ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2019年 6月 トップチーム

【フォトギャラリー】2019明治安田生命J2リーグ第18節vs.水戸ホーリーホック

トップチーム

2019年6月15日(土)にNDソフトスタジアム山形にて開催された2019明治安田生命J2リーグ第18節 vs.水戸ホーリーホックの模様をご紹介します。

この試合ホームに迎えた水戸ホーリーホックは、前節までモンテディオ山形と同じ勝ち点33を得て、得失点差僅か1の差で首位に立っています。2000年のシーズンから続く水戸ホーリーホックとの対戦は、昨年まで通算試合数は47(山形の24勝-10分-13敗)と、J2の中でも屈指の対戦試合数の多さとなっており、様々な交流がありましたが、首位攻防戦とあって両チームのサポーターとも普段以上の力が入る試合となりました。

この試合はJA全農山形様による「JA全農山形さくらんぼサンクスマッチ」として開催。この時期の山形の季節を象徴するさくらんぼをはじめ、山形の食の代名詞・山形牛のステーキの販売もあり、首位攻防戦に向けて気合の入ったサポーターに、さらにより大きなパワーをチャージしていました。


試合翌日の6月16日(日)は父の日とあって、父の日イベントも開催されます。お父様と一緒にスタジアムにお越し頂いた方へのプレゼントを行ったほか、親子の写真を撮影させて頂きました。これは明日父の日に、モザイクアートとしてクラブホームページと、オフィシャルソーシャルメディアにてご紹介させて頂きました。


シーズンシート。ファンクラブ会員限定の選手サイン会には井出遥也選手と坂井達弥選手が登場しました。


山田拓巳キャプテンを先頭に選手たちがピッチに登場します。


エスコートキッズの子ども達と試合前の記念撮影に収まるスターティングイレブン。この試合のメンバーは以下の通りです。
GK 櫛引政敏選手
DF 熊本雄太選手・野田裕喜選手・松本怜大選手
MF 柳貴博選手・本田拓也選手・中村駿選手・山田拓巳選手
FW 坂元達裕選手・阪野豊史選手・大槻周平選手
SUB 佐藤昭大選手・栗山直樹選手・岡﨑建哉選手・アルヴァロロドリゲス選手・南秀仁選手・ジェフェルソンバイアーノ選手・北川柊斗選手

(※画像をクリックすると大きなサイズでご覧頂けます)

 

3試合続いてのスタメンとなる柳貴博選手は出場試合数が増えると共に持ち味を発揮。ピッチ上を所狭しと走り回り、周囲との連携も良く攻守に貢献します。


思い切りの良い飛び出しでボールを弾き飛ばす櫛引政敏選手。激しい雨と濡れたピッチコンディションというゴールキーパーにとっては厳しい条件の中でも安定感のあるプレーを見せ、10試合目の無失点試合に貢献します。


試合中も細かくコミュニケーションを取る本田拓也選手と中村駿選手。中盤を支えるボランチの連携の良さが攻守両面に大きな影響を与えます。


前節2ゴールを決めた阪野豊史ですが、今季ここまでの得点は全てアウェイでのゴール。この試合では、ホームでエースのゴールが見たいというサポーターの声援に応えるゴールを見せてくれました。


8試合振りのスタメンとなった大槻周平選手。雨の降り続くコンディションの中、持ち味ハードワークを見せ、勝利に貢献します。


フィールドプレイヤーとしては唯一全試合フルタイム出場となっている熊本雄太選手。堅守への貢献だけでなく、組み立てやオーバーラップ等攻撃の変化を付ける部分でも重要な役割を果たします。


前節アウェイ甲府戦でスタメンとして起用されモンテディオ山形デビューとなった野田裕喜選手はこの試合も引き続きスタメン起用され今度はホームデビュー。しかしそれを感じさせない安定したプレーを見せます。


前半を0-0で折り返すと、ホームでの直接対決に勝って首位奪還を果たしたいチームはジェフェルソンバイアーノ選手を入れツートップとし、攻撃の圧力を高めていきます。

 

すると66分、右サイトのスペースを使った柳貴博選手が低いボールでゴール前にクロスを送ると、


これを上手く阪野豊史選手がダイレクトで合わせてゴール!貴重な先制点となります。


サポーターと喜びを分かち合うためゴールを決めたらサポーターの所へ行きたかったという阪野豊史選手は、その言葉どおり一直線にスタンドのサポーターのみなさまのもとに駆け寄ります。


後半途中からピッチに立った南秀仁選手。狭いスペースをテクニックを活かしながら相手ゴール前にせまっていきます。


90分間ハードワークをし続けた山田拓巳選手。集中を切らさず、インターセプトのチャンスには思い切りの良い飛び出しを見せます。


アディショナルタイムにクローザー役としてピッチに立った栗山直樹選手。チーム全体で、勝ち切るというミッションをしっかりとこなします。


そしてタイムアップ。スタッフの笑顔がこの勝利の価値を表しています。


この試合のヒーローに選ばれたのは、決勝ゴールを決めた阪野豊史選手でした。

 


サポーターと勝利の喜びを分かち合う選手たち。どんなに雨が降ろうとも、それに負けない熱い声援を送り続けてくれたことが選手たちに大きな力を与えてくれました。


スポーツ県民歌を歌うサポーターの皆さん。これからも勝利を重ねてこの歌を歌いましょう。そしてJ1昇格を果たしましょう!

 
さて次の試合は6/22(土)18:00キックオフ 2019明治安田生命J2リーグ 第19節 vs.V・ファーレン長崎(会場/トランスコスモススタジアム長崎)となります。
アウェイゲームとなりますが、熱いご声援よろしくお願いします。

 

 

 

新しいニュース一覧古いニュース