ニュース

×
公開日 2014.05.03

【フォトギャラリー】2014J2第11節vs.カターレ富山

ゴールデンウイーク連戦2試合目となるこの試合、対戦相手はカターレ富山です。前節に引き続き「JリーグファミリーJoinデイズ」として行われたこの試合でもファミリーで楽しめるイベントが盛りだくさんです。

こちらは親子サッカースクール。応援するだけでなく、ボールを蹴る楽しさも実際に感じてもらいます。

こちらは「ウイニングイレブン2014トーナメント大会&体験会」の模様。人気ゲームでの対戦とあってたくさんの人が集まります。

もんてらんどでは「ラジコンカーがもらえる!ラジコンレース大会」を開催。豪華優勝賞品を目指して激しいレースが繰り広げられます。

この試合でもゲートフラッグコンテスを開催。スタジアムに来てからも作れると言うことで、みなさん思い思いのゲートフラッグを制作します。

募金活動には小林亮選手が登場。呼びかけをさせて頂きました。

さてこの試合のスタメンです。
GK清水健太選手
DF山田拓巳選手、西河翔吾選手、イジュヨン選手、石川竜也選手
MF宮阪政樹選手、ディエゴ選手、松岡亮輔選手
FW中島裕希選手、川西翔太選手、秋葉勝選手
SUB 兼田亜季重選手、石井秀典選手、當間建文選手、比嘉厚平選手、キムボムヨン選手、萬代宏樹選手、山﨑雅人選手松岡亮輔選手が今季初先発、そして登録上は秋 葉勝選手がフォワードとなり、山﨑雅人選手がサブに回っていますが、メンバー自体は前節ファジアーノ岡山戦と同じとなっています。

キックオフ前、モンテディオ山形のチームドクターを務められ先日逝去された小関大平氏への黙祷を行いました。選手スタッフの全員が喪章をつけて試合に臨みます。

この試合では中盤のサイドで起用された秋葉勝選手。前線で走り回りチャンスに絡んでいきます。

セットプレーの流れから前線でボールをキープするイジュヨン選手。特徴である身体能力の高さを生かしたプレーを攻撃面でも発揮します。

完封で勝利に貢献したゴールキーパーの清水健太選手。今シーズンはここまで全試合フルタイム出場となっています。

今季初先発、そしてNDスタ初登場となった松岡亮輔選手。状況を把握しつつシンプルに繋ぐプレーを見せ、中盤を落ち着かせます。

川西翔太選手はワントップながら、ピッチを幅広く動きまわり組立に参加しつつ、チーム最多の5本のシュートを放ちます。

試合は互いにノーゴールのまま後半も時間が進んでいきます。ホームゲームだけに何としても勝利を得たいモンテディオ山形は交代カードとしてフォワードの萬代宏樹選手を投入します。

さらにもう一人のフォワード山﨑雅人選手も投入し攻撃の圧力を高めていきます。

すると後半アディショナルタイムの91分、エリア内左で萬代宏樹選手が山﨑雅人選手からのリターンパスを受けると、これを落ち着いて決めゴール!

貴重な先制点、そして試合を決定づけるゴールに、萬代選手を中心に選手たちが歓喜の輪を作ります。

試合はこのままタイムアップ、2試合ぶりの勝利となりました。

試合後インタビューに呼ばれ「おいしい山形ヒーロー賞」の表彰を受けたのは、ゴールを守り切った清水健太選手とゴールを決めた萬代宏樹選手でした。

ホームゲームでは4月5日愛媛FC戦以来の勝利となり、選手とバックスタンドのサポーター、そして芝かぶり席のお客様も参加してのブルイズです。

ヒーローインタビューとおいしい山形ヒーロー賞の表彰後、ゴール裏のサポーターに挨拶をする清水健太選手と萬代宏樹選手。スタンドのサポーターの笑顔を見て、同じように笑顔となります。

さて次の試合は5月6日(火・祝)16:00より、正田醤油スタジアム群馬にてザスパクサツ群馬と対戦します。アウェイゲームとなりますが、この試合の勝利をさらに価値あるものと出来るよう、勝利を目指し共に戦いましょう!ご声援よろしくお願いします。

試合後「芝かぶり席」特典グレードアップ企画として、芝かぶり席のお客様と選手との集合写真。90分間の熱いご声援、有難うございました。

ファンクラブに申込む
×