ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2016年 7月 ホームゲーム

【フォトギャラリー】2016明治安田生命J2リーグ第21節vs.レノファ山口FC戦

ホームゲーム

ホーム3連戦の2戦目となるこの試合、対戦相手は今季J2に昇格し初対戦となるレノファ山口FCです。

 

この試合からスタートした新企画「シーズンシート会員限定選手フォトセッション」。選手がスタジアム入りした直後にロッカールーム前で撮影すると言うかなり貴重な機会となります。

(写真をクリックすると大きなサイズでご覧頂けます)


次の試合は4月に予定されるも熊本地震のため延期されていた第10節vs.ロアッソ熊本戦となります。Jリーグ各クラブ・そして各クラブのサポーターも一緒になって熊本支援活動をしていました。その一つがこの応援メッセージを書き込んだ横断幕。皆さんの思いを込めた横断幕は、ロアッソ熊本戦のスタジアム内Fゲート付近に掲示し、試合終了後に選手が横断幕を持ち場内一周。その後、ロアッソ熊本へお渡しします。


この試合は中山町と山辺町の市町村応援デー。それぞれすもものつかみ取りや舞米豚の炙りフランク販売などのブース出店の他、山辺町からはチームへ舞米豚30kgを、中山町からはすもも「大石早生」を両チームへ贈呈頂きました。いつも熱いご支援を頂き改めて御礼申し上げます。

 


まもなく七夕を控えていることにちなみ、「モンテディオドリームプロジェクト~あなたの願いを叶えます~」を開催。これは皆さんに願いをお書き頂き展示した短冊の中から、モンテディオ山形が叶える願い事を決定し、願いを実現するというものです。

山形市役所サポーターズクラブによる前半戦MVP表彰である「さくらんぼ大賞」に選ばれたのはNo.25汰木康也選手。サポーターの目を引きつけて離さないプレーで期待の若手からチームにとって欠かせない戦力となりました。


キャプテン山岸範宏選手を先頭にピッチに登場する選手たち。待ち受けるスタンドのボルテージが一気に上がります。


試合前、第19節松本山雅FCでJリーグ通算200試合出場を果たした渡辺広大選手への表彰が行われます。


さてこの試合のメンバーです。

GK山岸範宏選手
DF山田拓巳選手、渡辺広大選手、田代真一選手、荒堀謙次選手
MF佐藤優平選手、アルセウ選手、川西翔太選手、伊東俊選手
FW林陵平選手、ディエゴ選手
SUB富居大樹選手、栗山直樹選手、高木利弥選手、松岡亮輔選手、汰木康也選手、鈴木雄斗選手、大黒将志選手。

前節水戸ホーリーホック戦からスタメンを4人変更。ディフェンスラインでは田代真一選手以外の3人が代わり、また中盤でも汰木康也選手に代わって佐藤優平選手が起用されています。


(写真をクリックすると大きいサイズでご覧頂けます)

 

前節、途中出場から貴重な川西翔太選手の同点ゴールを導き出す荒堀謙次選手は、この試合では左サイドバックとして起用されます。怪我を乗り越えてのスタメン起用は第5節清水エスパルス以来となります。

 

こちらも怪我から復帰後初のスタメンとなった佐藤優平選手。特に前半はパス回しの中心となりチームの攻撃にリズムをもたらします。

 
しかし思わぬアクシデントが前半16分に発生。林陵平選手が怪我のためピッチにを退き、代わって大黒将志選手が起用されます。


4試合ぶりのスタメンとなった山田拓巳選手は持ち味の積極的な攻撃参加で、右サイドにダイナミズムをもたらします。


そしてス点取り屋の持ち味を発揮したのは大黒将志選手。ピッチに立ってからわずか5分後、コーナーキックの流れからディエゴ選手が入れたクロスは相手選手に当ってコースが変わるも、大黒選手が事も無げにゴールに沈めます。


ディエゴ選手と歓びを分かちあう大黒選手。ディエゴ選手の笑顔がこの先制点の価値が大きいことを物語っています。


さらに大黒選手はゴールを狙い続けると41分、今度はアルセウ選手の絶妙の浮き球のパスに反応し相手ディフェンスラインの裏でボールを受けると、ターンしながらのボレーシュートと言うすご技でスーパーゴールを決めます。


今度はアルセウ選手の元に駆け寄ります。


試合はこのまま2-0でハーフタイムへ。全国大会の日本クラブユース選手権に出場を決めたモンテディオ山形ユース(U-18)の壮行会が行われます。次代のモンテディオを支える選手たちにスタンドからも大きな声援が掛かります。


さて後半は一転してレノファ山口FCのペースに。チーム全員で粘り強くゴールを守る時間が続きます。攻撃に持ち味のある川西翔太選手も、中盤で粘り強い守備を見せます。


この試合ではアシストでも魅せたアルセウ選手ですが持ち味はもちろんハードな守備。高い身体能力で相手ボールを弾き返していきます。


試合終盤にピッチに立ち、6試合の試合出場となった松岡亮輔選手。試合をクローズする役割を果たします。


そしてタイムアップ。歓びもさることながら、何とか耐え切ったという安堵の表情がこの試合の厳しさを映していました。


ヒーローインタビューはもちろんこの人、大黒将志選手。サポーターが待ちわびたNDスタでのゴールを2発も決めてくれました。


苦しい試合でも力を合わせて何とか勝ち点3をもぎ取った。その歓びをサポーターとともに分かち合います。


そして今日が誕生日の汰木康也選手は、皆に祝福されご覧の様な水浸しに...。

 

さて次の試合は中二日の間隔を明けて、2016明治安田生命J2リーグ第10節vs.ロアッソ熊本戦(7月6日(水)19:00キックオフ)となります。中二日で迎える3連続ホームゲーム。勝利することで、上位戦線にグッと迫ることが出来る重要な試合となります。平日の試合となりますが「ビール飲み放題チケット」も準備され、仕事帰りにぴったりのイベントと共に皆様をお待ちしております。

引き続きご声援よろしくお願い致します。

 

 

 

新しいニュース一覧古いニュース