ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2018年 7月 トップチーム

【フォトギャラリー】2018明治安田生命J2リーグ第21節vs.FC岐阜

トップチーム

2018年6月30日(土)にNDソフトスタジアム山形にて開催された2018明治安田生命J2リーグ第21節vs.FC岐阜の模様をご紹介します。

日中は夏を思わせる暑い一日でした。その中で、晃永運輸株式会社×ZAIZEN FOOTBALL SCHOOLが開催され、子どもたちがボールを追いかけます。その中心にいたのは、NDソフトスタジアム山形のピッチに帰ってきたモンテディオ山形の元10番・財前宣之さん。変わらぬテクニックを披露しながら、楽しそうに子どもたちとボールを追いかけます。


この試合は長年チームをご支援頂いているJA全農山形様による「JA全農山形さくらんぼサンクスマッチ」として開催されました。美味しくて楽しいイベントが行われ、来場者の方を笑顔にします。


さくらんぼの販売ブースでは松岡亮輔選手がお手伝いさせて頂きます。


この他ブースでも選手たちがお手伝い。レディースデー企画の女性限定『切りバラ』プレゼントブースでは瀬沼優司選手が来場者の方にプレゼントさせて頂きました。

 
ピッチ内ウオーミングアップ前、山形市役所サポーターズクラブによる前半戦のMVP表彰、さくらんぼ大賞の授与が行われました。選ばれたのは守備の要としてチームを牽引した栗山直樹選手でした。

 

エスコートキッズの子ども達と試合前の記念撮影に収まるイレブン。この試合のメンバーは以下の通りです。
GK 櫛引政敏選手
DF 加賀健一選手・栗山直樹選手・松本怜大選手
MF 三鬼海選手・本田拓也選手・中村駿選手・山田拓巳選手
FW 南秀仁選手・阪野豊史選手・小林成豪選手
SUB 児玉剛選手・茂木力也選手・松本怜大選手・アルヴァロ ロドリゲス選手・汰木康也選手・北川柊斗選手・中山仁斗選手
松本怜大選手が熊本雄太選手に代わってスタメン起用された以外は、前節徳島ヴォルティス戦と同じメンバーとなっています。

 (※写真をクリックすると大きなサイズでご覧になれます)

 
ここ9試合負けなし、そして4連勝となったチームを最後尾で支えるゴールキーパー櫛引政敏選手。


フォワードながら攻撃だけでなく守備での貢献も見せる阪野豊史選手。好調なチームを最前線で引っ張ります。


そして中盤でチームをコントロールするのは本田拓也選手。ハードワークと気の利いたプレーで攻守のバランスを取ります。


守備の要・センターバックの栗山直樹選手は、得意のヘディングで攻撃でも存在感を見せます。


前半25分、相手陣内で小林成豪選手がボールを奪うと相手エリア前にドリブルで運び、右側を駆け上がった南秀仁選手にパスを送ります。


これを受けた南秀仁選手は冷静にゴールに沈め先制点をゲット!


試合の流れを引き寄せる得点を決めた南選手に、チームメイトが祝福をします。


さらに3分後、今度は右コーナーキックからゴール前で栗山直樹選手が強烈ヘッド。これは相手ゴールキーパーが何とか防ぎますが、詰めていた松本怜大選手が押し込み追加点!


松本怜大選手の今季初ゴール、そしてモンテディオ山形の選手としても初ゴールとなる得点で、さらに優位にゲームを進めることになりました。


右サイドを激しくアップダウンする山田拓巳選手。試合展開としてはFC岐阜にボールを持たれる時間が長くなったものの、モンテディオ山形の選手たちはそれぞれの役割を全うし、得点を与えません。


ハーフタイムには、この日レディースデーのイベントのために来場したものまね芸人みかんさんにもお手伝いいただいて、8月11日に開催される山形県民応援デーの告知をしました。みかんさんが着ているのが、来場者先着15,000人にプレゼントするサポーターズユニフォームです。詳しくはこちらのページをご覧ください。
~夏休みホーム4試合は「モンテの夏祭り」~ 8月11日は山形県民応援デー 15,000名に今年もサポーターズユニフォームプレゼント


この試合、J2リーグ戦では4試合振りのスタメン起用となった松本怜大選手。持ち味のスピードと得意の左足で、得点の場面だけでなく攻守に期待に応えます。


中盤で攻守のつなぐ中村俊選手。昨シーズンモンテディオ山形に期限付き移籍をしていた長沼洋一選手のマークを受けながらボールをキープします。

 

タイミングを見計らって右サイドのスペースへ走り込む三鬼海選手。そこにロングパスが送られるとチャンスが生まれます。


試合終了間際ピッチに立った茂木力也選手。2-0で進んだ試合をそのままクローズする役割をきっちりと果たします。そしてタイムアップ。モンテディオ山形は4連勝でJ2リーグを折り返すことになりました。


この試合のヒーローに選ばれたのは、攻守両面で活躍を見せた松本怜大選手でした。

 


試合後勝利の喜びを分かち合う選手とサポーターの皆さん、シーズン序盤はなかなか結果が出ず苦しい時期もありましたが、変わらず支えてくれた皆さんの力もあり、ぐっと調子を上げてシーズンを折り返すことが出来ました。長いシーズンはまだまだ続きますが、目標のJ1昇格に向けて、力を合わせて戦い続けましょう!

 

 

さて次の試合はアウェイゲームとなり、7/7(土)18:00キックオフ 2018明治安田生命J2リーグ 第22節vs.横浜FC(会場/ニッパツ三ツ沢球技場)となります。引き続き熱いご声援よろしくお願いします。

 

 

 

 

新しいニュース一覧古いニュース