ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2018年 8月 トップチーム

【フォトギャラリー】2018明治安田生命J2リーグ第30節vs.愛媛FC

トップチーム

2018年8月25日(土・祝)にNDソフトスタジアム山形にて開催された「NCV開局30周年サンクスマッチ」2018明治安田生命J2リーグ第30節vs.愛媛FCの模様をご紹介します。

 

試合前のピッチではアイジー工業株式会社様ご協賛のモンテディオ山形サッカースクールが開催され、たくさんの子供たちがボールを追いかけます。射庭康太朗選手とクボンヒョク選手も参加。サッカーを一緒に楽しみました。


この試合は「株式会社ニューメディア」様による「NCV開局30周年サンクスマッチ」として開催。ショルダーバックプレゼントやジャンボガラポンなどで試合を盛り上げて頂きました。


グッズコーナーでは毎試合新商品が登場していますが、この試合に登場したのはこの「だっこディーオ」。スタジアムだけでなく日頃の暮らしの中に置いておきたくなる可愛さということで、
だっこディーオと一緒との日常を「#だっこディーオ」でInstagramに投稿頂くフォトコンテストを開催しています。ホームゲーム、アウェイゲームはもちろん、日常生活や旅先、お子様や家族、友人と一緒の写真など自由に投稿ください。下記「#だっこディーオ」のハッシュタグと一緒にモンテディオ山形への応援メッセージもぜひつけて投稿をして下さい。
詳しくは...「だっこディーオInstagramフォトコンテスト


この試合は米沢市・中山町・高畠町・庄内町の市町村応援デーとして開催されたくさんの方にスタジアムに足を運んで頂いた他、各市町村から贈呈を頂きました。米沢市からは米沢牛ビーフカレーを、


中山町からは佐藤俊晴町長にもご来場いただきすももを贈呈頂きました。皆様方には常日頃から熱いご支援を頂き、改めて御礼申し上げます。


エスコートキッズの子ども達と試合前の記念撮影に収まるイレブン。この試合のメンバーは以下の通りです。
GK 児玉剛選手
DF 田村友選手・熊本雄太選手・松本怜大選手
MF 三鬼海選手・本田拓也選手・中村駿選手・山田拓巳選手
FW 楠神順平選手・阪野豊史選手・小林成豪選手
SUB 櫛引政敏選手・安西海斗選手・内田健太選手・フェリペアウベス選手・中村駿太選手・ブルーノロペス選手

 (※写真をクリックすると大きなサイズでご覧になれます)


モンテディオ山形の選手として初めてNDソフトスタジアム山形のピッチにたった楠神順平選手。シャドーストライカーの位置で高いテクニックを活かしてチャンスメイクをします。


この試合でセットプレーを蹴るのは三鬼海選手と中村駿選手。セットプレーはチームの得点源の一つとなっており、二人のキックに期待がかかります。



天皇杯4回戦FC東京戦から中2日の試合となりましたが、共に先発しフルタイム出場となった松本怜大選手。スピードを活かした守備と機を見た攻め上がりで攻守に貢献します。

 
3バックの右に入ったのは、J2リーグ戦は3試合振りの出場となった田村友選手。高さのある守備だけでなく攻撃の起点となるフィードも見せます。


PK戦までもつれ込んだ天皇杯4回戦FC東京戦で、見事なPKストップで勝利を引き寄せた児玉剛選手はこの試合でもいくつもの好セーブを見せます。


キャプテンの山田拓巳選手は、激しい上下動を求められるウイングバックのポジションながら天皇杯4回戦FC東京戦での120分間フル出場に続いてこの試合でも90分間フル出場。タフネスさを見せます。


後半途中からの出場となった北川柊斗選手。シャドーストライカーのポジションに入ると、積極的なライン裏への飛び出してチャンスを作っていきます。


なかなか決定的なチャンスまでいかない試合の中、小林成豪選手は得意のドリブルで何とか局面を打開しようとします。


前半先制を許し0-1で折り返すと、後半もなかなかゴールを奪うことが出来ずに時間が進みます。そんな中、北川柊斗選手の投入の後、フェリペアウベス選手とブルーノロペス選手を一気に投入する2枚替えでゴールを目指します。


セットプレーのチャンスに、ヘディングでシュートを狙いに行く熊本雄太選手。


後半も残りわずかとなった88分、待望のゴールが生まれます。左サイドからフェリペアウベス選手が上げたクロスはブルーノロペス選手がヘディングで合わせますがこれは相手ゴールキーパーに弾かれます。しかしすかさず小林成豪選手がゴールに叩き込んでゴール!土壇場で同点に追いつきます。


後半途中からの出場となったブルーノロペス選手は、さらなるゴールを目指し最後の最後まで前線を走り続けます。


しかし試合は1-1のままタイムアップ、引き分けとなりました。試合終了のホイッスルとともにピッチに座り込む両チーム選手の様子に、この試合のハードさが表れています。


試合後打ち上げられたクラブ創立20周年記念の花火。
J1昇格を目指す上では何としても勝ち点3がほしい試合ではありましたが、厳しい日程とコンディションを考えれば、勝ち点1でも積み上げるという執念が表れた試合でもありました。残りシーズンは3分の1となりましたが、最後の最後まで力を合わせて戦い続けましょう!

 

さて次の試合は引き続いてホームとなり、9月1日(土)19:00キックオフ 2018明治安田生命J2リーグ第31節 vs.ロアッソ熊本(会場/NDソフトスタジアム山形)となります。ぜひスタジアムにお越し頂き、熱いご声援をよろしくお願い致します!

 

 

 

 

新しいニュース一覧古いニュース