ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2016年 9月 レポート

モンテ棚田米収穫!

レポート

2016年のモンテ棚田米が今年も稲刈りの時期を迎えました。

2016年9月17日(土)は中地区有志の会、グループ農夫の会様が手かける山形県山辺町大蕨での棚田再生事業の稲刈り・杭掛け作業にマスコットの「ディーオ」、弊社代表取締役社長の森谷俊雄はじめ、株式会社モンテディオ山形職員が参加してきました。

この棚田再生事業へのモンテディオ山形の協力は今年で6年目を迎え、当初40アールだった耕作地が、2016年は2.1ヘクタールへと5倍以上に増加しました。クラブは「日本の棚田百選」に
選ばれている大蕨棚田の再生と地区の活性化に協力を続けています。

この日の棚田での稲刈り・杭掛は、中地区有志の会の皆様、グループ農夫の会の皆様、地元である山辺町立山辺小学校サッカースポーツ少年団の子供達、その親御さん総勢80名程で行われました。

子供達の積極的に稲刈り作業。

 


ディーオや弊社社員が稲を運び、杭掛けを行いました。

 

 



ぬかるんでいて体力的にきつい稲刈り・杭掛けですが、子供達は休まず稲を運び、モンテ棚田米作りを楽しんでいます。


さすがに鍛えられている中地区有志の会の皆様たち。まさに頼もしい職人たちという感じです。


その後、田んぼでの昼食会が行われました。必死で汗だくになった稲刈り・杭掛け作業の後の昼食は、格別においしいモンテ棚田米おにぎりと豚汁です。


来月10月はいよいよモンテ棚田米の取り入れと交流会が行われる予定です。みんなで作り上げた大切なモンテ棚田米、本当に楽しみですね。中地区有志の会、グループ農夫の会の皆様はじめ、この棚田再生事業に関わる皆様に改めてお礼申し上げます。またこの事業は人と人の関わり、また人と人の結び付き、そして情熱で続いている事業です。長く、太く繋げていけるよう、我々も全力を傾けてまいります。

 

 

 

 

新しいニュース一覧古いニュース