ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2019年 11月 トップチーム

2019明治安田生命J2リーグ第39節 水戸ホーリーホック戦 試合後選手コメント

トップチーム

No.3栗山直樹選手

(Q.10分間に3失点というところはどういう風に感じていましたか?)

後半立ち上がりから相手がちょっと前に出てくる印象がありました。その勢いを受けてしまい、一つ失点してしまってから、相手の勢いを受け止めきれなかったと思います。
僕も今回、ゲームキャプテンを任されましたが、そこで締める力が足りなかったと自覚しています。

(Q.いずれもサイドからの失点でした)

全部を思い起こすのは今は難しいですが、取られ方が悪かったり、中のマークがごちゃごちゃになり、はっきりしない部分がありました。シンプルにドリブル突破、個で負けたという部分もあります。本当に反省しなければいけないと思います。

3失点は本当に良くなかったですし、1失点した後にその1失点のまま行けば、現実として1得点取れたので、引き分けもしくはその勢いのまま2点目取りに行くことできたと思います。3失点というのはやらせ過ぎてしまったと思います。


(Q.自動昇格を争うチームにリードを許す形となってしまいました。残り3試合に向けて)

今日、大宮も勝ちましたし、厳しいことには変わりがないですが、僕らにできることはやるだけだと思います。

残り3試合3勝して、(自動昇格圏内の2位は)他力にはなりますが、待つということしか僕らにできないので、残り3試合、点を取って勝っていきたいと思います。

(Q.今日はアウェイに1700人のサポーターが駆けつけました。一言お願いします)

ピッチに出た時から、ゴール裏が埋まっているのを見て僕らもテンションが上がりました。

その勢いのまま前半、いい戦いができたと思います。

しかし、僕らの力が足りなく、勝てず申し訳ないなと思っています。

次はホームです。「切り替えろ」と声をかけて頂いたので、僕らもしっかり切り替えて、次のホーム、(勝利を)取れるようにやっていくだけだと思います。

 

No4三鬼海選手

(Q.復帰後初のフルタイムのプレーとなりました。振り返って如何ですか?)

監督からは60分、75分、途中で変わってもいいように全部出しきってやれと言われましたが、90分プレー出来たことはよかったです。

(Q.前半は良い形がかなりあったと思うのですが、後半は10分間での3失点、サイドからやられている印象がありましたがそう感じていましたか?)

失点する前も何度かピンチがあり、悪い流れを断ち切れなかったことが、良くなかったことですし、僕のサイドからクロス一回を上げられて失点してしまいました。

1対1の局面で、やられてしまうとあのような失点に繋がるので、そういったところを反省して、上げさせないようにしなければいけないと思います。

(Q.セットプレーも得点につながりませんでした)

自分自身のフィーリングがあまり良くなかったので、途中で中村選手に代わってもらいましたが、そこからはいいボールも上がっていましたし、(点を)取れるチャンスもあったと思います。

今日のような厳しいゲームではセットプレーは大事だと思うので、1点でも決められれば流れは変わったと思います。


(Q.自動昇格を争うライバルにリードを許す苦しい展開になりましたが残り3試合に向けて)

(自動昇格の2位は)他力になってしまいますが、僕たちは3連勝する以外にありませんので、気持ちを切り替えていきます。今日もたくさんのサポーターのみなさんが詰めかけてくれたのに、本当に不甲斐ない試合をして申し訳なかったと思います。次はホーム長崎戦ですが、しっかり勝って勢いに乗れればと思います。

 

 

 

新しいニュース一覧古いニュース