ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2019年 6月 トップチーム

2019明治安田生命J2リーグ第19節 V・ファーレン長崎戦 試合後選手コメント

トップチーム

No.21 櫛引政敏選手

 

(Q.後半相手の攻めが続く中で意識したことは?)

毎試合粘り強くチーム全体でやれているので、それを出せたのかなと思います。

(Q.今日は呉屋選手に決められて1失点してしまいました。次の柏戦に向けて気を付けていきたいことは?)

失点シーンは、あのようなイン巻きのクロスというのは事故が起きやすいので、しっかりそこはチームとして改善して、内側を切ってしっかり縦に勝負させてやればリスクも減ってくるので、そういう細かいところさえ出来ていればそうやられないと思います。しっかり練習からそういうところは突き詰めていければなと思います。

(Q.J1昇格に向けて上位との対戦が続きます。サポーターに向けて)

上位対決は常にやっぱり、内容はともあれ勝つことが大事だと思うので、泥臭くしっかり頑張っていきたいなと思うので、応援よろしくお願いします。

No.27 坂元達裕選手

(Q.今日は2点ともチャンスに絡みました。コンスタントに出場し攻撃面で貢献していますがその要因は?)

まず守備の所をしっかりと意識してやっているところで、このチームはまず守備から入るチームなので、そこの部分をできている点が、このように出続けている要因だと思います。また自分の長所であるドリブルで仕掛けていくというところで、チームのリズム、悪いリズムを変えたり、相手の懐に入って行ったりと言うプレーは、チームにとってはプラスだと思うので、そこも要因かなと思います。

(Q.夏となり学生時代にはないハードなペースで試合が続きます。コンディション面をどのように整えていきたいですか)

試合の中であまりコンディションが上がらずに、なかなか自分のプレーができない試合というのも今まで何試合もあるので、そこはなくしていかないと出続けられないと思います。

結果ももっともっと残していかないといけないと思うので、食生活や睡眠はもっと変えていけると思うので、そこは意識してやっていきたいと思います。

(Q.次は柏戦、J1昇格に向けて上位対決が続きます。どのような試合を見せたいかも含めてサポーターへ)

個人としては、今日もPKは獲得できたのですが、点は決めていないので、アシストであったり得点を決めるということにこだわって、柏戦はやっていきたいと思っています。

チームとしては、ここで勝てれば突き放せると思うので、複数得点取って無失点で抑えて、最高の勝ち方ができたらいいと思っています。

No.11 阪野豊史選手

(Q.一点目は絶妙なポジションからゴールでした。連係面、心がけていたことは?)

こぼれ球やシュートチャンスが来た時に、すぐ打てるような準備ができていたので、あのゴールが生まれたのかなと思います。

(Q.3試合連続ゴールとなりました。次は堅い守備の柏戦です。この流れを続けるためにどのようなことを意識していきたいですか?)

個人として点を取るのはそんなに意識せずに、チームとしてやることをしっかりやっておけば今日みたいに自分のところにチャンスが来るポジションだと思うので、集中してしっかり、チームとしてやることをやっていきたいと思います。

(Q.J1昇格に向けて上位対決が続きます。どのような試合を見せたいかも含めてサポーターへ)

上位の相手に勝つとそれだけ勝ち点も開くし、この時期に開いておければ後半戦の自信にもなると思うので、そういう意味では柏戦も凄く大切な試合になると思います。

できるだけ多くの人の後押しがあれば自分たちもより頑張れると思うので、たくさんの人の来場をお待ちしています。

(Q.阪野豊史覚醒、ということで良いですか?)

点取っている時も取っていない時も気持ちを変えずに、自分の仕事に集中していければいいと思います。

 

 

 

新しいニュース一覧古いニュース