ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2016年 6月 レポート

【夢クラス】山形市立楯山小学校

レポート

2016年6月23日、2016シーズン3回目の夢クラス。
山形市立楯山小学校で行われた夢クラスにはNo.6 DF 山田拓巳選手、そしてNo.16 MF 佐藤優平選手が伺いました。

夢クラスのスタートは体育館で。楯山小学校の子供たちは温かく迎えて頂きました。


この度進行役された西長先生。選手たちの前で緊張してしまい、選手の自己紹介をとばしてしまいました…。
実は、西長先生も毎試合スタジアムに足を運んで頂いているとのことで、大のモンテディオサポーター。緊張もされるはずです。日頃の応援に心よりお礼申し上げます。


夢クラスは無事進行し子供達が楽しみにしていた、レクレーションの時間が始まります。
最初はおにごっこのひとつ「氷おに」を行います。氷おにでは楯山小6年生のチームワークが良く、捕まえても捕まえてもすぐに溶けてしまう展開。2回目は鬼がどんどん増えていく遊び「増やし鬼」。1分足らずで全員が鬼に捕まってしまいました。
選手は足が速いと驚く子供たち。特に優平選手の素早さにはみんな目を丸くしていました。

 


次はサッカーボールを使ったPK体験。
サッカーをやっている子供達のひとりにゴールキーパーをして頂き、プロ選手からのシュートを体感してもらいました。
その後、山田選手がキーパーになり、子供達がシュートを打っていきます。
女の子も素晴らしいキックを披露してくれました。
山田選手はキーパーグローブはGISHIグローブをはめていました…。なぜかは分かりませんが(笑)

 

 


レクレーションの最後はサッカーを経験する子供達が選手に対し、リフティング対決にチャレンジ。優勝は、先ほどPK対決でゴールキーパーをやっていた男の子!
40回程の鮮やかなリフティング。佐藤優平選手からサプライズプレゼントが渡されます。


選手からのメッセージは、通常の夢クラスとは異なり、トークショー形式で行われました。

 


サッカーを始めたのはいつ頃かとの問いに
山田拓巳選手は5歳
佐藤優平選手は6歳

サッカーを始めたきっかけは
山田選手はJリーグの開幕がきっかけでサッカーに憧れがあった。
優平選手は2つ上のお兄さんがサッカーをしていたからとのこと。

プロのサッカー選手になりたいと明確に目標をたてた時期は
山田選手は小学生頃
優平選手はずっと自分はプロになれると思ってやってきたとのことでした。

夢を叶える為にどのような努力をしてきたのかの問いには、
山田選手は「努力したら夢が叶うわけではないが、出来る事を積み重ねて来た。才能とかもあると思いますが、廻りの人より人一倍の努力をしてきた。」
佐藤優平選手は「他の人と一緒のことをしていたら夢は叶わない、自分から率先して、行動に何でも移し、何でも出来るようになることが大切だ」とそれぞれ答えていきます。

今の夢を教えて下さいとの問いには、
山田拓巳選手は「日本代表、憧れるようなサッカー選手になること」
佐藤優平選手は「息子にサッカー選手になってもらって一緒のチームで親子でプレーしたい」
と大人になった今の夢を子供達に伝えます。

最後に写真撮影を行い、子供達からサプライズで熱い応援を頂きました。

 



最後に選手たちから子供たちへの最後のメッセージを紹介します。
山田拓巳選手は「何事も決して諦めないこと、夢に向かって人一倍努力してほしい。」
佐藤優平選手は「夢を持つことは人生ではとても大切なこと、コツコツといろんなことに挑戦してほしい。」


山形市立楯山小学校の6年生44人の皆様、本当にありがとうございました。
選手たち同様、素敵な夢を持ち、諦めず挑戦を続けてくださいね。
またスタジアムでお会いしましょう。



 

 

 

新しいニュース一覧古いニュース