ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2017年 2月 レポート

大蕨棚田雪中棚田サッカー大会

レポート

2017年2月18日に山形県山辺町の大蕨地区棚田で行われた、雪中棚田サッカー大会に、ディーオと弊社社長の森谷が参加ました。

この大会は、山辺町大蕨の棚田の中でのサッカー体験を通して、モンテディオ山形のチームとサポーター、サッカーファン、そしてモンテディオ山形のホームタウン住民が交流を深める場を創出するとともに、「棚田での雪中サッカー」という新たなサッカーの楽しみ方を体験してもらうことで、モンテディオ山形を起点とした元気な地域づくりに貢献することを目的に行われているものです。

この日はとても天気が良く、眺めも良い最高の条件での開催。ジュニアユース村山も含め12チームがエントリーし、予選から力の入った白熱した戦いが繰り広げられました。なぜそんなに熱くなるというと…優勝賞品はこの棚田でとれた棚田米1表(60キロ)がもらえるからです。

まずは開会式、山辺町の遠藤直幸町長や弊社社長森谷による挨拶。


ジュニアユースの選手もみなさまに挨拶させていただきました。


ゲストのみなさんのキックインで大会はスタート。


ディーオの出番は無かったのですが、せっかくなので自らキックインしました


ジュニアユース村山から11人の精鋭が出場。みんな自分たちで判断して行動している姿がとても印象的でした。根本コーチは終始指示はせず、応援に徹していました。


ウォーミングアップにディーオVSジュニアユース。股を抜かれ…


こうなりました(笑)これには会場も盛り上がります。


森谷社長もこの日はジュニアユース村山を応援。


ゲームはどれも白熱し、足を取られ転ぶ選手が続出で大笑い。その声は冬の大蕨地区に響いていました。


みんなの熱く戦う姿を見守るディーオ。


こんな愉快なお友達も発見!風邪ひかないでね。


大会の結果はこのようになりました。優勝はFCあでだすの二連覇!おめでとうございます!


この後、懇親会でいただく山菜汁を作っていただきました。大蕨地区のみなさん。ありがとうございます!


懇親会開会前にはモンテディオ山形のポケットスケジュール配りをさせていただき、ディーオ自らホームゲームのPRを行います。


優勝したFCあでだすさんの姿を改めて紹介します。最初から最後まで明るく楽しいチームでした。


大会の参加賞には山辺町が誇る舞米豚。


ジュニアユースのみんなも美味しい山菜汁に舌鼓。この後全員がおかわりしてました。


サッカー上手なメンバーも、この日ばかりは珍プレーで盛上げてました。雪に足を取られ、もどかしいシーンもありますが、だからこそ笑いが起き、それがこのイベントの魅力であることを深く感じました。

日本棚田百選にも選ばれた、山形が誇るこの風景を、こうして一年を通しみんなで共有し大切にしていく活動は、世代を超えて山形の地域の結びつきを深めています。ぜひ今後の大蕨地区の棚田再生事業にもご注目頂ければと思います。

 

 

 

新しいニュース一覧古いニュース