ニュース

×
公開日 2014.10.11

2014Jリーグディビジョン2第36節 モンテディオ山形vs. V・ファーレン長崎におけるサポーターの行為について

日頃より、弊クラブの活動にご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。
10月11日(土)にNDソフトスタジアム山形にて開催された、J2リーグ第36節 モンテディオ山形対V・ファーレン長崎戦の後半試合中にモンテディオ山形サポーターによる相手選手への挑発的行為がありました。

既に本件の行為者を特定し事実確認の上、本人に厳重注意を行いました。
試合を観戦されたみなさま、V・ファーレン長崎の関係者の方々に深くお詫び申し上げます。

みなさまが楽しく快適にスタジアムで観戦が出来るよう、モンテディオ山形はクラブ関係者、ならびにサポーターのみなさまにJリーグとクラブが共に掲げる「ソーシャル・フェアプレー」の実現に向けた活動を継続して進めてまいります。

みなさまにおかれましては、観戦ルールの順守を改めてお願い申し上げます。
(http://www.montedioyamagata.jp/stadium/manner/)
子供からお年寄りまで、モンテディオ山形を愛する全てのファン・サポーターのみなさまが安心して快適に観戦できるスタジアム実現に向けて、ご協力を宜しくお願いいたします。

株式会社モンテディオ山形
代表取締役社長 髙橋 節

ファンクラブに申込む
×