ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2016年 10月 トップチーム

2016明治安田生命J2リーグ第35節 愛媛FC戦 試合後選手コメント

トップチーム

No.7 松岡亮輔選手

(Q.気迫あるプレーでしたが試合に入る思いは?)

思いはいつもと変わらず、しっかり相手をリスペクトして、100%戦うと言うことは意識しています。それは毎試合変わりません。

(Q.ゴールシーンを振り返って)

(高木)利弥に出た時に、確かワンバウンドしていたんですが、あのワンバウンドの状態ならトラップは無いだろうなと思って、恐らくその前に(林)遼平がニアに走ってくれていたので、利弥がトラップせずにワンタッチで中にいれるだろうなと言うことは感覚で予測して、その瞬間全力を出して飛び込んで、って感じです。そしたら上手いこと相手を引き剥がして先に触れました。

(Q.高木選手が入ったあとシステムも少し変わって流れが変わったように見えましたが?)

後半に入ってシステムを変えて、高木が入る前に後半に入ってシステムを変えて、アルセウ真ん中で僕と鈴木雄斗がスリーボランチのようなダイヤモンドの左右に入って、頂点にディエゴ、そのいっこ前に陵平って形で、前半少し相手にボールを回されて、なかなか前からの守備とか相手の1.5列目を捕まえ切れなかったりって言う問題点が有ったので、監督のそういう指示のもと後半入って、1点リードされていますけど守備をまず安定させようと言うことなので行ったんですが、それが上手いこといったと言うか、僕達の中で、ピッチの中でストレス無く動けたのが一番かなと思います。

(Q.ゴール前に顔を出すシーンも有りましたがそのあたりは意識していたんでしょうか?)

はい。

(Q.今日の勝ち点1をどう捉えますか?)

もちろん絶対満足していないですし、ホームで勝ち点1は情けない結果だと思っていますので、悔しいです。

(Q.残り7試合となりましたが今後に向けて)

これはずっと言っていますけど、一試合一試合、目の前の試合に対して相手と試合に対してリスペクトして、全力で向かうってのは僕のスタンスで変わらないし、それが良い波及をすれば、チームに対して良い波及になれば良いかなと思っています。

No.13 石川竜也選手

(Q.リーグ戦半年ぶりに先発フル出場の感触は?)

前回の天皇杯で90分、延長までやっているので、体力的な部分では大丈夫だったと思いますけど、結果として引き分けだったんですけども、勝ち点3を取りたかったと言うのが、残念なところです。

(Q.リーグ戦ではここのところ途中出場でしたが、チームを見ていて変えたいと思っていたところは有りますか?)

内容としては、自分たちのリズムで有ったりて言うところはたくさん出来たと思うんですけど、なかなか結果が付いてこないと言うところで、どうしたら良いかという、今日のゲームもそうですけども、自分たちのリズムで有っても2失点しているというところで、90分通した時にふとした集中力の無さと言うか、ちょっと気が抜ける部分がどおしても失点につながってしまって、そこをどうしたら修正できるかなと言うところなんですけども、今日もそこが課題として出たと言う部分と、失点した後に点を取り返したと言う部分では良かったと思うんですけども、勝ち越すチャンスも有ったし、そこで3点目を取れればと言う部分も有るし、勝ち点1ですけども修正しながらですけども、プラスに捉えて出来れば良いなと思います。    

(Q.失点の部分について相手の印象は?)

愛媛と言うチームは守備がしっかりしていて、攻撃の時の形と言うのがしっかり有るチームなので、そこをどうやって守備としては防ぐかと言うところでしたけども、今日の前半の1点目は、相手の一つのチャンスにしっかり決められるって言う、後半もそうですけども、全体を通してそんなにピンチらしいピンチは無いんですけども、危ないって時に耐えれないと言うところが一番、ウチのチームの課題で有って、そこをどうやって防ぐかと言うところ、今日もそこが防ぎきれなかったので、もう少しみんなで考える必要があるかなと思います。


(Q.自身のプレーとしては?)

失点してしまった部分ではやっぱり守備陣としては反省する部分があるのと、スリッピーな状態で自分も含めてですけども、小さなミスが幾つか有ったので、そこをもう少し丁寧にやる部分であったり、正確にやる部分であったりというところは反省しなければいけないなと言う部分、やっぱりチームのリズムで有ったり、そう言う部分があるので、そう言う時に簡単なミスと言うのは無くしていきたいなと思います。

(Q.セットプレーでは良いボールを入れてチャンスに繋げチームを後押ししていましたが?)

お互い、セットプレーと言う部分はチャンスでありピンチでありと言うところで、相手もいいキッカーが居たので、ウチがしっかり防いで、ウチのチャンスでは点になればよかったし、幾つかチャンスが有ったので、そう言うところで決めれれば良かったですけども、これを続けてやっていければ良いかなと思います。

(Q.試合後のサポーターの声援はどうでしたか?)

なかなか勝ち試合を見せられないので、申し訳ない気持ちと、やっぱり一緒に勝って歓びたいと言う部分があるので、お互いですけども、なかなかスッキリしないですけども、もう一度来週ホームで試合があるので、そこで勝つってところをお互いで喜べるようにってのは、また一週間頑張っていきたいなと思います。

(Q.後半起点になるプレーが多かったように見えたが、前に行くと言うのは意識して?)

前半少しボールの回りが良くなかったかなと言うのは有りますけども、後半は自分たちのリズムとかパス回しと言う部分では多少良くなったと思うし、距離感で有ったり、パスの選択で有ったり、自分のパスが受け手にとってどう言うイメージを持たせるかとか、そう言うところを出来るだけ意識するようにはやっていますけども、そういうのがチームとしてリズムが良くなるとか、そうなってくれれば良いなと思っています。

(Q.フリーキックやコーナーキックは自身の感覚としては如何でしたか?)

今日は、イメージ通りのボールはだいたい蹴れていたかなと。まあちょっと雨で蹴りづらい部分はもちろん有るので、でも練習していた部分はある程度出せていたかなと思います。

(Q.こういう天候だとボールが重くなって自分が思っているより飛ばなくなるのですか?)

飛ばないのももちろん有るし、回転もなかなか掛けにくい、そう言う部分で多少いつもの蹴っている質とはちょっと変わるかなと思いますけど。

(Q.それもある程度イメージ通りに?)

味方にある程度、蹴りたい場所には蹴れていたかなと思います。

(Q.石川選手が入ることで、ディエゴ選手がゴール前でターゲットになれるので期待している方も多いと思いますが?)

今日のメンバー的にヘディングが強い選手がたくさん居るので、良いボールを蹴れればチャンスになるなとは思っているので、そこはセットプレーで点を取れれば楽になるし、そう言うところはほんと集中して蹴れれば良いなと思います。

新しいニュース一覧古いニュース