ニュース&レポート

News & Report

TOP ニュース&レポート 2019年 7月 トップチーム

【フォトギャラリー】2019明治安田生命J2リーグ第24節vs.徳島ヴォルティス

トップチーム

2019年7月27日(土)にNDソフトスタジアム山形にて開催された2019明治安田生命J2リーグ第24節 vs.徳島ヴォルティスの模様をご紹介します。

 

この試合から「夏祭りだモン!」がスタート。この試合からのホームゲーム4試合では夏祭りらしいイベントが開催されます。

試合前、激しい雷雨がスタジアム上空で起こり、皆さんは屋内への避難などのご協力を頂きました。いくつかのイベントが取りやめになるなど影響もありましたが、試合開始前には完璧なアーチの虹がスタジアムにかかります。


中央エリアにはこの試合のマッチスポンサー 所沢軽合金株式会社様の特設ブースが設置され所沢軽合金特設ブースではプレミアムグッズ先着プレゼントやアルミ合金製巨大ディーオ、HONDAのMOTO GPマシンの展示が行われました。


「夏祭りだモン!」で行われるイベントの一つが毎回大好評の子ども縁日。実施するゲームの種類も増えてさらにパワーアップしていますよ!


グルメエリアも負けていません。「MONTEDIO Beer Park 」ではこの時期にはピッタリな冷た~いビールで観戦をアシスト!

 


さてこの試合は「山辺町・朝日町・川西町」の市町村応援デーでした。多くの町民の方にスタジアムに足を運んで頂いた他、山辺町からは遠藤直幸町長にご来場頂き舞米豚を


朝日町からは朝日町ワインを、


川西町からはつや姫の贈呈を頂きました。常日頃から皆さまには多大なご支援を頂き、改めて御礼申し上げます。

 
こちらはディーオの水遊び...ではなく、この徳島ヴォルティス戦の目玉企画の一つ、初登場のスプラッシュシート。試合前やハーフタイムに観戦席にウォーターバズーカが発射され、サポーターの皆さんはびしょびしょに濡れながら大いに盛り上がっていました!


選手入場に合わせてタオルマフラーを掲げるサポーターの皆さん。タオルマフラーのほか選手の名前が大きくプリントされたプレーヤーズフェイスタオルや、「夏祭りだモン!2019」クラップバナーなども掲げられます。このクラップバナーも「夏祭りだモン!」全4試合で先着プレゼントされますよ!


夏の4試合記念ユニフォーム「ナツユニ2019」を身にまとい、山田拓巳キャプテンを先頭に入場する選手たち。


エスコートキッズの子ども達と試合前の記念撮影に収まるスターティングイレブン。この試合のメンバーは以下の通りです。
GK 櫛引政敏選手
DF 熊本雄太選手・栗山直樹選手・松本怜大選手
MF 柳貴博選手・本田拓也選手・中村駿選手・山田拓巳選手
FW 坂元達裕選手・大槻周平選手・南秀仁選手
SUB 佐藤昭大選手・三鬼海選手・野田裕喜選手・井出遥也選手・秋山大地選手・ジェフェルソンバイアーノ選手・髙木彰人選手

(※画像をクリックすると大きなサイズでご覧頂けます)

 

前節からスタメンに復帰した中村駿選手。ピッチ上を幅広く走り回り攻守をつなぎます。


ピッチ上のいたる所で厳しくボールを奪い合う両チームの選手たち。


チーム内で唯一J2リーグ戦全試合フルタイム出場中の櫛引政敏選手。この試合でも安定したプレーを見せると失点をペナルティキックによる1点のみに押さえ、勝利に貢献します。


ディフェンスラインの中央に立つ栗山直樹選手も安定感のあるプレーを見せ、決定的なチャンスを作らせません。


3試合振りのスタメンとなった南秀仁選手は、髙木彰人選手のゴールのアシストの他、大槻周平選手の1点目の起点となるなど攻撃を牽引します。


ハーフタイムに打ち上げられた花火は、スタジアム近くからの打ち上げということもあり、まさに大迫力!「夏まつりだモン」全試合で打ち上げを予定していますので、ぜひ残り3試合もスタジアムでご覧ください!

 
さてハーフタイムをリードされて折り返したモンテディオ山形は、後半の早い段階で三鬼海選手を投入。攻撃への圧力を高めていきます。


左サイドからクロスを入れる山田拓巳選手。大槻周平選手が決めた同点ゴールでは、エリア内に入り込むと、南秀仁選手からのパスを上手くすらして、ゴールを導き出します。


後半の62分に同点ゴールを決めた大槻周平選手。気迫が溢れます。

 
左サイドから積極的に仕掛け、ペナルティキックを獲得した柳貴博選手。90分間積極的なプレーを見せ逆転劇に貢献します。


この柳選手が獲得したペナルティキックを蹴るのは大槻周平選手。気合を込めて蹴り込みます。大槻選手はこれが今季2度目の1試合2得点です。


大槻周平選手はゴールを決めるとベンチへ一直線。ここ4試合得点が無く勝利をつかめなかっただけに、チームメイトも笑顔で大槻選手を向かえます。


さらに83分には、先日ガンバ大阪から期限付き移籍加入したばかりの髙木彰人選手が、カウンターから南秀仁のパスを受け挨拶代わりのゴール!


髙木選手はゴール裏のサポーターの元へ一直線に駆け寄ります。


アディショナルタイムには、こちらもセレッソ大阪から期限付き移籍加入したばかりの秋山大地選手もピッチ立ち、7分間という長いアディショナルタイムを勝利に向けしっかりとクローズします。


そしてタイムアップ。苦しかった状況を乗り越え得た勝ち点3に、選手たちの表情にも笑顔が広がります。


この試合のヒーローはもちろん2得点で逆転勝利を演出した大槻周平選手です。

 


試合後、山田拓巳キャプテンを先頭にサポータへ挨拶をする選手たち。勝利の喜びを分かち合います。

 


チームカラーにライトアップされたスタジアムのもと、勝利の余韻に浸るサポーターのみなさん。大槻選手による勝利の乾杯!【MONTEDIO YAMAGATA KAN PAI 2019】も行われ、この日を最高の形で締めくくって頂きました。


試合後のスタジアム周辺はすっかり暗くなり、まさに夏祭り気分。「夏祭りだモン!」はまだまだ続きますので、ぜひまたスタジアムにお越し頂き、最高の一日をお過ごし下さい。

 

さて次の試合は 7/31(水) 19:30キックオフ 2019明治安田生命J2リーグ 第25節 vs.アビスパ福岡(会場/NDソフトスタジアム山形)となります。
引き続きホームゲームとなり、「夏祭りだモン!」として様々なイベントも予定されていますので、ぜひスタジアムにお越しいただき、熱いご声援よろしくお願いします。

 

 

新しいニュース一覧古いニュース