ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2018年 10月 トップチーム

【フォトギャラリー】2018明治安田生命J2リーグ第38節vs.アビスパ福岡

トップチーム

2018年10月21日(日)にNDソフトスタジアム山形にて開催された「雪若丸 サンクスマッチ」2018明治安田生命J2リーグ第38節vs.アビスパ福岡の模様をご紹介します。

 

この試合はユニフォームスポンサーとしてもお馴染みの「雪若丸 サンクスマッチ」として開催されました。特設ブースでは雪若丸シート米がもらえるダーツゲームを実施して頂いたり、新米「雪若丸」を使用した山形牛丼、山形豚丼、特製おにぎりや人気の山形牛ミニステーキを販売をして頂きました。

 

試合前のピッチではハクジュ山形様による認知症予防を目的とした健康イキイキフィットネス教室を開催。モンテディオ山形アカデミーコーチに中村駿太選手も加わり、サッカーボールなどを使って、世代を超えて楽しい雰囲気の中、健康づくりの運動が行われました。


ピッチサイドでは山形県内総合型地域スポーツクラブのキッズダンス教室やパフォーマーが集結し「MONTEキッズダンス・ショー」が行われ、たくさんの子どもたちが日頃練習しているダンスの成果を見せたパフォーマンスで、会場を盛り上げます。


モンテディオ山形は日頃より、様々な地域の皆様から厚いご支援を頂いていますが、この試合でも贈呈を頂きます。JAグループ山形様からモンテディオ山形支援募金3,300,000円を、


この試合が市町村応援デーだった舟形町からは森 富広町長にもご来場いただき、舟形マッシュカレーの贈呈を頂きました。改めて御礼申し上げます。


ピッチ内ウォーミングアップ前、9月の山新月間MVP賞の表彰が行われます。選ばれたのは、9月に開催された全6試合にフル出場しチームを牽引したキャプテン・山田拓巳選手です。


まさにサッカー日和と言える晴天のもと、両チームの選手がピッチに入場します。


エスコートキッズの子ども達と試合前の記念撮影に収まるイレブン。この試合のメンバーは以下の通りです。
GK 櫛引政敏選手
DF 西村竜馬選手・栗山直樹選手・松本怜大選手
MF 三鬼海選手・中村駿選手・アルヴァロロドリゲス選手・内田健太選手
FW 南秀仁選手・ブルーノロペス選手・小林成豪選手
SUB 児玉剛選手・山田拓巳選手・安西海斗選手・汰木康也選手・楠神順平選手・フェリペアウベス選手・中山仁斗選手

 (※写真をクリックすると大きなサイズでご覧になれます)

 

試合開始早々の前半9分、モンテディオ山形がスコアを動かします。左サイド深いところから内田健太選手が得意の左足でゴール前に鋭くボールを入れると、


これをブルーノロペス選手がヘディングでしっかりと決めゴール!先制点となります。


今季初先発となったブルーノロペス選手は気合のこもったプレーでこの後も攻撃を牽引します。


ここ4試合スタメン出場とここに来て出場時間を伸ばしている西村竜馬選手。持ち味の高さでハイボールを次々と跳ね返していきます。


三鬼海選手は南秀仁選手やアルヴァロロドリゲス選手との連携も良く、右サイドで攻撃の起点となります。


この試合、ボランチで起用されたアルヴァロロドリゲス選手。本来のポジションより低い位置でのプレーですが、巧みなボール扱いと的確な展開のパスで攻撃を司ります。


先制後すぐにゴールを許してしまい同点に追いつかれますが、前半のアディショナルタイムにコーナーキックからのボールがこぼれたところを栗山直樹選手が押し込み、2-1とリードして試合を折り返します。


ハーフタイムにはモンテディオ山形ユースの半田陸選手がピッチサイドに登場。半田選手は先日マレーシアで開催されたAFC U16選手権でU-16日本代表のキャプテンとして全試合フル出場。来年開催されるU-17ワールドカップの出場権を得るとともにAFC U-16選手権優勝も果たしました。その報告をする半田選手にスタンドから大きな拍手が送られます。


後半途中からピッチ立った楠神順平選手。高いテクニックをいかして攻撃に勢いを与えます。


この試合のゲームキャプテンは中村駿選手。今季ここまでチーム最多の出場試合数/出場時間となっており、ピッチの中央で欠くことのできない存在感を見せます。


ここのところ先発出場が続いていた安西海斗選手ですが、この試合では後半途中からの出場となります。
さて試合の方ですが、終了間際までリードする展開となりこのまま終了のホイッスルを聞くだけというところまで来ましたが、アディショナルタイムにまさかの失点。同点に追いつかれるとそのまま試合終了となってしまいました。


ほぼ勝ちを手中に収めていただけに本当に悔しい引き分けとなってしまいました。次こそ、90分間熱いご声援続けてくれた皆さんの期待に勝利で答えられるよう全力を尽くしていますので、引き続き熱いご声援、よろしくお願いします。

 

さて次の試合は 10/24(水)19:00キックオフ 天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝 vs.川崎フロンターレ(会場/NDソフトスタジアム山形)となります。
現在J1で首位を行く強豪チームとの対戦となりますが、ホームスタジアムでの開催となりますので、ぜひスタジアムにお越しいただき、熱いご声援よろしくお願いします。

 

 

 

 

新しいニュース一覧古いニュース