ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2015年 9月 トップチーム

2015明治安田生命J1・2nd第10節 vs.サンフレッチェ広島戦 試合後選手コメント

トップチーム

No.26 宇佐美宏和選手

(Q.今日の試合を振り返って)

自分たちの出来ている部分と出来ていない部分、あと決めきれる所で決め切れないとやっぱりこういう結果になってしまうし、一つ一つのプレーに責任を持ってしっかりやらないと、勝てないんじゃないかなと思います。

(Q.出来ている部分、出来ていない部分とは)

出来ているとこいうのはやっぱり相手にボールを持たせてショートカウンターで、一本目もそうですけど、高い位置で奪ってショートカウンターで決めれましたし、出来ていな部分と言うのはやっぱり失点の部分もそうですけど、やっぱり準備、後ろの準備、そう言った部分が、ずっとこのリーグ戦から、讃岐との天皇杯の時もそうですけど、ずっとそう言う準備の部分で失点しているので、 そういった部分が本当にもったいないなと言う試合になりました。

(Q.自身を振り返って)

そうですね、本当に僕も、最初に(石川)タツさんからのクロスで決定機もありましたし、後半にも決定機ありましたし、やっぱりそういった部分でやっぱり決めきると言うところの責任を持たないと、ほんとにこういう結果につながってしまうし、やっぱりあそこ決めていれば、2点のうち1点でも決めていれば違う結果になっていただろうし、そういった部分、もっと突き詰めていかないと、上には行けないんじゃないかなと思います。

(Q.次節に向けて)

もう本用に勝点3しかみんな見ていないし、そこを目指さないと残留は出来ないと思うので、もう本当に泥くさいゴールでも泥くさい守備でもいいので、内容より結果が欲しいなと心の中で思っています。

 
(Q.ファン・サポーターへのメッセージを)

いつも応援ありがとうございます。まだまだ厳しい戦い続くと思いますが、これからも応援よろしくお願いします。

No.3 渡辺広大選手

(Q.今日の試合を振り返って)

悔しいです。

(Q.悔しさとはどういったところが?)

そうですね、ウチが苦労して取った1点を相手はあっさり取っちゃう、内容的には前半非常に良かったですし、そういう所で勝ち切れないところが本当に悔しいですね。

(Q.3失点を振り返って)

事故的な部分があるので、3失点病とか言われますけど、1点目は間違いなくシュート狙ってないですし、2点目も僕にあたってこぼれた所で寄せれなくていいシュート飛んでしまいましたし、3点目もカウンターのケアのところ、その前のPKからの流れだったので、と言うところを言うと表裏一体なので、攻撃と守備は、そういう所は悔しいですよね。

(Q.怪我からの復帰戦となった自身を振り返って)

終盤になったら個人のことなんて関係ないので、チームとして勝点3を取りたかったゲーム、ホームでなかなか、最近良いゲームを見せながらも勝てないので、僕が入っても結局変わらなかったので、そういうところは課題として次の試合に活かしていかなきゃなと思います。 

(Q.次節課題を踏まえてどのような戦い方を?)

アウェイの柏は非常にやりにくいスタジアムであるので、アウェイの戦い方をしながら僅差のゲーム、ベストは1-0だったり、ゲームで勝てるような試合展開と言うのを表現したいですね。 

(Q.サポーターへメッセージを)

歯痒い思いをさせてすみません。残り8試合、全身全霊を注いで頑張っていくので、今日のような熱い応援よろしくお願いします

 

 

新しいニュース一覧古いニュース