ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2016年 10月 トップチーム

2016明治安田生命J2リーグ第38節 松本山雅FC戦 試合後選手コメント

トップチーム

No.1山岸範宏選手

 

(Q.試合の入りについて、監督は前節セレッソ大阪戦のイメージでと言うことでしたが?)

前半我々は良い流れで、組織的な守備と言うか、前から取りに行くところ、また相手にボールを持たせてしっかりブロックを作るところ、そこに関して前半は良いディフェンスが出来ていたと思いますし、ボールを奪ってから素早い攻めで相手のゴール前でチャンスまで作れていたかなと思います。

(Q.その中で一人少なくなっての後半、ハーフタイムにはどの様な話を?)

一人少ない状況と言うのはサッカーにおいて非常に不利に働く状況では有りますが、その中で全員で我慢していれてば必ずチャンスが来るからと言うことは話していました。

(Q.失点シーンを振り返って)

その直前に宮阪選手が入って来てキッカーが変わって、それまでの那須川選手の左足から、左足のアウトスイングから宮阪選手の右足のインスイングの方に、守り方も、あの時は鈴木雄斗がフリーマンやっていたのですが、ポジショニングを少しずらしたんですけども、その前で三島選手に触られてしまったと言うことですね。

(Q.失点シーン以外は守れていたと思いますが?)

相手に、一人少ない状況でしたけども、相手にチャンスらしいチャンスは、決定的なチャンスと言うのは、ほぼほぼ作らせて無かったかなと。フィールド9人が本当にハードワークをしてくれて最後まで頑張ってくれたなと思いますが、頑張りだけでは何も結果は出ないので、今日に関しては最悪でもゼロで勝ち点1と言う結果が欲しかったです。

(Q.今日の結果を踏まえて次の試合にはどの様に?)

横浜FCとね、アウェイの試合であろうと、僕らは今置かれている状況では勝利を掴むことが絶対条件だと思うので、勝利を掴みに横浜に行きたいと思います。

(Q.次の試合を終えてどの様にホームに帰ってきたいですか?)

 勝ち点3を持って返ってくるだけです。



新しいニュース一覧古いニュース