ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2019年 7月 トップチーム

【フォトギャラリー】天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会2回戦 vs.栃木SC

トップチーム

2019年7月3日(水)にNDソフトスタジアム山形にて開催された天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会2回戦 vs.栃木SCの模様をご紹介します。


天皇杯は通常のリーグ戦と異なりサッカー協会主催の大会となります。イベント等も山形県サッカー協会が中心となり行われ「サッカーコーチング ☓ スポーツサイエンス」としてスーパースローカメラでキックフォームをチェックできるイベントが開催されました。まずはインストラクターがデモンストレーション。このモンテディオ山形サポーターには見覚えのあるキックフォームは、


モンテディオ山形アカデミー・ジュニア村山の石川竜也コーチです。インストラクター役として、参加者のキックフォーム動画を見ながらアドバイスしていました。


メンバー発表時に大きな注目を浴びていたのはベンチメンバーに起用された相馬丞選手。相馬選手はモンテディオ山形ユースに所属し、主にセンターバックでプレーしています。この試合では半田陸選手もスタメン起用されていたため、公式戦では初めてユース所属選手が複数メンバー入りした試合となりました。アカデミーでは未来のモンテディオ山形を支える選手たちがコーチングスタッフと共に日々切磋琢磨しながら活動をしています。ぜひアカデミーにもご注目下さい。


この試合のメンバーです。リーグ戦の間の水曜日の試合と言うことでスタメンを大幅に入れ替えて臨みます。半田陸選手はリーグ戦/カップ戦を通してこれが初スタメン。ユースの選手がトップチームの公式戦でスタメンに入るのはクラブ史上初となります。
GK 佐藤昭大選手
DF 半田陸選手・坂井達弥選手・松本怜大選手
MF 古部健太選手・アルヴァロロドリゲス選手・田村友選手・ホドルフォ選手
FW 北川柊斗選手・阪野豊史選手・井出遥也選手
SUB 大友竜輔選手・三鬼海選手・相馬丞選手・柳貴博選手・南秀仁選手・ジェフェルソンバイアーノ選手・大槻周平選手

 


今季公式戦初出場、すなわちモンテディオ山形の選手として初の公式戦となった佐藤昭大選手。キャプテンマークを付けて試合に臨みます。


この試合、やはり注目を集めたのは半田陸選手。スタートではスリーバックの右のポジションに入り、後半途中からは右のウイングバックでもプレーをします。


一時期怪我で離脱していた坂井達弥選手が戦列に復帰し、スリーバックのセンターに。守備のリーダー役を務めます。


試合開始直前に松本怜大選手が出場を回避したため、スリーバックの左でプレーしたホドルフォ選手。


5月19日のJ2リーグ徳島戦以来の試合出場となった三鬼海選手。攻撃の組み立てや精度の高いキックでらしさを見せます。


こちらも今季公式戦初出場となった古部健太選手。この試合では左ウイングバックに入り、激しいアップダウンで攻守に貢献します。


PKを決める北川柊斗選手。


結果が欲しかったという北川柊斗選手は今季初得点。北川選手はこの後も何度もゴールに迫ります。


前の試合のスタメンでは唯一この試合でもスタメンとなったアルヴァロロドリゲス選手。ボランチのポジションから攻撃を組み立てていきます。


そのアルヴァロロドリゲス選手とボランチでコンビを組んだのは田村友選手。


勝利をつかみたいチームは、後半の早い時間に攻撃的な選手を二枚替えしゴールへの圧力を高めて行きます。


その期待に応えるべく、クロスに猛然とゴール前に飛び込む大槻周平選手。


最後までゴールを目指し戦い続けるも追加点は奪えず1-2のままタイムアップ。2002年の第82回大会以来の緒戦敗退となってしまいました。


試合後、声援を送り続けてくれたサポーターに挨拶をする選手たち。昨シーズンはベスト4まで進出し、今年こそは再び決勝の地へという期待に応えることが出来ず、悔しい結果となってしまいました。しかしここは気持ちを切り替え、もう一つの、そして最大の目標であるJ1昇格を目指し戦ってまいります。引き続き熱いサポートをお願いします。

 

さて次の試合は再びJ2リーグ戦となり、7/7(日)19:00キックオフ 2019明治安田生命J2リーグ 第21節 vs.愛媛FC(会場/ニンジニアスタジアム)となります。
アウェイゲームとなりますが、ご声援よろしくお願いします。

 

 

 

新しいニュース一覧古いニュース