合前のピッチでは、朝日町の鈴木浩幸町長にもお越し頂き激励と贈呈品を頂きました。いつも朝日町の皆様には熱いご声援を頂き、誠ににありがとうございます。


今日は母の日と言うことでモンテディオ山形マザーズDAY。高校生以下の方がお母さんと一緒にご観戦頂くと、日髙慶太選手と汰木康也選手からモンテブルーのカーネーションをプレゼントしました。


さてこの試合のスタメンです。
GK山岸範宏選手
DFキムボムヨン選手、當間建文選手、西河翔吾選手、石川竜也選手
MF松岡亮輔選手、アルセウ選手、高木利弥選手
FWロメロフランク選手、林陵平選手、ディエゴ選手
SUB兼田亜季重選手、舩津徹也選手、高木純平選手、中島裕希選手、宮阪政樹選手、山﨑雅人選手、川西翔太選手
スタメンは前節アルビレックス新潟と同じ、サブは萬代宏樹選手に代わって怪我から復帰した高木純平選手が起用された他は同じとなっています。


守備ではクリーンシート達成に貢献し、攻撃では3点目に結びつく強烈なヘディングシュートを放った當間建文選手。


コーナーキックから1アシストとなった石川竜也選手。正確な左足は誰もが知るところですが、2勝2分で負けなしとなっているここ4試合、すべて石川選手のコーナーキックから得点が生まれています。


ここのところ先発起用が続くロメロフランク選手。試合を通してキレのあるプレーを見せチーム最多となる4本のシュートを放ちます。


エリア正面で、切り返しからミドルシュートを狙うキムボムヨン選手。キム選手のパワーはシュートも場面でも大いに発揮されます。


さて先制点は前半の21分、石川竜也選手の蹴った左コーナーキックから生まれます。このボールがファーサイド側のエリア外にいたロメロフランク選手に渡ると、これをロメロ選手が一閃、ゴールに沈めます。


試合の流れをグッと引き寄せる先制点を決めたロメロフランク選手の周りに、選手たちが駆け寄ります。


強烈な攻撃陣を揃える柏レイソルに対し、西河翔吾選手を中心としたディフェンスラインは高い集中力で組織で対応します。


2点目は前半終了間際、ディエゴ選手が林陵平選手とのワンツーでボールをゴール前に持ち込むと、相手ゴールキーパーをよく見て冷静にシュート。


エースがキッチリとゴールに決めて、前半を2-0で折り返します。


ピッチ全面を走り回り、ボールを拾ってつないだ松岡亮輔選手。ボランチでコンビを組むアルセウ選手とのバランスもよく、まさにチームの心臓です。


後半の74分、試合を決定付ける3点目が決まります。左コーナーキックからまたしても石川竜也選手が蹴ったボールをゴール正面で當間建文選手が強烈なヘディングシュート、これは柏レイソルのゴールキーパー菅野孝憲選手の素晴らしい反応に弾かれますが、


そこにディエゴ選手が詰めてゲットゴール!


ディエゴ選手はそのままゴール裏に一直線。サポーターと歓喜を分かち合います。


試合終盤で3点と大きくリードした場面でも常に声を出し続ける山岸範宏選手。試合開始早々の互いにリズムを掴みきっていない中で山岸範宏選手は決定的なピンチを素晴らしい反応で跳ね返えし、守りから自分達のリズムを作り試合を勝利へと導きます。


そしてタイムアップ。結果は3ゴールと攻撃陣の活躍が目立つものでしたが、それを支えたのはチーム全体での守備の意識と集中力でした。


ヒーロー賞に選ばれたのは松岡亮輔選手とディエゴ選手の二人。


表彰後サポーターと喜びを分かち合う松岡亮輔選手とディエゴ選手、そしてディーオ。これでホームゲームは連勝、そして4戦負けなしといよいよチームは勢いが増してきました。


さて次の試合はアウェイゲームとなり、2015明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第12節 5月16日(土)14時00分キックオフ vs.ヴァンフォーレ甲府 (山梨中銀スタジアム)となります。
そして次のホームゲームは5月23日(土)14:00キックオフ 2015明治安田生命J1リーグ1stステージ第13節vs.ヴィッセル神戸となります。この試合は「県民応援デー」となります。山形県民一丸となって、目標のJ1残留に向けて、共に戦いましょう!

 

新しいニュース一覧古いニュース