ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2018年 5月 レポート

【夢クラス】白鷹町立東根小学校

レポート

日新製薬PRESENTS夢クラス、2018年5月24日五月晴れとなったこの日はモンテディオの選手たちが県内4か所の小学校を訪問しましたが、白鷹町立東根小学校には北川柊斗選手と熊本雄太選手が訪問しました。



二人ともルーキーとして加入し、初めての夢クラスとなるため少々緊張した面持ちで授業が始まります。児童からの始めのあいさつの後、早速選手のサッカーを披露する時間が始まります。



二人からはリフティングやロングシュートを披露、ロングシュートでは北川選手が一発で決めるも、熊本選手は惜しくもそれてしまいます。その後、PKも行いプロサッカー選手の凄さを子供たちに伝えてくれました。

 

 


しっぽ取りゲームでは両選手は和やかに、そして本気で遊ぶ二人の姿がとても印象的でした。

 


その後はいよいよみんなの夢を聞く時間が始まります。
保育士、薬剤師、農家、レーサー、サッカー選手やバレー選手、スーパースターになりたいという児童もいました。その夢を叶えるために何をしていくのかも、みんなきちんと考えて発表してくれました。

 

 


その後は選手から児童への夢を実現するためのアドバイスを伝えました。

北川柊斗選手
「自分はテレビゲームなどをやるよりも、外で遊んだりサッカーしているような子供でした。これから嫌なことやきついこともたくさんあるかもしれないけど、逃げないでチャレンジしていってほしい。それが夢を叶える近道だと思っています。しかし、それでも夢は一人では叶えられません。周りの友達や家族、兄弟から助けてもらって、その人たちを大切にしていってください。」


熊本雄太選手
「自分は、サッカーしながらも勉強もちゃんとしている方でした。小さいころから、練習が少なかったので毎日サッカーして遊んでいました。今もそうですがきついと思うことはありません。サッカーできることがとにかく幸せです。とにかく誰にも負けたくなかったので練習量で勝つように努力してました。応援してくれる人たちがたくさんいることが嬉しいし、力になっています。」


最後に児童のみなさんに選手から、夢クラスに協賛頂いている日新製薬様からの文具とホームゲーム招待券、サイン入り色紙とフラッグをプレゼントし、大変喜んで頂きました。

 



夢をもって記念撮影して東根小の夢クラスは終了と思いきや、そして最後にまさかの熊本選手がロングシュートに再チャレンジ!結果は児童が盛り上がったという事はお伝えしておきます。

 

 


今回の二人が語っていた中で印象的だったのは、今、本当に幸せですという言葉でした。若くして山形に来てくれたこの二人が、プロとして山形で幸せにプレーできているのは私たちにとっても嬉しいことです。



選手たちを白鷹町に呼んでくれてありがとうございました。帰りの車中も二人は「本当に楽しかった」と語ってくれました。またスタジアムでみなさんとお会いできることを楽しみにしています。

 

 

 

新しいニュース一覧古いニュース