ニュース

×
公開日 2021.11.20

【レポート】日新製薬PRESENTS オンライン夢クラス(山形市立第五小学校/天童市立干布小学校/大石田町立大石田南小学校/鶴岡市立朝暘第四小学校)

今年で17年目の日新製薬PRESENTS 夢クラス、山形県内の子どもたちとモンテディオ山形の選手が将来の夢を語り合い、夢の実現に向けたサポートを行っています。
新型コロナウイルス感染症対策のため、オンラインで選手達が小学校の授業に参加する形式で行っています。

11月は、8人の選手が山形県内4つの小学校をインターネットでつなぎ、子どもたちの夢の実現について語りました。

1校目は山形市立第五小学校の授業に山田拓巳選手と熊本雄太選手が参加しました。

レクリエーションでは、「絵心対決」を実施しました。
お題は、「柿を食べるモンテディオ山形の選手」・・・
難しいお題にもディフェンダーらしく必死に食らいつきます。笑

 

子どもたちからの将来の夢を聞き、選手から将来の夢を叶えるにあたってのアドバイスを送りました。

山田拓巳選手
「プロサッカー選手になっても、厳しいこと、難しいことにぶち当たっている。とにかく目標に向かって、何をするのかをハッキリしている子は成長するし、できないことはやれるように努力すればできるから努力してほしい。遊ぶことも大事だけど、夢に向かって頑張ること大事。」

熊本雄太選手
「小さい頃、日本代表の試合が地元で開催されて、その試合を見に行った時から、プロサッカー選手になりたいと思った。好きなことや楽しいことは、いくら辛いことがあっても乗り越えることができると思うので、自分の夢を叶える為に頑張ってほしい。」

 

2校目は天童市立干布小学校の授業へ、堀米勇輝選手と樺山諒之介選手が参加しました。

レクリエーションは、もちろん「絵心対決」です!
お題は、サメ・柿・キリンといった難易度高めでした。


代表児童のみなさんから将来の夢の発表をしてもらいました。
イラストレーター、農家、美容師、まだ夢はないが色々なことにチャレンジしていきたいという、素晴らしい発表をしてもらいました。

最後に今回夢クラスに参加していただいた、2名の選手から児童たちにアドバイスを送りました。
堀米勇輝選手
「将来就きたい仕事を思い描くのが将来の夢ではなくて、自分がどういう人生を歩んでいきたいかを考えることが大切だと思います。少しずつこれからの人生を楽しみながら、頑張っていってほしいと思う。」

樺山諒之介選手
「夢に向かって自分が好きなことや、楽しくてやっている中でも、周りの人に自分の夢を否定されることがあると思うけど、そこで諦めたら何も形に残らないので、自分の意思を貫いて頑張ってほしい。」
と両選手からポジティブなアドバイスを送りました。

 

3校目は、大石田町立大石田南小学校の授業へ、木戸皓貴選手、瀧澤修平選手が参加しました。

レクリエーションは「絵心対決」です!
「アザラシ」「タヌキ」など、全3問で子どもたちと勝負しました!

瀧澤選手、、これは何ですか笑

木戸選手の絵は子どもたちから大拍手が送られていました!

そして子どもたち全員から将来の夢を語ってもらいました。
「外科医」「宝石のデザイナー」「プログラマー」「野球選手」と児童の元気あふれる夢を伝えてもらいました。

最後に木戸選手、瀧澤選手から子どもたちにメッセージを伝えました。
木戸選手は、「今皆さんに必要なのは夢中になることだと思うので、何か一つでもいいので夢中になれることや頑張れることを見つけて、自分の強い意志をもって夢を語り続けてほしいです。また、今日はみんなの元気な顔を見ることができて嬉しかったし僕自身も元気をもらったのでサッカー選手という夢を与える立場でみんなに夢を与えれるようにがんばります。」

瀧澤選手は「今明確に夢を持っている人もそうでない人も自分がやっていて楽しいや好きと思えるものをやっていく中で見つけていって、それを楽しんですることが夢につながると思います。僕もまだまだ叶えたい夢もあるので皆さんと一緒に頑張るので、みなさんもがんばっていきましょう!」とメッセージを伝えました。

 

4校目は、鶴岡市立朝暘第四小学校の児童を対象に岡﨑建哉選手と藤田息吹選手が参加しました。

レクリエーションの「絵心対決」では、学校の先生からは「ペンギン」、岡﨑選手からは「ライオン」というお題で絵を描いてもらいました!

各クラスの代表生徒から将来の夢の発表をしてもらいました。
「サッカー選手」「カウンセラー」「イラストレーター」といった、人の心を動かす仕事に就きたいと発表をしてくれました。
最後に岡﨑選手・藤田選手から子どもたちへメッセージを伝えました。

岡﨑建哉選手
「漠然とした夢じゃなく、具体的な夢を持っていてすごいと思いました。
自分の夢を周りの人に伝えることによって、自分に対する夢を叶える為の努力ができるので、もっともっと自分の将来設計をアピールしていってください。」

藤田息吹選手
「皆さんの発表を聞いて、改めて自分の今後の目標を考えさせられました。遊ぶことも大事だけど、夢を叶えている人は、陰でコツコツ練習したり、周りの人に見えないところで努力することが、夢を叶える為の一番の近道だと思います。」
とアドバイスを送りました。


山形市立第五小学校・天童市立干布小学校・大石田町立大石田南小学校・鶴岡市立朝暘第四小学校の皆さん、選手たちとの交流はいかがでしたでしょうか?
これからもモンテディオ山形は、将来の夢を持つこと、叶えることに向けて、これからも貢献していきます。