ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2019年 3月 トップチーム

【フォトギャラリー】2019明治安田生命J2リーグ第5節vs.FC琉球

トップチーム

2019年3月24日(日)にNDソフトスタジアム山形にて開催された2019明治安田生命J2リーグ第5節vs.FC琉球の模様をご紹介します。


前節に引き続きホームゲームとなったこの試合は、今季J2初昇格ながら開幕戦からの4連勝で首位に立つFC琉球をむかえての一戦となりました。

山形県内は前日夜より雪が降り朝方のNDソフトスタジアム山形のピッチはご覧の通り真っ白に。しかし積雪の対応については実績があるだけに、開門の頃にはご覧のような緑のピッチに。天気も良くなり良いコンディションで初対戦のFC琉球を迎えます。

 


この試合は今季から新たにユニフォームサプライヤーとなったPENALTYの「PENALTY SPECIAL DAY」として開催され、特設ブースではPENALTYオリジナルタオルマフラーを購入すると豪華賞品が当たる「PENALTY一丸くじ」を開催。用意された限定700本のタオルマフラーは開門前にはすでに完売となっていました。

 


シーズンシート・ファンクラブ会員限定サイン会には、北川柊斗選手と高橋壱晟選手が登場です。


試合開始前、前節の大宮アルディージャ戦でJリーグ通算100試合出場を果たした中村駿選手に花束が贈呈されます。プレゼンターは中村駿選手のご両親です。


エスコートキッズの子ども達と試合前の記念撮影に収まるスターティングイレブン。この試合のメンバーは以下の通りです。
GK 櫛引政敏選手
DF 熊本雄太選手・栗山直樹選手・坂井達弥選手
MF 三鬼海選手・中村駿選手・本田拓也選手・山田拓巳選手
FW 坂元達裕選手・ジェフェルソンバイアーノ選手・井出遥也選手
SUB 佐藤昭大選手・ホドルフォ選手・柳貴博選手・岡﨑建哉選手・アルヴァロロドリゲス選手・阪野豊史選手・大槻周平選手
モンテディオ山形は勝利をおさめたスタメンは前節と同じスタメンで試合に臨みました。

(※画像をクリックすると大きなサイズでご覧頂けます)


この試合では開幕戦以来の失点を喫してしまいましたが、5試合でわずか3試合の堅守の中心にいるのは、栗山直樹選手。この試合でもチームメイトとともに粘り強い守備を見せます。


もちろんゴールキーパーの櫛引政敏選手も堅守を支える一人。この試合でもPKによる失点こそありましたが、鋭い反応で随所に好プレーを見せゴールを守ります。


ピッチ状を幅広く走り回り、巧みなボールキープや鋭いドリブルでチャンスに絡む坂元達裕選手。


ここまで全試合フルタイム出場の本田拓也選手は、激しい寄せからボールを奪うと前線にボールを配給していきます。


右サイドの三鬼海選手は、坂元達裕選手や熊本雄大選手とのコンビや高い個人技で相手守備陣を破ると、ゴール前へと鋭くボールを入れていきます。


山田拓巳選手選手はこの試合でも激しいアップダウンを見せ、チームを牽引します。


前節に続きスタメンとなった坂井達弥選手。集中力のあるプレーでチームに貢献します。


後半の61分からピッチにたった大槻周平選手は、持ち味の運動量とアグレッシブさで、攻撃を活性化します。


後半の64分、PKによって先制されると、ホームでなんとしても勝利をおさめたいモンテディオ山形の選手たちは、攻勢を強めていきます。前節強烈なドリブルをサポーターの見せつけたジェフェルソンバイアーノ選手も、ゴールを目指してより攻撃的なプレーを見せます。


開幕戦以来4試合ぶりの出場となったアルヴァロロドリゲス選手も積極的にゴールを目指していきます。


すると88分、フリーキックを得ると三鬼海選手がゴール前へとボールを送ります。これに大槻周平選手、ジェフェルソンバイアーノ選手と続けざまにシュートを放つも阻まれますが、


最後は熊本雄大選手が押し込んでゲットゴール!


PKを与えてしまったので何とかしたかったという熊本選手のゴールは自身のJリーグ初ゴール。ゴール後はベンチに一直線に走り、仲間と喜びを分かち合います。


残すはアディショナルタイムのみとなった状況でも両チームの選手たちはゴールを目指して戦い続けます。ボランチのポジションで攻守に貢献する中村駿選手も最後の最後まで足を止めることなく戦い続けます。


前節に続き後半途中からの出場となった阪野豊史選手も最後までゴールを目指して走り続けます。


しかし試合は1-1のままタイムアップ。終了を告げるホイッスルが吹かれると、全てを出し切った両チームの選手がピッチに上に座り込みます。


試合後、寒さの中90分間熱い声援を送り続けてくれたサポーターに挨拶をする選手たち。結果によっては首位に立つチャンスもあっただけに勝てたのではとやや残念な思いもありますが、しかし最後の最後まで諦めずに戦う姿勢を見せてくれたチームには、サポーターの皆さんから大きな声援が送られました。

 

 

さて次の試合はアウェイゲームとなり 3/30(土) 14:00キックオフ 2019明治安田生命J2リーグ 第6節 vs.栃木SC(会場/栃木県グリーンスタジアム)となります。
目標のJ1昇格を果たすためにも、まずは次の試合で勝利を得られるように、チームとサポーターが一丸となって戦い続けましょう。次節も熱いご声援よろしくお願いします!

 

 

新しいニュース一覧古いニュース