ニュース

×
公開日 2022.01.01

代表取締役社長 相田健太郎より新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。
本年もモンテディオ山形をよろしくお願いいたします。

まず初めに、昨年の皆さまからの温かいご支援とご声援に深く感謝申し上げます。

昨年は、監督の途中交代やエンブレム・ロゴの変更等、クラブ創設以来、初めてのことが多くあった年でした。その中で、得たことも多く、未来に繋がるシーズンだったと感じています。
今年も、昨年以上にどうすれば地域に「元気」をお届けできるのか、そして目標であるJ1への昇格を実現できるのかをとにかく考え、実行し、実現できる年にしたく思います。

2022年J2リーグはJ1から降格する4クラブを迎え、既存のクラブとともに激しい戦いが繰り広げられる、過去になくレベルの高いシーズンになると考えています。
モンテディオ山形にとって、良い意味で歴史に何かを残せるシーズンにしなければいけないと考えています。
私たちはピーター・クラモフスキー監督を中心に昨年以上にアグレッシブで魅力的な「モンテディオ山形」のフットボールを皆さまに披露し、他チームを上回る戦績をあげることが最大のミッションとなります。
また事業面も同様、来場者数、会社の売上、ともに昨年以上の結果を残し、願わくばクラブ史上最高の状況とし、未来につながる「事」を作り、良い形で終えることができる年にしたく思います。
会社一丸となり、皆で考え、皆で動き回って、皆で最後に笑うことができる一年にします。

2022年こそは選手、監督、コーチングスタッフ、フロントスタッフだけでなく、山形県の皆さま、山形県に想いを持っていただいている皆さまと一丸になり、悲願でもあるJ1復帰の目標を掲げ、一戦一戦全力で闘ってまいります。
皆さまの想いを胸に、山形県の皆さまにとって常に前向きな話題の中心となれるよう、全力で今シーズンに取り組みます。
まだまだ良くなる!山形一丸!
皆さまの力強いご声援、何卒よろしくお願いいたします。

最後になりますが、2022年が皆さまにとって輝かしい一年となることを祈念し、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

2022年1月1日
株式会社モンテディオ山形
代表取締役社長 相田健太郎

ファンクラブに申込む
×