ニュース

×
公開日 2021.03.11

手記 東日本大震災から10年

東日本大震災から10年が経ちました。

3月11日、当時私は出張の為、東京にいました。
東京で感じた大きな揺れに驚いたことよりも、テレビの画面越しに見た様々な映像で現実とは思えないことが起きていることに混乱したことを覚えています。
家族や仲間のいる仙台に帰る為、東京から実家のある埼玉までやっとの思いで移動し、車で仙台に帰った時のこと、そして被災した自分の住んでいる街を見た時のことを今でも忘れられません。

「なぜ生かされているのか」自分自身がこの日に自問自答することです。
10年たった今、世界はコロナウィルス禍にあり、10年前とはまた違う壁に私たちはぶつかり、立ち向かっています。
置かれている立場は様々だと思います。

ただ、そういった困難な時でもスポーツやエンターテインメントが作る熱狂は多くの人々の支えや励まし、力になるという事もあの震災が教えてくれたことです。

私は、私達モンテディオ山形がサッカーという競技を通じて多くの方々の「力」になれるよう、今後も努力してまいります。
 

株式会社モンテディオ山形
代表取締役 相田 健太郎

 

東日本大震災から10年が経ちました。

当時、僕自身は山形の自宅にいて、家の物がたくさん崩れ、すごく怖い思いをした記憶が今でも残っています。山形でも被害に遭われた方はいましたが、それ以上に近隣の県では大変な状況が続いているのをTVのニュースで見ているだけで何も力になれなかった自分達にもどかしさを感じていたのも忘れられません。

自分達はサッカーをやるべきなのかどうかも思い悩む時もありましたが、Jリーグが再開し再びスタジアムに戻ってきてくれたファン、サポーターの皆様や被災地の皆様の喜ぶ顔や声を聞いて、やっぱり僕達はサッカーを通じて人の力になれるんだという事を改めて感じた時でもありました。

10年経った今でも自然災害が毎年の様に各地で起こり、去年からはコロナの影響で未だに油断が出来ない状況が続き、いつどこで誰に困難な状況が来るか分からない時代ですが、どんな時でも皆で助け合いながら前向きに進んでいけたら良いなと思います。
その為に僕達自身も今まで以上に努力しサッカーを通して沢山の方の力になれるように頑張っていきます。
 

モンテディオ山形
キャプテン 山田 拓巳

ファンクラブに申込む
×