ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2016年 7月 トップチーム

2016明治安田生命J2リーグ第22節 試合後選手コメント

トップチーム

No.6 山田拓巳選手

(Q.悔しい結果となりましたが?)

入りが良くなかったので、無駄な2失点だったかなと言うのと、前半戦町田には負けているので、特にあとは後半戦のスタートと言う意味でも、今日は本当に大事な試合でしたし、絶対勝とうと、アウェイですけど、勝とうと言うことで臨んでいたので、前半の入りが良くなくて、簡単に2失点してしまったのが、もったい無かった。後半だけ見ればね、1-0ですし、決して悪い戦いをしていたわけでは無いので、ただ前半からそう言うことをしないと、ウチが前回そうやって前半4点取ったように、なかなか先に前半取られてしまうとひっくり返すには相当のパワーがいるので、そう言う意味でも今日はもったいない試合だったかなと思います。

(Q.立ち上がりはチャンスも作れていてそんなに悪くないように見えましたが?)

そうですね、入りは決して悪くなかったと思いますし。

(Q.やっていくうちに審判にいらいらしたりとか?)

自分たちはちょっとそっちにパワーが行き過ぎてというか、そういう所で無駄にフラストレーション溜まって、 しっかり落ち着いてゲーム出来なかったと言うのは、やっぱり反省ですね、はい。

(Q.失点がきっかけでしょうか?)

失点も重なると、0-0だとまだ我慢できる所も、点とられると余計にいらいらしてしまうところも有ると思うので、色々重なったかなと思いますけど。その中でも冷静にやらなきゃ駄目だと思います。

 

No.17 鈴木雄斗選手

(Q.今日はどんな気持ちで試合に?)

今日は絶対に勝つと言う気持ちで入りました。

(Q.球際とかにも行っていたと思うのですが、先に点を取られてと言う展開の中では...)

個人としては球際も完敗です。相手の勢いに負けましたし、まだまだですね。これからもっとやっていかないといけないと思います。

(Q.シュートチャンスも有りましたが)

今日はシュートチャンスの所をトラップしてからやってしまおう、打とうとか、そういう風な考えになってしまって、ゴール前時間ないし、ワンタッチでもっと打っていかないといけないなと思いました。

(Q.ディエゴ選手との絡みとかは何か意識していましたか?)

ディエゴとの絡みというよりは相手に対してどう言うふうに裏を取っていくかと言う考えで、チームとしての流れも良く無かったので、いっぱいいっぱいになってしまった所は有りました。でも近くでやろうと言う意識はしていました。

(Q.後半はどんな形で入りました?)

後半は前半が最悪だったんで、なんとしても2点取り返すという気持ちで入りました。

(Q.相手が一人少なくなった状況でも上手く崩しきれませんでした)

そうですね、ああやって完璧に引かれてしまって、ブロックを作られてしまった相手に対してどういう風に攻めるかって言うのを、もっと練習して行かないといけないし、意思疎通も出来てなかったですし...。まあサイド攻撃だと思うんです、サイド攻撃をしたら中も空いてくるし、そう言う使い分けですかね。

(Q.今日の中での反省点、今後の課題については?)

反省点と言うならば、出来ることならもう一回やりたいですね、スタートが駄目だったなと思うし。まだまだ気持ちが足りないです。

(Q.切り替えて金沢戦となりますが?)

こんなゲームをサポーターに見せちゃったら本当に申し訳ないですし、せっかく山形から来てくれたのに、本当に、次は絶対、こんな試合しないし、絶対勝ちにいきます。

(Q.攻撃では起点になる所も有りましたが?)

いや少なすぎですね、はい。それこそやっぱり潰されましたよ、僕のところで。もっとキープしないといけないし、もっとタイミング良くサポートも出来たし、もっと裏にも抜けれたし、出てこないなら出てこないでもっと強く要求しないといけないし、そう言う意味では、自分の甘さを感じました、すごく、はい。

(Q.立て直しに向けてはどういった所を?)

最後皆が言ってたのは、町田の方が完璧にハードワークしてましたし、本当にそこだと思うんです。もう一回練習からしっかりやっていきます。

 

 

 

新しいニュース一覧古いニュース