ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2015年 7月 トップチーム

【フォトギャラリー】2015明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第2節vs.浦和レッズ

トップチーム

今シーズンから2ステージ制となった2015明治安田生命J1リーグ、前節2ndステージ開幕戦・横浜F・マリノス戦をアウェイの日産スタジアムで戦い、勝ち点1を得たチームは、無敗の1stステージチャンピオン・浦和レッズをNDスタに向かえ、今シーズン2回目のホーム開幕戦を闘います。平日のナイトゲーム、そして試合前からやや強めの雨が降りましたが、10,849人のサポーターがNDスタに駆けつけます。

この試合の市町村応援デーは山辺町です。特設ブースを設置された他、遠藤直幸町長にNDスタにお越し頂き、特産の舞米豚の贈呈と激励を頂きました。

 
さてこの試合のスタメンです。
GK山岸範宏選手
DF宇佐美宏和選手、西河翔吾選手、渡辺広大選手、石川竜也選手
MF宮阪政樹選手、アルセウ選手、キムボムヨン選手
FW松岡亮輔選手、ディエゴ選手、ロメロフランク選手
SUB兼田亜季重選手、當間建文選手、高木純平選手、中島裕希選手、川西翔太選手、山﨑雅人選手、林陵平選手
スタメンは前節横浜F・マリノス戦から3人を変更。高木純平選手、當間建文選手、川西翔太選手に代わって宇佐美宏和選手、西河翔吾選手、松岡亮輔選手が起用されています。宇佐美宏和選手と渡辺広大選手はこれが公式戦NDスタ初出場です。


前節は貴重な同点ゴール、そして本人にとっても多くのサポーターにとっても嬉しいJ1初ゴールを決めた宮阪政樹選手。この日が誕生日と言うこともあり、ゴールを期待するサポーターの大きな声援を受けます。


山岸範宏選手、ディエゴ選手と並びJ1リーグ戦全試合フル出場中の石川竜也選手。


NDスタ初登場となった宇佐美宏和選手。怪我から復帰し1stステージ第2節浦和レッズ戦以来のピッチとなりますが、攻守に存在感を見せます。


そしてこちらもようやくNDスタに登場した「青いコウダイ」。守備の要として期待されながらもNDスタのサポーターにこれまで勇姿を見せることが出来ませんでしたが、この試合はリーグ一の得点数を誇る浦和レッズをゼロ封し「渡辺広大」のプレーを見せつけます。


シュートを放つディエゴ選手。前半はなかなかシュートまで持ち込む機会が有りませんでしたが、そんな中でもチャンスと見ればディエゴ選手は積極的にゴールを狙います。

 
登録上はフォワードでの出場となった松岡亮輔選手。とは言えいつもの様にピッチ上を広く走り回り、スキルの高い浦和レッズの中盤に対抗していきます。

 
ディエゴ選手とともに、攻撃の軸として起用されたロメロフランク選手。積極的にゴールを狙う場面を作りますが、それと共に守備面での貢献も大きな物があります。

 

さほど上背は無いものの、強烈なヘディングの強さを見せるアルセウ選手。中盤の底で「アルセウの壁」として、浦和レッズの攻撃を跳ね返します。


そのアウセル選手はミドルシュートでも見せます。


試合は浦和レッズの強力な攻撃陣を抑えきることに成功したものの、ゴールは奪えず0-0のドローに。とは言え勝ち点1を積み上げ、降格圏脱出となる15位に順位を上げました。


古巣・浦和レッズとの対戦に試合前から大きな注目を集めていた山岸範宏選手は、無失点で試合を終え、その期待に答えました。


試合後、雨の降る中熱い声援を送り続けるサポーターに挨拶をする選手たち。強豪相手に勝ちは出来なかったものの、しっかりと勝ち点を積み上げることが出来たのは、共に戦ってくれたみなさんの熱い声援の賜物です。次の試合も勝利を目指し共に戦いましょう!

 

さて次の試合はアウェイゲームとなり、今週末の7月19日(日)に味の素スタジアムにてFC東京と対戦します(19:00キックオフ)。そして次のホームゲームはその翌週、7月25日(土)にアルビレックス新潟と対戦します(19:30キックオフ、NDスタ)。

厳しい暑さの続く中、J1残留に向けての闘いが続きますが、これまで通りチームとサポーターが力を合わせて「山形総力戦」で闘い続けましょう!ご声援よろしくお願いします。

 

新しいニュース一覧古いニュース