ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2017年 9月 レポート

【夢クラス】天童南部小学校

レポート

2017年度の夢クラスが9月5日からスタートしましたが、初日に行われたのは3校。児玉剛選手と加賀健一選手は山形県天童市の天童市立天童南部小学校を訪問しました。

往年のユニフォームで彩られたステージに迎えられ大喜びの両選手

子供達も緊張する中、選手二人からご挨拶「大阪弁やけど笑わんといてや」と児玉選手は軽快に語りかけます。

最初にデモンストレーションで児玉選手がリフティングを披露してくれました。プロのサッカー選手を見たことの無い子もおり、会場には子供達の感嘆の声が漏れました。

選手と子供達とののおにごっこ。児童が腰に付けた「しっぽ」を取られないように逃げる尻尾取りゲーム両選手は4本しか取れないという残念な結果に…。
「みんな速いわー!」と児玉選手は感嘆しきりでした。

南部小学校のみなさんの夢を選手に聞いてもらいました。「みんな夢をしっかり持っていて偉い」という選手たちの感想、

それに続き、選手からメッセージが子供達に寄せられました。

児玉選手「自分の夢はワールドカップに出ること。まだ夢は叶っていない。自分の夢が叶わないと思うこともあるかもしれないけれど、諦めずに努力を続けてほしい。だめだと思うこともあるかもしれないけど、視野を広げていろんな世界があることを知ってほしい」

加賀選手「サッカー選手になることは夢ではなく目標であって、まだ通過点に過ぎない。自分も夢はワールドカップに出ること。子供のころからサッカーばかりやってきた。自分もずっと努力してきたがプロになって、自分よりももっと努力している人がいることを知って刺激になった。自分の限界を決めないで、自分以外にも夢に向かって頑張っている人がいると思って努力を続けてほしい。」

児童からの質問の時間では夢を叶えるための真摯な質問がださえました。
「サッカーを辞めたいと思ったことは?」との問いに、二人とも「ないです」ときっぱり。

プロになって嬉しかったことは?との問いに児玉選手は、

「ワールドカップに出て優勝することが夢なので、それが叶ったら喜びたいと思います」

リフティングは何回出来ますかとの問いに対して
「ご飯さえ食べられたらいつまでもできます」と返した児玉選手の回答には、児童達も喜んでました。

子供達の最後の挨拶では「とても楽しくて勉強になる時間だった」と嬉しい言葉を頂きました。

 

両選手のサイン入りフラッグと色紙をプレゼントしました。

「夢を持ち続ける」ことの大切さを二人の選手は児童に伝え続けました。
例え、くじけそうになってもあきらめないで努力を続ける。今でも努力を続ける二人の言葉に、子供達は真剣に耳を傾け続けていました。

「試合、頑張ってください」とハイタッチ、「みんなも夢に向かって頑張ってね」とハイタッチ返しでお別れです。

二人とも初めての夢クラス、たくさんの元気をくれた児童のみなさん、一生懸命歓迎の準備をしてくださった先生方、みなさんのお気持ちは二人の選手にちゃんと届きました。そのお返しはチームの勝利で笑顔を届けます。
ありがとうございました。

 

 

 

新しいニュース一覧古いニュース