ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2018年 3月 トップチーム

【フォトギャラリー】2018明治安田生命J2リーグ第4節vs.FC町田ゼルビア

トップチーム

2018年3月17日(土)にNDソフトスタジアム山形にて開催された2018明治安田生命J2リーグ第4節vs.FC町田ゼルビアの模様をご紹介します。


2月25日に開幕をむかえた2018明治安田生命J2リーグ戦。モンテディオ山形は開幕からの3戦をアウェイで戦い、ようやくこの試合で多くのサポーターが待つNDソフトスタジアム山形でのホームゲーム開催となりました。風にはまだ寒さを感じますが、天気にも恵まれ春らしい陽気の中、NDスタに駆けつけた7,700人を超えるサポーターと共にこの日をむかえました。
新たなシーズンということで、スタジアム内の様々な配置なども新しくなっている部分がありますが、その中で昨シーズンもホーム開幕戦で来場された皆さんを楽しませたメインスタンドゲート間の2枚の大弾幕は2018バージョンに刷新。今年のスローガン「For The Blue」をイメージしたものと「クラブ創設20周年」をイメージしたそれぞれの横断幕はことしもフォトスポットとなっていました。


メディアの立場からクラブの20年を支えて頂いた山形新聞社様に、この試合のマッチスポンサーを務めて頂きました。特設ブースでは山形新聞が伝えたモンテディオ山形の20年をパネル展示頂き、多くのサポーターが昔を懐かしんだり、新たな発見をしていました。

 

「チカラをひとつに。-TEAM AS ONE-」を合言葉に、Jリーグが行っているTeam As One募金。今年もモンテディオ山形は賛同しホームゲーム等で募金受付を行います。この試合でも、メンバー外の選手やディーオが皆様からの募金をお預かりしました。


ファンクラブ会員限定選手サイン会に登場したのは本田拓也選手と加賀健一選手です。


試合前、前節ロアッソ熊本戦でJリーグ通算100試合出場を果たした三鬼海選手への花束の贈呈が行われます。プレゼンターは三鬼海選手のご両親です。


エスコートキッズの子ども達と試合前の記念撮影に収まるイレブン。
この試合のメンバーですがスタメンはゴールキーパー児玉剛選手、ディフェンダー栗山直樹選手・茂木力也選手・熊本雄太選手、ミッドフィルダー三鬼海選手・中村駿選手・松岡亮輔選手・松本怜大選手、フォワード瀬沼優司選手・阪野豊史選手・アルヴァロロドリゲス選手そして控えには櫛引政敏選手・山田拓巳選手・古部健太選手・南秀仁選手・安西海斗選手・汰木康也選手・フェリペアウベス選手となっています。

 (※写真をクリックすると大きなサイズでご覧になれます)

 
キックオフの瞬間、ホーム開幕戦では恒例の紙吹雪が舞い、スタジアムの雰囲気を最高潮に盛り上げます。


今季初先発となった阪野豊史選手。ワントップとして最前線で攻撃の起点となります。


大卒ルーキーながら前節のアウェイ・ロアッソ熊本戦でJリーグデビューを果たした熊本雄太選手はこの試合でもフル出場。ホームのサポーターに持ち味の高さを見せつけます。


今季初出場となった松岡亮輔選手。ピッチを幅広く動き回り、攻守に絡んでいきます。


ここまで全試合フル出場し中盤で大きな存在感を示す中村駿選手。プレースキックで見せる正確な右足もチームの武器となっています。


この試合では最終ラインに入り3バックのセンターとしてディフェンス陣をリードした茂木力也選手。


三鬼海選手は右サイドを何度も果敢に攻め上がり鋭いクロスを入れます。


開幕戦以来の試合出場となった松本怜大選手は古巣・FC町田ゼルビアとの対戦となります。


前半9分に先制を許しリードされる苦しい展開となりましたが、後半の52分、アルヴァロロドリゲス選手のゴールがスタジアムの雰囲気を一気に変えます。


右サイドから瀬沼優司選手がクロスを上げると、エリア正面で阪野豊史選手が頭でコースを変え、左サイドのアルヴァロロドリゲス選手に送ります。これをアルヴァロロドリゲス選手は左足で流し込みゲットゴール!Jリーグ初ゴールをマークします。


さらに後半途中からピッチに立った南秀仁選手が、巧みなポジション取りとテクニックで攻撃のテンポを上げて行きます。

 

すると83分、右コーナーキックからのボールがゴール前でこぼれたところを阪野豊史選手がすばやく反応、ゴールに押し込み逆転に成功します。


期待の新外国人選手に加えエースの今季初ゴールでスタンドの雰囲気もさらに大きな盛り上がりを見せます。


ところが試合終了間際の89分、セットプレーからFC町田ゼルビアにゴールを許してしまい、試合は振り出しに。モンテディオ山形の選手達はアディショナルタイムもゴールを目指して戦い続けますが叶わずタイムアップ。試合は2-2の引き分けとなりました。


先制されるも逆転に成功した流れだっただけに残念な結果とも言えますが、しかし期待のアルヴァロロドリゲス選手やエースの阪野豊史選手がゴールを決めるなど今後の戦いに向け勢いがつく内容でも有りました。次の試合は引き続きホームゲームとなります。ぜひ次の試合こそ勝利をおさめたくさんのサポーターの皆さんと歓びを分かち合えるよう、ぜひNDスタにお越し頂き、チームへの大きなご声援をよろしくお願いします。

 

次の試合は...

2018明治安田生命J2リーグ 第5節 vs.横浜FC
3/21(水・祝)14:00キックオフ 
会場/NDソフトスタジアム山形

 

 

 

新しいニュース一覧古いニュース