ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2018年 11月 トップチーム

モンテディオ山形ユース GK大友竜輔選手 トップチーム加入発表 囲みコメント

トップチーム

2018年11月27日山形県立霞城学園高等学校にて、2019シーズンからトップチーム加入が内定したモンテディオ山形ユースGK大友竜輔選手が母校への加入内定の報告の報告を行い、その後メディア向けの囲み会見を行いました。

本人の囲み会見でのコメントを下記紹介いたします。

 

 

モンテディオ山形ユース 大友竜輔選手

 

(Q.インタビュー前に色紙に書いて頂いた目標に「向上心」とありましたが、書いた理由を教えてもらえますか?)


自分はユースから上がって、一番努力しなければいけない立場だと思いますし、一番若いので、向上心をもたらすというか、自分が活力を出して笑顔やポジションがキーパーですので、プレーで示すところは示さないといけないと思います。向上心を持ってチームの一員になって、早く自分がサッカー選手としてNDソフトスタジアムのピッチでプレーしたいという目標があるので、それに向けて「向上心」を持って取り組みたいという思いから書きました。

(Q.理想のプロサッカー選手像は?)

選手で言うとしたら中村航輔選手(柏レイソル)のスピードとジャンプ力の面では、自分と似ている部分というか、自分もジャンプ力であったり、スピードでがストロングポイントで持っているので似ているというか、(中村航輔選手は)日本代表としても活躍していますので、そういう選手になりたいと思っています。


(Q.高校を卒業して一社会人にもなるということでもあると思いますが、社会人としてやっていきたいことは?)

プロサッカー選手になってうまくいかなくて選手として駄目だったら、もう終わってしまうというか、サッカー人生として自分の夢だったものがそこで終わってしまうと思うので、サッカー選手として一日の過ごし方、(体の)ケア、食べ物の管理も、プロの選手を見ているととてもこだわっています。そういうところを学ばなければいけないと思います。自分でもケアや食事、その全てがプロサッカー選手として最善(の状態)で練習に取り組むことになるので、それに向けた食生活や生活をしていけたらいいなと思っています。

(Q.トップチームの練習にも参加していますが違いは感じますか?)

ユースとスピードが違ったり、プレーの面で大きく違うのは多分、サポーターの皆さんで見て下さる方々でも分かると思いますが、そういう面はトップの選手はかなり上で、それ以外でピッチの外で、さっきも言った食生活やケアの質、そういうサッカー以外の部分でサッカーに尽くす時間というのが、ユースと違う大きな部分だと思うので、そこにとても刺激を受けています。自分もしっかりしたいと思っています。

(Q.モンテディオに入っての短期的な目標と長期的な目標を)

長期的な目標としては、日本代表、海外のビッグクラブでサッカーをしてみたいというのはあるので、それに向けてサッカー選手としてのキャリアを考えると、そう長くはないと思いますので、その十何年間の中で、ビッグクラブでプレーしたいので、早い段階でモンテディオ山形のスタジアムで試合に出ることが出来なければ、その後の目標に達成できないと思います。短期的目標は、一日でも早くモンテディオ山形のNDソフトスタジアムで試合に出るということが目標です。

(Q.モンテディオ山形サポーターに向けてメッセージを)

自分もトップチームの試合をたくさん見せてもらって、本当に熱い応援をして下さっていて、そのピッチで自分もその声援を受けながら戦ってみたいという気持ちがこのトップに昇格することが決まってからずっと思っていたので、来シーズン自分がその声援を受けてピッチの上で戦えるように頑張りたいと思いますので、よろしくお願いします。

 



(Q.サッカーを始めたきっかけを)

小学校1年生の冬から2年生の春に友達から誘われて、サッカーを始めました。その後、キーパーをやり始めたのは小学3年生ぐらいです。チームでキーパーをやる人がおらず、ただ身長が大きかったのでやってみようと思ったのですが、自分の身長を活かして、ゴールを守ることが、その小学3年生の時に好きになりました。

(Q.自分はどういうタイプのプレーヤーだと思っていますか?)

先程言った通りスピード感、ジャンプ力はストロングポイントだと思うので、その身体的な能力を活かして、シュートストップをしっかり、失点しないようなキーパーになれるようになりたいと思います。

(Q.名前の由来を聞いたことはありますか?)

自分は辰年生まれで、それで「竜輔」のりゅうが「竜」で、家族でお父さんがバスケなどスポーツをやってた人で、当時松坂大輔選手が、野球で有名になって、プロスポーツ選手として上手くいくように、そういう意味で、辰年で生まれたところと大輔選手の「輔」を取って「竜輔」と付いたと聞いています。

 

 

 

 

新しいニュース一覧古いニュース