ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2019年 2月 トップチーム

2019明治安田生命J2リーグ第1節 FC岐阜戦 試合後選手コメント

トップチーム

No.6 山田拓巳選手

(Q.まずは開幕戦を迎えて)

長いキャンプをやっていたので、今日の開幕戦を大変楽しみにしてましたし、 アウェイにもかかわらず、本当にたくさんの方が山形から駆けつけてくださって、 本当に自分たちにすごいパワーを与えて頂きましたが 、結果がついてこなかったのは本当に残念です。

(Q.今日の試合を振り返ってみて)

自分たちがキャンプでやってきたことを、今チームとしてやろうとしていることをどんどんチャレンジしていこうというのは話してました。

前半特に、多少もたれる時間もありましたが、 決して悪い部分だけじゃなかったと思うので 、自信を失う必要はないと思います。

しかし、そういう自分たちのいい時間に決めるところをしっかり決めなかったら 、(今日の試合のように)相手の時間帯で失点してしまうこともありますし 、そこでひと粘りする力というのはまだ自分たちになかったというのは 、去年から引き続きの課題ではあると思いますが、そこをもう1回しっかり踏ん張って、 0で何とか抑えて、自分たちが挽回する力をもっとつけていかなければいけないと思います。

(Q.今日も含めアウェイ3連戦となりますが)

アウェー3連戦というのは厳しい条件かもしれないですがそれは毎年のことですし、 とにかく今日の結果は 、そして悔しさというのは忘れてはいけないですが、自信をなくす必要はないので一週間しっかり準備して、どんどんチャレンジしていきたいと思います。

(Q.ホーム開幕を楽しみにしているサポーターにどのようなプレーを見せてくれますか?)

自分たちが今やろうとしているすべてのことを出したいですし、見に来てくれた方たちが、ぐっとくるような何かを感じてくれるような、心に響くようなプレーを出していきたいと思います。

ホーム開幕戦までは時間ありますし、それまでのアウェイの2つをしっかり取ってからホームに帰りたいと思います。

No.10 井出遥也選手

(Q.モンテディオに加入して初めての試合でした。試合を振り返って)

難しい展開になった試合で 、自分達もキャンプから積み上げてきたことが出ていたシーンもありましたし、決定機というところではチャンスを多く作れていましたが 、そこで決めきれなかったり、決められたところの自分たちのスキや改善しなければいけないところが出たと思います。

そこをしっかり改善して、次の試合に向けてしっかりトレーニングしていきたいです。

(Q.シャドーの位置でしたが、相手のプレッシャーや連携はどう感じていましたか?)

岐阜の攻撃は前半後半それほど変わらなかったですが、ちょっとした自分たちのミスや相手に崩されたというより自分たちで失い方が悪かったり、本当に大したことないようなプレーで、ミスからの失点だと思いますので、そこは改善できる点でもありますし、改善しなくてはいけない部分であると思います。本当にそういうやってはいけないところでのミスでの失点というところが今日の勝負の分かれ目だったのかなと思います。

(Q.個人的に良かったプレーは)

ボールをもう少し落ち着かせる時間と言うか、相手コートで押し込む時間というのはチームとして必要だと思いました。

ただ自分たちがやろうとする、後ろからどんどん出てきてクロスに対して何人も入っていくというシーンは多く作れていたので、前半のうちに決定機を決めきることはチームとしての課題ですが、キャンプでやり続けてきたことというのは、多く出てたシーンもあったので 、そこはどんどん出していけるように、自分としても手応えあったので、それをより多く作り出しながら決めきることをしっかりやっていきたいと思います。

(Q.キャンプはまだ一週間続きますがどのような形でホームに戻りたいですか?)

開幕戦落としてしまいましたが、シーズンは長いので、よかったところはたくさん出ましたし、改善しないといけないところも出たので、そこをしっかりチームとして修正して、横浜FC、 町田とJ2の中でも去年上位のチームとやるので、しっかり勝ってホームに帰っていきたいです。

No.11 阪野豊史選手

(Q.試合の展開について)

立ち上がりはチャンスが作れなくてちょっと苦労しましたが、 前半の終わりから後半の立ち上がりは逆に自分たちがいい時間を作れたと思いますし、何回か決定機もあったので、そこは自分も含めてしっかり決めたかったです。
ただ、相手に先に点を取られてからは こっちも点を取りに行かなきゃいけないという、そういう気持ちの焦りもあってなかなかいいサッカーができなかったので、失点してからの戦い方を、もっと改善、改善と言うかもっとまとまっていかければいけません。

先に点を取られてから、もう1回自分たちの勝ちにつなげるのは難しいので、失点してからのみんなのチームのパワーをもう少し出したかったです。

(Q.お互いに決定機はあり、こちらもクロス何本もありましたが決まらなかったのは...)

トレーニングしてた狙いのところには入れたと思いますし、 実際にそこで何回か決定機を作れたから良かったとは思います。 しかし相手もそこをケアをしてきますし、今日は点が取れなかったので、もっともっと自分達は工夫をしてやっていかなければならないと思います。

(Q.後ろの方で相手が流動的で掴むのが難しそうというのを見ながら前線ではどのような守備を)

自分の周りに結構相手が多くて、なかなかプレッシャーが掛けづらかったのはあります。 あとはロングボールを蹴らせた時になかなかセカンド拾えなかったのが、自分たちがゲームを握れなかった時だと思うので、逆に取れている時は押し込めた時もあったし、その蹴らせた後の対応と前からもうちょい嵌めていくというところはもうちょっとできたかなと思います。

(Q.開幕戦は敗戦となってしまいましたが次に向けて)

結果は負けてしまいましたが、 ここから長いリーグが続きますし 、スタッフも選手もみんなでまとまって自分たちの今年していきたいサッカーをやっていかなければならないと思うので、そこはみんなでしっかり団結し、自信を失わずに次も100%の力でみんなで戦っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

新しいニュース一覧古いニュース