ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2018年 7月 トップチーム

【フォトギャラリー】2018明治安田生命J2リーグ第25節vs.ファジアーノ岡山

トップチーム

2018年7月25日(水)にNDソフトスタジアム山形にて開催された「大和証券プレゼンツマッチ」2018明治安田生命J2リーグ第25節vs.ファジアーノ岡山の模様をご紹介します。

7月8月の試合はホームゲームは「モンテの夏祭り」として開催。この試合でもこども縁日が開催されたくさんの子供たちに楽しんでもらいました。次の8/11の東京ヴェルディ戦8/25の愛媛FC戦でも夏祭り企画は続きますので、ぜひお楽しみにしていて下さい!

 


試合開始前、先日西日本で発災した平成30年7月豪雨災害への義援金募金活動が選手も参加して行われました。モンテディオ山形に新加入となったブルーノ・ロペス選手ももちろん参加。たくさんの方から大切な募金をお預かりしました。ご協力を頂き、誠にありがとうございました。


選手サイン会にはこちらも新加入の田村友選手が登場。後半戦に向けて期待の選手の登場にサポーターの皆さんにも喜んで頂けました。


試合前にはこの試合のマッチスポンサーを務めて頂いた大和証券株式会社山形支店様より、花束の贈呈を頂きます。


エスコートキッズの子ども達と試合前の記念撮影に収まるイレブン。この試合のメンバーは以下の通りです。
GK 櫛引政敏選手
DF 熊本雄太選手・栗山直樹選手・坂井達弥選手
MF 山田拓巳選手・安西海斗選手・中村駿選手・古部健太選手
FW 南秀仁選手・中山仁斗選手・汰木康也選手
SUB 児玉剛選手・西村竜馬選手・本田拓也選手・小林成豪選手・フェリペアウベス選手・阪野豊史選手・北川柊斗選手
スタメンを前節より5人入れ替えて臨みます。

 (※写真をクリックすると大きなサイズでご覧になれます)

試合開始前、平成30年7月豪雨災害で犠牲になられた方への黙祷が行われます。


スタンドにはサポーターよりメッセージも掲げられました。



2試合振りのスタメンにとなった安西海斗選手。中盤から繰り出す縦への楔のパスで攻撃の起点となります。


スリートップの中では唯一前節に引き続いてスタメンとなった南秀仁選手。巧みなボールキープからの相手ディフェンス陣の急所を突くパスで攻撃を牽引します。


第12節アビスパ福岡戦以来のスタメンとなった中山仁斗選手。南秀仁選手や汰木康也選手と攻撃を組み立てながら、シュートチャンスには思い切りよく積極的にシュートを放ちます。


2試合振り4試合目の試合出場となった古部健太選手。多くのポジションをこなせる器用さがあり、この試合では左のウイングバックで起用されると安定感の有るプレーで期待に応えます。


中盤で攻守をリードしたのは中村駿選手。守備のバランスを保ちつつ、チャンスと見れば前線に飛び出して行きます。


こちらも第12節アビスパ福岡戦以来の試合出場となった坂井達弥選手。田村友選手の移籍加入でライバルが増えた形ですが、先発起用の期待に応えるプレーを見せ無失点勝利に貢献します。


ここのところ後半の攻撃の切り札としての起用が多く、スタメンは11試合振りとなった汰木康也選手は、前半から得意のドリブルで積極的に仕掛けて行きます。


堅守が特徴の両チームの対戦だけになかなかスコアは動かず0-0で折り返すと、何としてもホームでの勝利をおめたいモンテディオ山形は後半途中からチーム内で現在最多得点の小林成豪選手を投入。ゴールを目指す姿勢を一段と強めます。


シュートチャンスにゴール前に走り込んでシュートを狙う山田拓巳選手。ウイングバックのポジションだけに回数こそ少ないものの、ここぞのチャンスにゴール前に飛び込むのも山田拓巳選手の持ち味の一つ。


攻勢を強めるモンテディオ山形はフェリペアウベス選手をピッチへ投入。


さらに3枚目の交代カードもフォワードの北川柊斗選手。後半戦に入って未勝利なこと、そして何より前節ホームで悔しい敗戦をしているために、何としてでも勝利をおさめるべく最後の最後まで戦う意志を見せます。


もちろん勝利の為には失点は許されません。ディフェンスラインでは栗山直樹選手を中心に集中してゴールを守ります。


すると試合終了間際の90+4分、パワープレー気味に前線に残っていたという栗山直樹選手からのラストパスで抜け出した小林成豪選手がゴールキーパーとの一対一を冷静に決めゴール!勝利を掴む1点をゲットしました。


試合はこのまま1-0でタイムアップ。試合終了のホイッスルを聞いた選手たちの表情がこの勝利の価値を物語っています。


この試合のヒーローに選ばれたは決勝ゴールの小林成豪選手。小林選手は今季これで8ゴール目。


ラストプレーでの逆転負けという悔しい試合から4日後、今度はアディショナルタイムのゴールで勝利とその悔しさを晴らす試合を見せてくれた選手たちを称えるサポーターの皆さん。これでまたJ1昇格での戦いに向けて大きな勢いが出てきました。


そして試合後のお楽しみがもう一つ。それは中央エリア・ブルーキッチン 女神像前で行われた『勝利の乾杯・MONTEDIO YAMAGATA KANPAI 2018 summer』です。決勝ゴールの小林成豪選手と北川柊斗選手が登場し、サポーターの皆さんと喜びを分かち合います。8/11東京ヴェルディ戦、8/25愛媛FC戦でも実施予定ですので、次も実施できるよう勝利に向けて力を合わせて戦いましょう!


さて次の試合は7/29(日)18:00キックオフ 2018明治安田生命J2リーグ 第26節 カマタマーレ讃岐戦(Pikaraスタジアム)となります。そしてもう一戦アウェイゲームを行った後、いよいよ8/11(土)山形県民応援デー・東京ヴェルディ戦(18:00キックオフ/NDソフトスタジアム山形)が開催されます。先着15,000名様サポーターズユニフォームプレゼントの他楽しいイベント盛りだくさん!
ぜひ当日はご家族やお友達と一緒にスタジアムにお越し下さい!

◎8/11 山形県民応援デー・東京ヴェルディ戦特設ページ

 

 

 

 

新しいニュース一覧古いニュース