ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2019年 10月 トップチーム

2019明治安田生命J2リーグ第37節 ツエーゲン金沢戦 試合後選手コメント

トップチーム

No.17中村駿選手

(Q.試合の中で良くしたかったというところは?)

相手の勢いに飲まれてしまいましたし、守備のところで、ロングボールに対して11人で話し合いながらできれば、違う形になったかなと思います。

前半から後半のような守備ができていれば、もうちょっと違ったと思います。


(Q.後半はチャンスが作れていました。変わったところは?)

僕個人としては前半より高い位置取って、(相手の守備は)マンツーマンだったので、走って目の前の相手より走れればチャンスは多いと思いました。そこを意識して、ボールも出てきましたし、これがチャンスにつながってたかなと思います。

(Q.次の試合に向けて)

そんなに自分たちは悲観せずに最後まで自分たちらしくやりたいと思います。今日も本当勝っても負けてもおかしくなかったと思います。90分通して勝ちをどれだけこっちに寄せられるかだと思います。

それが今日は45分だけだったという感じだったので、長い時間、ウチらしくやれれば勝利というのは近づくと思います。それを5試合、みんなで頑張るだけだと思います。

No.27坂元達裕選手

(Q.試合を振り返って)

前半は押し込まれる形が多くて、自分たちはペースがなかなか掴めなかったですが、後半は前半より繋げるようになって、チャンスもあった中で自分も決定的なチャンスありました。そこを決めきれなかったのが今日の敗因かなと思います。

(Q.前半少しうまくいかなかったところついてはどう捉えていますか?)

金沢が蹴ってくる中で、そこを潰しきれずに間を通されたり、ポストプレーでセカンドを拾われて前に押し上げられるという形が多かったです。

そのセカンドのところと最初のファーストのところを抑えられなかったのか、前半うまくいかなかった原因だと思います。


No.10井出遥也選手

(Q.今日も途中出場でしたがチャンスメーカーとして攻撃を活性化しました。次にどうつなげていきたいですか?)

自分が求められていることは攻撃で違いを作ることや、得点を取ること、アシストをすることでチームの勝利に貢献することを求められていると思います。

今日、最後まで押し、チャンスはありましたが、それをしっかり結果につなげるように努力したいです。

(Q.終盤戦負けられない試合が続きます。個人そしてチームとして必要なことは?)

一試合一試合難しい試合になると思いますし、どの試合も落とせない試合がこれから続く中で、チームとして全員の力が必要になると思います。自分としてもチームを救えるように、結果を残していけるように取り組んでいきたいです。


 

 

新しいニュース一覧古いニュース