ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2019年 9月 トップチーム

2019明治安田生命J2リーグ第31節 柏レイソル戦 試合後選手コメント

トップチーム

No.40山岸祐也選手

(Q.得点シーンはファーサイドでドンピシャリでした。)

(中村)駿がファー空いていると言って蹴ってくれたのと、あとはクリ君(栗山直樹選手)が一番後ろのディフェンスの間に入ってくれてつってくれたので、たまたま決めることができました。

(Q.自身にとってゴールを取って吹っ切れたところもあるのでは?)

ゴール・アシストという結果のところはずっとこだわってやっていますし、今日結果で表せたというところは良かったと思います。このチームに入ってやらなくてはいけないこと、守備の部分はもっともっとやれると思います。

今日できる部分もすごいあったと思うし、後はボールを受けて前を向くというシーンをもっともっと増やしていけたら、良いなとは思っていました。今日の試合展開の中でそれは厳しかったですが、今日できることはやり切れましたが、あの時間帯に交代したのは、交代枠一枚使ってしまうので、自分が甘いというかもっともっとやらなきゃなというのはあります。

(Q.アシストのところは中村駿選手の動きを良く見ていました)

崩し、結構完璧だったと思うし、駿が決めてくれたので、簡単なシュートではない難しいシュートだと思いますが、決めてくれたので感謝したいと思います。

(Q.チームにとっても山岸選手にとっても次に繋がる勝ち点3だと思いますが?)

レイソルに勝ったというのは大きいようでただの1勝だと思うし、あと11試合あるので、どのチームとやっても気が抜けないです。

一戦一戦が決勝じゃないけど、トーナメントの決勝というつもりで絶対勝ち点3取るというところと、そういう中で戦っていかなきゃいけない領域に入っていると思うので、全試合勝ち点3取れるように頑張っていきたいと思います。

No.17中村駿選手

(Q.セットプレーからの2アシストに加え、後半ペースが柏に傾きつつあるところでゴールを決めました。これからもセットプレーがカギになると思いますが今後どのような準備をしていきますか?)

セットプレーに掛ける時間というのはモンテディオは多いですし、セットプレーはやっぱりキッカー次第のところもあるので、僕は相手のウィークに対してどこにボールを落とすかというところと、あとは中信じて蹴るだけです。

シーズン通してずっとやってきた中で、それが今日は2点、取れなかった時期もありますが、今日は(得点を)取れたのでそこは良かったと思います。

 

僕の点は、厳しい、後半立ち上がり、やっぱり相手勢いを持って来てそこで失点してしまったので、流れを持っていかれそうでした。

何とか立て直して自分たちでよくボール持ちながら、そこのシーンでは冷静に全員がプレーできた中で3点目取れたので、良い流れで、それが僕のところでの点だっただけかなとと思います。

(Q.アウェイが続きますが今日もたくさんのサポーターが来てくれました。サポーターへメッセージを)

本当にたくさんの応援ありがとうございました。あと2戦、アウェイが続きますが、勝ち点3を取らないと僕たち上にいけないと思うので、次ちょっと遠いですけど出来る限りの後押しをしてもらえれば僕たち嬉しいですし、頑張れると思うので、応援よろしくお願いします。

 

 

 

新しいニュース一覧古いニュース