ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2018年 5月 トップチーム

2018明治安田生命J2リーグ第16節 ツエーゲン金沢戦 試合後選手コメント

トップチーム

No.17 中村駿選手

(Q.ゴールシーンを振り返って)

あまり覚えてないですが、まず点を取れたことが良かったかなと思います。あの時間取れてなかったら(試合は)本当に分からなかったと思うので、早い時間に取れてよかったなと思います。

(Q.自身のゴールでチームが勢いづいたという実感はありましたか?)

勢いづいたというか、まあでも、勢いづいたんですかね(笑)

まあポジティブに捉えて勢いづいたかなと思います。

(Q.あの形は練習していた形ですか?)

(南)秀仁だったり、(汰木)康也だったり、(小林)成豪だったり、近い距離に居ればあそこは崩せると思ったので、それに自分も絡みながら、そうすればいい形で崩せたので良かったかなと思います。

(Q.前半相手に退場者が出ました。後半はどの様な気持ちで?)

前半不甲斐ない時間を過ごしてしまったので、そこからもう一回気持ちを入れ直してやろうとなったので、そこで後半立ち上がりにしっかり点を取れたことが良かったかなと思います。

(Q.自身もがんがんシュートをねらっていこうと?)

前半も、シュートは少なかったので、狙っていけたら良いかなというふうに思ってました。

(Q.後半も危ない時間がありました)

2-1になってから、その時間の使い方があまり良くなかったので、相手の速い選手にスペースを与えてしまったり、自分たちで簡単にボールをロストして、そこから攻められたり、そこは課題だと思うので、その時間の使い方というのはもう少し上手く出来たらなと思います。

(Q.次はアウェイで岡山との対戦です。意気込みを)

自分たちのやることは変わらないと思うので、しっかり守備から入りながら、自分たちの少ないチャンスをしっかり決めきるというところをやっていけたらと思います。いま不甲斐ない順位にいるので、ここから這い上がっていくには連勝が必要になってくると思うので、しっかり勝って帰ってきたいなと思います。

(Q.今日の勝利は下位脱出のきっかけになると思いますか?)

ここ2試合引き分け引き分けで来ていて、勝つチャンスはあったのですが、なかなか勝てなかったので、ここでしっかり勝って、次に繋げられたらなと思います。


No.18 南秀仁選手

(Q.山形初ゴール、しかも勝ち越しゴールでした。決めた瞬間の気持ちは?)

素直に嬉しかったです。去年一年怪我していて取れなかった分、強い感情がこみ上げました。

(Q.すぐにサポーターのところに行きハイタッチもしていました)

そうですね、はい。

(Q,どういう思いがありましたか?)

去年、チームに貢献できなくて、サポーターの人も怪我している時も声かけてくれていたので、点取ったらサポーターの皆さんのところに行きたいなと思ってたので、良かったです。

(Q.昨シーズン序盤に怪我をして長いリハビリの期間はどの様にすごしていました?)

普段しない筋トレをしてみたり、普段しないことをしてみて、復帰してみて凄く体に変化があるので、ある意味良かったかなと思います。

(Q.今シーズンにかける思いは特別では?)

 

去年プレー出来なかった分、サッカーがしたいという気持ちも有りますし、チームを勝たせたいという気持ちも有るので。

(Q.ゴールシーンですが、カウンターで小林選手からボールが来た時は?)

一番はファーストタッチを相手に触られないところに置けたので、そこでもう80%くらい決まったかなと、という感じでした。(その後は)キックフェイントを2回入れて、キーパーが倒れるのが見えたので、左に浮かせば入るかなと思って打ちました。


(Q.次は岡山との対戦です。どの様な点に気をつけて?)

そんなに実力差は無いと思いますし、自分たちのサッカーが出来れば必ず勝つチャンスはあると思うので、勝ち点3を目指していきたいです。

(Q.ゴール決めて戻ってくる時に中山選手からは何か?)

他の選手達以上にいつも一緒にいるので、ちょっとなんかお兄ちゃん的なところを出してきました(笑)

(Q.何て言われたんですか?)

ナイスって言ってました(笑)

(Q.やっぱり違うものありますか?)

チームメイトの中でも、ほんとに兄のように慕っているので、嬉しいですね。


 

 

 

新しいニュース一覧古いニュース