ニュース

×
公開日 2014.06.07

【フォトギャラリー】2014J2第17節vs.栃木SC

月が改まって6月最初の試合はホームで栃木SCとの対戦となります。
この試合はクラブスポンサーであるきらやか銀行様の「きらやか銀行GO!GO!応援マッチ」として開催され、様々な関連イベントが行われました。きらやか銀行特設ブースでは輪投げにチャレンジするとプレゼントが貰えるゲームなどが行われ、たくさんの人集り。

JA全農ブースでは秋葉選手のCMでお馴染みの県産牛乳消費拡大イベントが行われます。

日本ばら切花協会から切りバラを受け取る伊東俊選手と鈴木翼選手。日本ばら切花協会様からはファザーズDAY企画「お父さんありがとう・切りバラプレゼント」も200名様分ご提供頂きました。

この試合が市町村応援デーだった飯豊町様からは「いいで田中牛」を贈呈頂きました。山形県産の美味しい食べ物は、チームへ大きな力の源となっています。

マッチスポンサーを務めて頂いたきらやか銀行様からは、粟野学頭取にご来場頂き応援定期預金チーム強化費の贈呈を頂き、さらに試合前には熱い激励も頂きました。

試合前のピッチサイドでは、前々節のアビスパ福岡戦でJリーグ通算300試合出場を果たした中島裕希選手が表彰を受けます。この300試合出場を記念したフォトフレームもこの試合から受付を開始していますので、ぜひお求め下さい!

 

さてこの試合のスタメンです。
GK兼田亜季重選手
DF山田拓巳選手、當間建文選手、イジュヨン選手、石川竜也選手
MF宮阪政樹選手、ディエゴ選手、松岡亮輔選手
FW秋葉勝選手、中島裕希選手、山﨑雅人選手
SUB常澤聡選手、石井秀典選手、キムボムヨン選手、ロメロフランク選手、山﨑雅人選手、萬代宏樹選手、川西翔太選手
前節試合途中に怪我のためピッチを退いたゴールキーパ清水健太選手に代わって兼田亜季重選手が起用されています。兼田選手はこれがNDスタデビューとなります。そしてセンターバックでは西河翔吾選手に代わって、今季栃木SCから移籍加入した當間建文選手が起用されています。
サブでは、常澤聡選手が今季初のメンバー入りとなっています。

10試合ぶりの試合出場となった當間建文選手は古巣の栃木SCが対戦相手となって気合の入ったプレー。

それが攻撃面でも発揮されたのが、試合開始早々6分のコーナーキックのチャンスです。ゴール前でこぼれたところをヘディングで押し込み先制点をゲット!

試合の流れをぐっと引き寄せる得点となります。

前節大分トリニータ戦では、清水健太選手の怪我というアクシデントからピッチに立った兼田亜季重選手は、この試合ではスタメンでゴールマウスを守ります。これがNDスタデビューとなりますが、崩された体勢からシュートストップをするなど持ち味を発揮します。

7試合続けてのスタメンとなった松岡亮輔選手。ベテランらしいバランスをよく見たプレーは複数失点を与えない守備の強さをもたらします。

もちろん5月の6試合で3失点と堅いディフェンスには、センターバックで全試合フルタイム出場中のイジュヨン選手も大きく貢献しています。

33分、ディエゴが自らでドリブルで持ち込むと一旦比嘉厚平選手に渡し戻ってきたところを角度の無いところからシュート、「ディエゴショー」の始まりを告げるゴールを決めます。

5試合ぶりのゴールを決めたディエゴ選手を比嘉選手がひげを触って祝福。

さらに41分、そのひげの効果が有ったのか、今度はその比嘉厚平選手がゴールゲット。前半で3-0と大きくリードを広げます。

前節大分トリニータ戦に引き続き、スタメンでの起用となった比嘉厚平選手は、持ち味のテクニックの高さで、エリア内のボールキープからこぼれ球への素早い反応で、今季2点目となるゴールを決めました。

前半を終了してロッカーに引き上げる秋葉勝選手と言葉を交わす高橋健二コーチ。ここのところ得点力が課題だっただけに、前半での3得点に髙橋コーチも明るい表情。

後半に入ってもモンテディオ山形が主導権を握ってゲームを進め、64分やや難しい体勢でボールを受けたディエゴ選手がコースを狙ったミドルシュートを放ちます。

するとこれが綺麗に決まって4点目のゴールとなります。

さらに85分、後半途中から7試合ぶりの出場となったキムボムヨン選手が左サイドから丁寧にクロスを送ると、

ゴール前で相手ディフェンダーの間に入り込んでいたディエゴ選手がヘディングシュートを放ち、5点目のゴール!

ディエゴ選手はこれでこの試合3点目となり、モンテディオ山形のリーグ戦では、2001年9月19日京都パープルサンガ戦で根本亮助アカデミーコーチが決めて以来のハットトリックを達成しました。

そして89分、今度はキムボムヨン選手が宮阪選手の蹴った左コーナーキックに飛び込みヘディングシュートを決めゴール!キム選手はこれがJ初ゴールです。

一試合での6得点は、昨年5月19日ガイナーレ鳥取戦以来でチーム最多タイとなります。

そして試合はタイムアップ。大量点での勝利に選手そしてスタンドには笑顔が広がります。


 
NDスタではおよそ一ヶ月ぶりの「ブルイズ」。芝かぶり席のお客さんも一緒に、勝利の喜びを分かち合います。

この試合の「きらやか銀行MVP賞」「コカ・コーラ ホームMVP賞」「おいしい山形ヒーロー賞」に選ばれたのは、試合の流れを引き寄せる先制点を決めた當間建文選手と、もちろんハットトリックを決めたディエゴ選手です。

二人は表彰後向かったサポーターへの挨拶でも、笑顔、笑顔、でした。

さて次の試合は6/14(土)16:00より、長崎県立陸上競技場にてV・ファーレン長崎と対戦します。その次のアウェイカマタマーレ讃岐戦も含めて、遠方のアウェイでの試合が続きますが、ぜひご声援よろしくお願いします!

☆6.28は県民応援デー!山形県民はNDスタに集まれ!

 

今日の芝かぶり席のみなさんです。熱いご声援有り難うございました。

 

ファンクラブに申込む
×